水の上を使用した俳句

水の上に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

水の上を含む俳句例

玉椿落て浮けり水の上/諷竹

なが旅の水の上ゆく春の雲/裕

名月や煙這ひ行く水の上/嵐雪

野馬や壁土いさす水の上/里東

枯芦や低う鳥たつ水の上/麦水

夜桜の一枝長き水の上/高野素十

大寒の山集りぬ水の上/草間時彦

烏瓜細き蔓垂れ水の上/高濱年尾

寒月の金の稚し水の上/巌谷小波

冬椿竹叢着負ふ水の上/石塚友二

年の瀬や水の上ゆく風の音/覚範

水の上定家葛の種吹かれ/飴山實

秋の日やちら~動く水の上/荷兮

鴨翔てば古き影あり水の上/耕衣

春雪の反乱めける水の上/行方克己

蓮もまた浮世をわたる水の上/羅空

未明降る病葉広き水の上/高澤良一

燕子花覚束なくも水の上/正岡子規

葭切や胸のさみしき水の上/岸田稚

落椿浮び立つたる水の上/三橋敏雄

俳句例:21句目~

ほととぎす声横たふや水の上/芭蕉

艇おろす卯月曇の水の上/和田祥子

梅は散る心を持てり水の上/斎藤玄

二三寸角ぐむ芦や水の上/松瀬青々

欄干を越えて穂絮の水の上/桂信子

竹落葉ひらりと蝌蚪の水の上/誓子

初月夜風流れゆく水の上/大野林火

秋蝉の声の戻りし水の上/千葉皓史

鮒跳んで苗代寒の水の上/岸本尚毅

夏逝くや油広がる水の上/廣瀬直人

水の上を水が流れて春の暮/桂信子

探梅の人声ゆるる水の上/宮田正和

放蕩や水の上ゆく風の音/中村苑子

青柳や地の果もなき水の上/千代尼

水の上を水走りけり夕桜/岩垣子鹿

隔絶や鴨の柔毛も水の上/横山白虹

初冬のわが影を置く水の上/朔多恭

血縁や水の上ゆく糸蜻蛉/岸原清行

春水の上いく筋も蝶の道/湯浅桃邑

澄めば澄む春のかすみは水の上/照子

俳句例:41句目~

炎天や藺の花ひらく水の上/石原舟月

水の上初蝶零れむとせしが/松村蒼石

秋雨や藻刈すみたる水の上/渡辺水巴

たんぽぽや荒田に入るる水の上/祗空

はつ雪や降おそろしう水の上/千代尼

笛の音や蛍出てちる水の上/立花北枝

蜻蜒の蜻蛉にとまる水の上/正岡子規

色鳥の色のよぎりし水の上/依田秋葭

三鬼昇天松の花散る水の上/巌谷小波

蛇の殻ひらかれてゆく水の上/中田剛

鵜舟早し篝こぼるゝ水の上/正岡子規

初蝶の水の上きて濃くなりぬ/長田等

観桜のこころ放てり水の上/高澤良一

古池に落葉つもりぬ水の上/正岡子規

学ぶこゑ太藺の水の上をくる/上村占

形代のわが名わが齢水の上/神尾季羊

早退の子や逃水の上をゆく/中嶋鬼谷

朧夜のおぼろ動きて水の上/鷹羽狩行

水の上を墨の流るる秋彼岸/吉田汀史

栃の実の落つる力の水の上/菖蒲あや

俳句例:61句目~

水の上或は這うて陽炎へり/鈴木花蓑

水の上露とんで夜の空光る/西村公鳳

水鳥は乾く四月の水の上/宇多喜代子

浚渫の師走雨降る水の上/鈴木六林男

涼みとは橋の名所か水の上/藤野古白

いなづまの裾をぬらすや水の上/千代尼

桜桃忌わづか梅雨降る水の上/小林康治

水の上蜘蛛の軽わざはじまれり/下田稔

しろがねの芒折れたり水の上/会津八一

ひらひらと蝶々黄なり水の上/正岡子規

月浴びて歯の根をあはす水の上/桂信子

花明りありと思ヘリ水の上/柴田白葉女

栗の花風にもつるる水の上/猿橋統流子

冬紅葉いろはにほへど水の上/渡辺恭子

卯の花の雪やこほれて水の上/正岡子規

菱の実採り独りの胸を水の上/金子皆子

根白草けさ晴れわたる水の上/児玉輝代

涼しさや大津灯りし水の上/五十嵐播水

菊焚きし灰の浮きたる水の上/児玉輝代

草の絮ころがつてゆく水の上/鈴木貞雄

俳句例:81句目~

翡翆の飛びたる色や水の上/高橋淡路女

水の上を来る春愁の足の音/野見山朱鳥

秋燕の声のたまりし水の上/深見けん二

水馬跳んでも跳んでも水の上/高橋利之

水の上を逃げ行く水や西行忌/清水基吉

蝶ふたつ風にもつれて水の上/正岡子規

春月のさそひ出されて水の上/行方克己

雪吊のふいに日暮るる水の上/黒田杏子

郭公声横たふや水の上/芭蕉「藤の実」

野遊びや水の上くる火の匂ひ/田部谷紫

春の虹映れりくらき水の上/柴田白葉女

屋根替の塵掃き下ろす水の上/野村泊月

鯉のぼり野は燦めける水の上/相馬遷子

花火師の水の上より戻りたる/石田美保子

おはぐろに見えぬ糸ある水の上/鈴木鷹夫

くるくると飛んで山火や水の上/岸本尚毅

ゆく年のやどり木ひとつ水の上/中岡毅雄

瑠璃鳥の色残し飛ぶ水の上/長谷川かな女

白地着て少女澄みゆく水の上/柴田白葉女

通条花咲き垂直に水平に水の上/和知喜八

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました