ムササビを使用した俳句

ムササビに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ムササビを含む俳句例

水影やむささびわたる藤の棚/其角

奥山にむささびの声山開き/皆川盤水

老杉にむささびの穴湖涼し/西本一都

鵺の笛むささび等いま出動す/矢島渚男

むささびに木群が余す月の空/桂樟蹊子

むささびの顔現れし巣箱かな/上村佳与

十六夜やむささび枝を渡りそめ/有働亨

むささびの爪あと杉に秋の暮/伊藤京子

むささびの鼻が覗ける堂の穴/葉貫琢良

むささびの鳴く夜も廻す艾臼/衣川砂生

むささびの滑空三たび夜の能/桑原昌子

むささびの飛ぶ黒白の夕景色/長谷川双

むささびの腰当が欲し桜どき/大木孝子

むささびの森に一族眠りをり/高橋英子

山寮の煙突恋ふるむささびか/堀口星眠

裘着てむささびのとぶを待つ/安藤尚子

あおあおとムササビが翔ぶ脳中に/穴井太

むささびの小鳥はみ居る枯野哉/與謝蕪村

夜参りの杉むささびの影翔たす/丸山佳子

むささびがつくと小国の吊し柿/高野素十

俳句例:21句目~

むささびが天井にゐる夜涼かな/山口草堂

むささびや大きくなりし夜の山/三橋敏雄

むささびや日没以後のわが呼吸/遠山陽子

むささびの巣穴濡らして山雨急/木下香代

むささびや吉野は昼も杉の闇/深井いづみ

むささびの神の影とぶ山の水/奥山甲子男

むささびやいまも紅殻塗りし村/伊藤敬子

むささびの声聞く青嶺泊りかな/小林和子

むささびの闇に神招ぶ青き竹/窪田あさ子

むささびの飛ぶ杉の穂や星月夜/野村喜舟

むささびの飛翔影曳く雪月夜/村上喜代子

むささびの飛ぶ奈良坂の三日月/加藤常子

むささびの木の暗隠り我に来よ/矢島渚男

むささびに鳴る初護摩の大太鼓/大島民郎

屋根替をしてむささびを捕へしと/森土秋

むささびの爪痕しるき杉の幹/橋本記縫恵

むささびに白樺は夜も眠らぬ木/井沢正江

むささびに月の樹間の透く蒼し/野沢節子

むささびのさわぐ月夜の羽黒坂/神林久子

飛び移るむささび吉野の兆す寒/伊丹公子

俳句例:41句目~

むささびの呼び交ふ月の雲厚し/平子公一

むささびの夜となる霧の杉木立/岩城のり子

むささびの孔が霧吐く比叡越え/米澤吾亦紅

むささびの巣の穴丸しまんまるし/右城暮石

むささびの巣へはとどかず蔓手毬/大島民郎

むささびの木の穴ならびあたたかし/小島健

むささびの杉生を跳ぶを方丈と/猪俣千代子

むささびの来る樫の木や月夜の木/赤座閑山

むささびの留守を確かめ僧の杖/中戸川朝人

むささびの皮吊り榾火ちろちろと/斎田鳳子

むささびの目のみが翔る梅雨の闇/加藤草杖

楠へ消えたむささび夜神楽急調子/伊丹公子

むささびの闇うつくしく山人早寝/篠田悦子

むささびの飛ぶ夜やさしき男の眼/堀口星眠

むささびの鳴くや父の忌めぐり来る/志奈子

むささびは闇の一葉と化りて翔ぶ/宇田零雨

むささびや神祀る火の消えさうに/井上康明

むささびや膳にきよらな山のもの/太田鴻村

ムササビの穴やパチンコ好きの父/山内嵩弘

むささびが顔さらしたり盆の月/米沢吾亦紅

俳句例:61句目~

むささびと棲み正月の詩書くか/大峯あきら

待てば跳ぶむささびのあり十三夜/藤原如水

月あげてむささびの天広うせり/三田きえ子

月の断崖むささび飛躍また飛躍/加藤知世子

むささびにくまなく星の粒立てる/矢島渚男

火を焚けばむささびの飛ぶ村社/青柳志解樹

猿酒やむささびの恋夜もすがら/西山千賀子

甲斐駒のほうとむささび月夜かな/飯田龍太

篝火にむささび腹を見せて飛ぶ/向久保貞文

絶巓にいてむささびの雄々しさよ/松本勇二

むささびに聞け青き夜の手触りを/神野祥子

むささびのすがりて遥るる月の枝/宇田御杖

賢治の詩むささびの子も夜空翔く/藤田湘子

むささびの一声ならん寝るとせん/小田黒潮

むささびの夜がたりの父わが胸に/佐藤鬼房

鼬出てむささびも出てさくらの夜/篠崎圭介

むささびの飛び交ふ歌舞伎舞台裏/伊豆野和子

むささびや露天湯更けて湯気もなし/井沢正江

むささび遠し霧海は月の出づらしも/太田鴻村

むささびは疫病の空を辷りをる/小島ノブヨシ

俳句例:81句目~

夜神楽にむささびの啼く夜もあらん/江口竹亭

むささびの夜ごと飛立つ丸太小屋/竹内扶佐子

むささびの乳房を垂れて撃たれけり/田村八朗

むささびのしきりにとぶよ英彦の月/川上朴史

むささびの高尾の山に来て寝たり/水原秋桜子

むささびに奥利根の夜晴れにけり/吉沢喜見江

榾の宿撃ちしむささび抛れるまゝ/楠目橙黄子

むささびのくるかも知れぬ蚊遣焚く/斎藤夏風

むささびに降りやむ雪のなほ散れる/飯田蛇笏

むささびは水楢の木のうへを飛び/今井杏太郎

むささびの目がよぎる身のくらがりを/畠山弘

むささびに不意をつかれし五月闇/大森三保子

むささびや夜霧吹き入る手打蕎麦/水原秋桜子

むささびとなりぬべうなり茶の羽織/山口素堂

むささびの月夜となりて修二会終ふ/河北斜陽

ふとよぎるむささび闇を置き去りに/菊池シユン

夏至てむささびしてゐるなんせ宵しき/加藤郁乎

むささびの腹ほたほたと駆けのぼる/正木ゆう子

むささびの夢のつづきを飛びにけり/河野多希女

むささびの知恵ほどに月さしそめて/正木ゆう子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました