樹海を使用した俳句

樹海に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

樹海を含む俳句例

雷や四方の樹海の子雷/佐藤念腹

鳴釜の宮出て仰ぐ新樹海/川島千枝

富士樹海森林浴の深息す/浅羽緑子

万緑や地の涯汀まで樹海/西本一都

菩提樹の花の樹海へ蜂放つ/石昌子

初富士や樹海の雲に青鷹/飯田蛇笏

晩涼の蒼き樹海へ小屋煙/福田蓼汀

吹流し一旒見ゆる樹海かな/鈴木花蓑

樹海空機影五月の雲をいづ/飯田蛇笏

秋色の南部片富士樹海より/西本一都

秋の蝶海にも樹海にも近し/吉田紫乃

白檜曾の樹海岩荒れ瑠璃鶲/岡田日郎

奥蝦夷や樹海の端の女郎花/石井露月

雪女樹海を出でて湖へ消ゆ/三浦妃代

富士桜より始まりし富士樹海/湯川雅

見よ蛇を樹海に落し鷹舞へり/及川貞

樹海の底の花火点々雁皮の朱/瀧春一

便追の声降る樹海靄深く/金原登志子

行秋の樹海に遊ぶ懸巣かな/中島月笠

蝉鳴いて遅月光る樹海かな/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

冠鷲翔けて樹海に日の沈む/田村萱山

時鳥しののめ明り樹海より/福田蓼汀

鷲ゆける樹海は粗く雪残り/岡田貞峰

筒鳥の遠鳴く朝の樹海かな/松田多朗

木耳に足音吸はれ樹海ゆく/和田孝子

樹海寒しにたりと嗤ふ梅雨菌/渡辺恭子

けぶりつつ西湖を抱く青樹海/加藤耕子

浅間社よりの樹海の虫の闇/肥田埜勝美

渡来僧の如し樹海の木の葉木莵/三浦勲

ころがりて樹海を出でし落椿/山内山彦

火が恋し窓に樹海の迫る夜は/大島民郎

石叩樹海の雲に押され来し/佐野青陽人

籐椅子の風は足下の樹海より/井沢正江

緑蔭はなけれど遠き樹海あり/後藤夜半

一の門二の門樹海子ふくろふ/黒田杏子

一樹なき火の山樹海は蝉時雨/福田蓼汀

七草の家族はやわらかい樹海/小林一村

草々の紅葉樹海に連なれる/金久美智子

蓼科山うかべし樹海霧のこる/小野宏文

蝮草樹海昼より濡れてをり/吉村ひさ志

俳句例:41句目~

元日の樹海夕雲湧き初めし/佐野青陽人

初富士に雲なく樹海藻の如し/渡邊水巴

野葡萄や樹海を抉る道一すぢ/富安風生

十一や樹海へ続く溶岩の道/小川斉東語

単葉機揺るアマゾンの青樹海/品川鈴子

青木ヶ原樹海ゆるがす百千鳥/石井大泉

驟雨来樹海の波をうち鳴らし/桂樟蹊子

夏蝶の浮びて沈む樹海かな/杜/あとむ

夕月は樹海の孤舟ほととぎす/那須乙郎

夕菅の野より奈落となる樹海/桑田青虎

山椒喰樹海は人を入れしめず/小川南洞

朴の花樹海の昏れに漂へり/文挟夫佐恵

紅茶濃き樹海うもれに蔦温泉/斎藤富雄

樹海より亡き妻めける雪をんな/三浦勲

樹海より湖より湧きて夏の霧/山田弘子

樹海より湧く霧青し月夜茸/木下ふみ子

樹海より闇の降り来る月見草/山田弘子

小綬鶏は朝を呼ぶ声樹海より/鈴木多江子

ここにまた奥入瀬樹海滝懸る/浅井青陽子

こだまする樹海わが掌に夏蜜柑/村越化石

俳句例:61句目~

樹海より出でし明るさ蚋まとひ/白岩三郎

ながきながき日暮樹海と天道虫/宮坂静生

オリオンが移る樹海の霜夜かな/渡邊水巴

赤復や雲は樹海を埋めしまま/長谷川草洲

亡びたるものらこゑあげ緑樹海/矢島渚男

俳諧は樹海のごとしかたつむり/伊藤久生

元日の夜気しん~と樹海より/佐野青陽人

十一としつかり鳴きし樹海かな/鎌田利彦

古城址を埋めて樹海ほととぎす/香月道子

御山洗あがり靄立つ樹海かな/大久保白村

瑠璃鳴くや樹海をはしる霧迅き/吉澤卯一

殉教の樹海椿はしたゝり落つ/八木三日女

田掻馬富士の樹海へ鞭とどく/百合山羽公

樹海なほ果てざる国を耕せる/木村要一郎

樹海晴れてはや渡り来る小鳥哉/中川宋淵

樹海つくる大なだれ山芒かな/大須賀乙字

孤客とて樹海に生いし初きのこ/古沢太穂

雪解富士樹海は雲をあらしめず/飯田蛇笏

雷鳥の樹海はるかに沈みけり/武原はん女

樹海よりけぶり立ちけり炭竃/高橋淡路女

俳句例:81句目~

青葉木菟樹海一社の灯を沈め/岡部六弥太

父系なり樹海に生きるかぶと虫/藤盛和子

夕虹のはるかにかゝる樹海かな/野村泊月

鳶啼くや炭焼くけむり樹海より/渡邊水巴

鵤鳴く樹海を越えて聞え来し/長谷川草州

声まろぶ大瑠璃鳥樹海かたむくに/皆吉爽雨

梅雨の月樹海のみどり波たてず/木下ふみ子

望の夜の雲みだれ立つ樹海かな/石橋辰之助

樹海の蝶汝は父なるか母なるか/九鬼あきゑ

樹海芽吹きつぶやく声の聞こえさう/三浦勲

オリオンは新春のひかり樹海の夜/渡邊水巴

死なずして青き樹海を出で来たり/三好潤子

見えて鳴く瑠璃鳥か樹海の立枯に/皆吉爽雨

かなしみは樹海のごとし梅雨近し/櫂未知子

青樹海日の射しゐるはこの世なる/三好潤子

蚊火焚くや樹海の空の暮れてより/石橋辰之助

姿見のひびから樹海へまぎれ込む/山田たみを

晴れ渡るぶなの樹海に小瑠璃鳴く/長谷川草洲

胎内の記憶/花咲く樹海に入り/たむらちせい

螻蛄鳴いて樹海は何か呼ぶごとし/岩井久美恵

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました