烏帽子を使用した俳句

烏帽子に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

烏帽子を含む俳句例

懸想文売の烏帽子に榾埃/橋本博

萬歳は今も烏帽子そ都鳥/正岡子規

川風に烏帽子かゝへて御祓哉/既白

列見や菊石引伸す烏帽子の緒/其角

紅梅や匠か宿の古烏帽子/正岡子規

わか草や烏帽子ながらの肘枕/几董

折釘に烏帽子かけたり春の宿/蕪村

拝すとて烏帽子落すな司めし/太祇

清輔ハ花にを烏帽子かな/蕪村遺稿

万歳は今も烏帽子ぞ都鳥/正岡子規

宮守の烏帽子直すや時鳥/正岡子規

宮守の風折烏帽子桜散る/正岡子規

雲祀る藁の烏帽子の紐も藁/西本一都

清正の烏帽子長き初日かな/会津八一

烏帽子きた殿居姿の朧なり/正岡子規

烏帽子屋の店に舞ひけり燕/正岡子規

布烏帽子鵜匠尖らす鵜飼前/松井利彦

烏帽子着た人の心や神の春/正岡子規

懐に笏や烏帽子や御祓禰宜/西山泊雲

万歳の烏帽子さげ行く夕日かな/闌更

俳句例:21句目~

烏帽子着て万歳走る余寒哉/正岡子規

烏帽子着て汐汲む女裾涼し/正岡子規

元日や烏帽子素袍の家の格/菅原師竹

先導に先帝祭の烏帽子海士/山田緑子

浅妻の烏帽子をなでる柳哉/正岡子規

初しぐれ眉に烏帽子の雫哉/與謝蕪村

花守の烏帽子かけたる桜哉/正岡子規

初芝居団十郎の烏帽子かな/子規句集

玉芭蕉一枚とけて立烏帽子/鈴木花蓑

神主や烏帽子のまゝの墓參/正岡子規

笑ひあふ十日夷の烏帽子哉/正岡子規

曲水やひとりは酔ひて折烏帽子/麦水

行く春や商人船の立烏帽子/正岡子規

雨雲の烏帽子に動く御祓哉/正岡子規

唐辛子森の小人の赤烏帽子/高橋正明

固結ぶ烏帽子の紐や鞠始め/巽恵津子

古頭巾烏帽子に捻ぢよ花の春/五車反古

紅梅や万歳ばかり烏帽子にて/正岡子規

懸想文ひさぐ烏帽子の男ぶり/荒井書子

手斧始烏帽子の大工真顔して/松木呂子

俳句例:41句目~

烏帽子来て幣ふる猿や花の春/正岡子規

一文字に烏帽子の葵賀茂競馬/亀井糸游

星合や求馬は三輪の烏帽子折/正岡子規

人丸は烏帽子芭蕉は頭巾にて/正岡子規

烏帽子なき女人三人や初蹴鞠/大橋敦子

長き夜や鼠のかぢる古烏帽子/正岡子規

烏帽子着て花守なくや小夜嵐/正岡子規

連翹や雲の居座る烏帽子岳/竹内和歌枝

初鞠やかむり崩れし立烏帽子/藤田耕雪

烏帽子著た人ばかり也小松曳/正岡子規

南風強し烏帽子灯台絶壁に/大久保橙青

泳ぎ子は鰹の烏帽子怖れけり/籾山柑子

薄紅葉恋人ならば烏帽子で来/三橋鷹女

浜に舞ふ安乗傀儡の初烏帽子/刀根幹太

肌脱や烏帽子は脱がぬ匠なる/野村喜舟

小松曳烏帽子着たるは何の守/山本露葉

小鼠の烏帽子にかづく榧の殻/高田蝶衣

菜の花を烏帽子にかざし道真忌/永守澄子

行く春の烏帽子買ひけり白拍子/正岡子規

釈奠や烏帽子の紐を固く結ひ/平間真木子

俳句例:61句目~

ほの~と初あかりして烏帽子岩/川田十雨

烏帽子飛ぶ時代祭の馬荒れて/野崎ゆり香

借り申す禰宜の烏帽子や守武忌/富田潮児

初東風の烏帽子わつかに動く哉/正岡子規

初鞠や烏帽子のかけ緒締め直し/西村博子

地鎮祭烏帽子と遊ぶ赤とんぼ/円城寺里子

春の夜や伊予簾隠れの長烏帽子/正岡子規

曳猿の烏帽子の欲しき米寿翁/後藤比奈夫

浦人のつゞれにはぢよ烏帽子岩/尾崎紅葉

烏帽子着て加茂の宮守涼みけり/正岡子規

烏帽子着て渡る禰宜あり春の川/夏目漱石

烏帽子著よふいこ祭のあるし振/正岡子規

烏帽子着て送り火たくや白拍子/正岡子規

烏帽子脱ぎ鵜匠青年なりしかな/向井久子

烏帽子脱で升よとはかる落花哉/蕪村遺稿

程のあはぬ烏帽子曲れり里神楽/渡辺波空

樽前山は春の烏帽子や雪のまま/古舘曹人

肌ぬぎて烏帽子のまゝや二日灸/中川四明

才蔵の烏帽子なかなか揺ぎなし/大畑峰子

花鳥やけふはどちむく烏帽子山/大島蓼太

俳句例:81句目~

うるか給ぶ烏帽子解くなき鵜の匠/石川桂郎

しころ打つ宿にありあへ古烏帽子/椎本才麿

万歳の烏帽子かしぐは酔へるかな/野村喜舟

禰宜の子の烏帽子つけたり藤の花/夏目漱石

烏帽子着て若き鵜匠の真顔なる/鈴鹿野風呂

明やすの此のほのぼのや烏帽子顔/上島鬼貫

御来迎禰宜の烏帽子を染めにけり/福田蓼汀

烏帽子着る世ともならばや花の春/正岡子規

夏越女というて烏帽子を着て素足/後藤夜半

舟上り鵜匠のたゝむ烏帽子かな/高橋淡路女

烏帽子きた禰宜のよびけり神の鹿/正岡子規

春風に鍛冶の烏帽子のゆがみけり/正岡子規

杁摺る烏帽子の房をなびかせて/阿部月山子

古きさま寛し門松に丁の烏帽子着たる/信徳

初蹴鞠をみなは烏帽子いただかず/山田弘子

疲れ鵜を篭にいたわり烏帽子脱ぐ/井立咲子

冬空にしてうすぎぬの烏帽子かな/岸本尚毅

烏帽子着た人も見ゆるや嵯峨の花/正岡子規

雪散るやえんぶり烏帽子雪摺りて/小林康治

立あふひ烏帽子を曲げる流行りもの/筑紫磐井

タイトルとURLをコピーしました