踏切を使用した俳句

踏切に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

踏切を含む俳句例

踏切を開きて寒の肥通す/林徹

一と夏を蝉鳴き通す踏切よ/爽波

稲雀遠き踏切のベルが鳴る/青邨

桑畑に無人踏切初筑波/富安風生

死神が春の踏切番に憑く/仁平勝

踏切が鳴り白椿紅椿/岩淵喜代子

踏切に置かれて動く蛇袋/長田等

秋晴の踏切濡らし花屋過ぐ/岡本眸

この大き踏切夜涼殺到す/山口誓子

踏切を流れ退く秋出水/橋本多佳子

警報機のみの踏切麦の秋/長田久子

踏切にて春著の妻を紹介す/三樹彦

踏切を越ゆと日暮や魂迎/宮坂静生

原稿紙冬夜踏切は明るすぎ/中拓夫

踏切のかね雪晴の空に鳴る/瀧春一

朝暑し復々線の踏切越す/右城暮石

肥車踏切よぎる蝶の昼/田川飛旅子

横丁の踏切鳴つて夕ざくら/岸田稚

踏切が鳴つて遅日の漁師町/星野椿

落鮎や踏切も草深きまま/友岡子郷

俳句例:21句目~

山背風汝が踏切の切なさに/攝津幸彦

青田中信濃の踏切唄ふごとし/大串章

踏切の鳴るたびに翔ち稲雀/中村和子

踏切の音が遠くに夜の秋/狩野趣巳子

踏切の警報を浴び稲青つ/田川飛旅子

踏切があれば必ず曼珠沙華/原田青児

春昼の踏切を一作家として/山口誓子

月見草踏切番にいとまあり/木村蕪城

町中にある踏切や明易き/五十嵐播水

踏切に赤蜻蛉群れ十代過ぐ/宮坂静生

踏切ベル叫喚の間の立葵/百合山羽公

菊の香や踏切小屋の赫きに/野村喜舟

踏切を赤風船のをどりゆく/南/典二

ぼろ市の踏切渡る臼と杵/山本とく江

踏切を見極む左右萩咲ける/磯野充伯

焦げ臭き踏切渡る大暑の日/浜喜久美

殺人踏切麦秋の雨続きをり/宮坂静生

干菜宿踏切の鳴る夜が来り/藤田湘子

喪服着て越す踏切の秋の暮/池田秀水

四五軒のための踏切小判草/小林照代

俳句例:41句目~

無人踏切無人が渡り春浅し/和田悟朗

踏切よりすぐ鵯の森に入る/大野林火

踏切も朝靄匂ふ牡丹どき/百合山羽公

飯饐えて踏切の鳴る故郷かな/藤澤正英

さびしいぞ八十八夜の踏切は/田中裕明

すぐそこに踏切のある安居寺/下鉢清子

代々木踏切越す老優と咳落し/古沢太穂

朝な朝な踏切の菊つぼみゆく/原田種茅

東風強くして踏切の天鳴れり/山口誓子

椿山より踏切見ゆれ牛車待つ/原田種茅

甘藷の貨車出勤の踏切断ちぬ/原田種茅

立冬の汽車踏切に湯をこぼす/亀井糸游

草いきれ魔の踏切と人は云ふ/草野駝王

葛の花匂ふ踏切鳴りづめに/名高栄美子

春夕べ夫妻踏切にて会へり/加倉井秋を

踏切の灯を見る窓の深雪かな/飯田蛇笏

踏切の燈にあつまれる秋の雨/山口誓子

踏切の遠鳴り蝶の凍てにけり/菅原鬨也

踏切の音たんぽぽを叩き過ぐ/森川光郎

踏切の鳴りてうつつや七五三/宮坂静生

俳句例:61句目~

踏切は村のつなぎ目秋まつり/桂樟蹊子

踏切りの鐘鳴り渡る大青田/久米谷和子

踏切を越える初蝶声をだす/野間口千佳

達磨忌や履ふみきりし箱根山/加舎白雄

青信濃鐘鳴るときも踏切越す/友岡子郷

春の草いまに鳴り出す踏切あり/田中不鳴

踏切を越して大きな御忌の札/大黒谷/一

蜜柑ころがる暗渠のごとき踏切/桜井博道

朝の踏切雪の動輪目の高さを/平井さち子

一瞬蒼白の踏切をおき喪の東北/金子兜太

鳴りつよき春の踏切須磨子の地/宮坂静生

踏切でつるりこの世の足とられ/前田保子

踏切の向かふにあれば冬の顔/中村菊一郎

秋の踏切越す休日の白きシャツ/古沢太穂

赤とんぼだけの踏切上がりけり/佐藤和夫

踏切ベル霧の奥より虫の如/阿部みどり女

田植女の踏切の石濡らしゆく/猿橋統流子

春がくる甘栗の香の踏切ごし/磯貝碧蹄館

踏切を越えふるさとの蓼の道/有働木母寺

夜店の灯とぎれ踏切暗きかな/松浦沙風郎

俳句例:81句目~

炭団干す日和きらきら踏切まで/大野林火

踏切にせりだしてゐるダリアかな/日原傳

何もかも灼けて踏切鳴つてをり/神林三江

ひと跨ぎほどの踏切曼珠沙華/小渕二美江

ねんねこや渡るともなく踏切に/大屋達治

炎天や開かずの踏切てふに待つ/西村英子

踏切に向ひ四肢張る茄子の馬/原田走日朗

たんぽぽの咲く踏切を寿福寺へ/京極杞陽

踏切に早乙女の目は切れ長に/波多野爽波

踏切をわたりゆうがおになる姉よ/大西健司

コスモスの咲く辺踏切のほほんと/高澤良一

踏切を越えて西日に影さきんず/榎本冬一郎

踏切を越え壬生の鉦聞こえくる/橋本美代子

踏切のスベリヒユまで歩かれへん/永田耕衣

無人踏切不気味にひかり桑枯るる/馬場草童

踏切を猫行く大文字炎えつづけ/河野多希女

踏切の鳴りつぱなしやさくら散る/石川文子

踏切りが振るつよき白旗真冬の豚/寺田京子

踏切のたんぽぽとして踏まれをり/石川文子

踏切にいつまで貨車や五月雨/長谷川零餘子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました