憎むを使用した俳句

憎むに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

憎むを含む俳句例

穀象の遅き逃足憎まれず/林直入

弟憎し蚕の社前過ぎて/塚本邦雄

葛水や王敦を憎む女あり/高井几董

蜂を飼ふ隣は蜂を憎む哉/正岡子規

背信の人を憎まず啄木忌/本島高弓

命かけて芋虫憎む女かな/高濱虚子

恋猫と語る女は憎むべし/西東三鬼

美少年ときには憎し夏燕/古寺初子

新鳩よ鷹気を出して憎まれる/一茶

朝顏や團十郎の名を憎む/正岡子規

再軍備憎し時劫の光は冬/石原八束

憎まれてながらふる人冬の蠅/其角

吾を塗る弟憎し歌かるた/会津八一

行く春や写楽を憎む芝居者/岡本綺堂

返り花恩赦の沙汰はひた憎め/有働亨

遣羽子や柳の糸の風を憎む/会津八一

汗し話す笑ひて憎し髭の口/桜井博道

兎狙ふ銃口憎むほど暗し/加藤知世子

奥様を連れたが憎し蝶憎し/筑紫磐井

甲羅へて只憎まるゝ油虫/百合山羽公

俳句例:21句目~

いさかひて夫の白靴まで憎し/堀恭子

からたちの花童どもよ憎め/喜谷六花

鰻の香ながす鰻松あな憎し/高澤良一

秋の蠅秋の蚊よりも猶憎し/正岡子規

甲斐駒の雲塊憎し五月晴/松本たかし

新鳩より鷹気を出して憎まれな/一茶

冬の鳥約たがへたる人憎し/高柳重信

片腕の牛飼い飛行船憎む/田中久美子

父の日の焼酎をのむ父憎し/柏木去孔

大旱や乾坤憎まれたる如し/野澤節子

さきんぜし人を憎むや菌狩/河東碧梧桐

憎まれて見にくき顏や相撲取/正岡子規

憎まれをあざ笑ひつつ竹煮草/石川好夫

落葉して町中に大樹憎まるゝ/西山泊雲

ファシズムを憎む落書露の壁/岩崎照子

人憎むかに薔薇は色深めたる/阪本謙二

夫の咳やまず薔薇喰ふ虫憎む/横山房子

恋文の余白をすべて憎むべし/大西泰世

憎むことにも疲れはて久女の忌/檜紀代

憎むことほとほと疲れ根深汁/木田千女

俳句例:41句目~

憎むことまた始まりぬ蝿生れ/山口青邨

憎む手の厚い男と鷺を見てた/星永文夫

持たぬ人の銭を憎むや年の暮/幸田露伴

春鴉昨日いとしみ今日憎む/鈴木真砂女

朧月あまりに淡く憎むなり/柴田白葉女

水仙花皿洗ふことひたと憎む/小池文子

老斑のごとくに憎む餅の黴/稲垣きくの

芭蕉植ゑてまづ憎む荻の二葉かな/芭蕉

風びゆうと蛇はおのれの青憎む/松本旭

麦を踏むけはしき眼何を憎む/加藤楸邨

麦踏の海向くときは姑憎む/田川飛旅子

妻の寝顔やゝ憎し稲妻遁走す/小林康治

手を切りていよいよ憎し鰒のつら/其角

ふと憎し秋の薔薇を穹へ投ぐ/谷中隆子

焼酎のたゞたゞ憎し父酔へば/菖蒲あや

紅涙と呼ばれて憎し鵙の贄/河野多希女

高茂り憎し埋るる素志もあり/香西照雄

月の出の寒林しづかなるが憎し/有働亨

尻向けて汽車を憎めり田草取/石塚友二

真葛野よ憎めば涙にごります/芹沢愛子

俳句例:61句目~

金買う湖水に友等の憎めぬ顔/福富健男

魁けて咲く花なれば風を憎め/島田青峰

寒鴉にもいぢめつ子憎まれ役/行方克己

幾人に憎まれて葛吹く吾か/園田夢蒼花

憎まねば怒りの消えず鶏頭花/村上沙央

憎まれて小金貸す身や朝寒み/会津八一

憎まれて疎まれて母昼寝せり/前山松花

憎まるゝ小僧は蜂にさゝれけり/正岡子規

憎まるゝ役をふられし小春かな/伊志井寛

恋猫の人語に似たるゆゑ憎む/金子伊昔紅

子烏のまだ憎めない貌なりし/米田久美子

冬沼へ声を立てざるいと憎し/八木三日女

人憎し秋思の胸に釘うちこむ/稲垣きくの

許すは易し憎むも寧し日記果つ/西村和子

相憎む農婦や野火が飛び立たむ/右城暮石

人憎し手袋を手に持つて打つ/潮原みつる

数珠玉の靭きを颱風後に憎む/佐野まもる

いるまんの訴人憎まむ心凍て/下村ひろし

いろいろに扇子弄れど言ひ憎し/日野草城

憎まれて坐すのみ夏の逝く瀬音/友岡子郷

俳句例:81句目~

憎まれてゐて秋鯖のうまきかな/細川加賀

注射針憎し温室花眼に沁みる/柴田白葉女

わが脱ぎし股引われに似て憎し/山本馬句

恋猫に憎まれながら路地抜ける/佐野美智

秋風や憎まれ咲ける蝿取草/長谷川零餘子

菜虫とるうしろ姿を憎まれて/松永涼暮草

タ立やいとしい時と憎い時/遊女-しづか

憎いあん畜生蜜垂れのあんず飴/大木孝子

火蛾憎し打つ手逃れしとち狂い/稲垣きくの

いも盗人二挺櫓なればひた憎め/佐野まもる

ばせを植ゑてまづ憎む荻の二葉哉/松尾芭蕉

稲妻して憎まれの相癒えきざす/加藤知世子

ゆく春や写楽を憎む芝居者/獨吟/岡本綺堂

百足虫憎し一家の長の吾を螫す/百合山羽公

蝿憎し打つ気になればよりつかず/正岡子規

どの鬼を憎むともなく豆打てり/殿村莵絲子

坊主憎ければオーデコロンもまた/櫂未知子

ひと憎むこころをつつむ黒マント/文挟夫佐恵

自分を憎むことを始めん初音より/田川飛旅子

マスクの白さ同僚とは相憎むもの/榎本冬一郎

タイトルとURLをコピーしました