山頂を使用した俳句

山頂に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

山頂を含む俳句例

山頂に神の灯蒼く松納/三千女

槍山頂歩む不安の秋の風/沢聰

体育の日の山頂に彩筵/筏奈雅史

湧蓋山頂に雪焼野統ぶ/穴井湧峰

凍波の月影砕く山頂湖/山本圭子

山頂の城に抜け道法師蝉/長田等

山頂に塔かすみをり一の午/原裕

山頂の磐座に来し初詣/茨木和生

山頂に海の風あり蕨狩/大沢貴恵

虫出しや山頂へ眉張り通す/鴻司

荒船の山頂広し桷の花/行実みよ子

山頂へ丘重なりて竹の春/桂樟蹊子

秋澄むや荒船山頂水流れ/原田清正

山頂に童児走れば薄暑光/飯田龍太

片陰を縫ひ山頂へ至る道/稲畑汀子

山頂に蜻蛉密集せり月下/矢島渚男

十里飛び来て山頂に蝿とまる/誓子

山頂に駅その先に鱗ぐも/市川友苑

海底山脈山頂は島冬耕す/吉野義子

山頂は夏雲の中駅を出づ/平賀淑子

俳句例:21句目~

山頂の霧粗かりし夜の髪/野澤節子

山頂の古墳初風四方より/鳥羽紀子

山頂にあり凩と語らなん/山田弘子

日の暈のまろき山頂花馬酔木/沢聰

山頂にわが顔覗く鏡なし/津田清子

山頂を征し成人祝ぐ仲間/山田弘子

山頂の松一本に冬日あり/高木晴子

山頂や更に踏みたき鰯雲/渡辺恭子

山頂や吹かれて霧の影走る/木村勇

山頂や三百六十度の炎天/高橋悦男

山頂へ日覆の町の続きけり/滝青佳

山頂も果たして同じ霧の景/高澤良一

山頂や雁にも逢はず鹿の跡/渡辺恭子

山頂を極めし如く日焼して/長島ちよ

山頂小屋天水桶に氷張る/成宮弥栄子

山頂駅寒き映画の闇のぞく/石原八束

山頂駅迅風は寒し楽鳴らし/石原八束

冬の虹山頂ホテル夕閉す/柴田白葉女

峨眉山頂秋風玉石百顆かな/金子皆子

双子山頂のはだれ夕日かな/滝井孝作

俳句例:41句目~

夕近き畝傍山頂つばめ飛ぶ/田上悦子

山頂の鳥に多汗の病かな/宇多喜代子

春月にかの山頂の荒御魂/大峯あきら

富十山頂天へ聳ゆる雲の峯/山口誓子

秋晴や山頂に立つ観世音/新井太四郎

視界ゼロ吹雪く山頂無一物/平田青雲

鈴蘭やまろき山頂牧をなす/大島民郎

山頂に乙女座垂るる聖五月/加藤春彦

雨乞ならん山頂へ灯かたまり/菅裸馬

雲海にうかぶ山頂神います/吉澤卯一

雷鳥の鳴くや山頂雲の中/山田英津子

山頂に少年かるい錠剤撒く/阿部完市

騰る騰る夏雲に山頂はあり/佐野良太

哭きて山頂の木の昼下がり/坪内稔典

山頂に眼こらせば雪降り来/島田武重

山頂のなお秋天の底の吾れ/宇咲冬男

山頂の一樹占め鳴く四十雀/清水山彦

鷽鳴くや山頂きに眞晝の日/相馬遷子

山頂はこの先とのみ夏の霧/柏井幸子

山頂は見えざるままよ心太/如月真菜

俳句例:61句目~

山頂へ犀吹き寄せて空の秋/坪内稔典

十歩に山頂お花畑を駈け登る/福田蓼汀

燈涼しく総玻璃聖堂山頂に/吉良比呂武

きちきちがとんで山頂草広し/高浜年尾

つひに佇つ奥穂山頂秋日濃し/紅谷敏子

ひぐらしや山頂は陽の谺生み/雨宮抱星

秋高し身にそふ影もなき山頂/福田蓼汀

山頂に及ぶ開拓馬鈴薯の花/太田ミノル

夫と来て野分の山頂夫とふたり/及川貞

天ハ固体ナリ山頂ノ蟻ノ全滅/夏石番矢

山頂に牌腹をあづけ蜜柑食ふ/佐藤鬼房

山頂にをとこの汗を指で拭く/雨宮抱星

山頂に冷えし麦茶を頒ち合ふ/大澤栄子

山頂の櫨の紅葉を火のはじめ/矢島渚男

山頂に女藷食ふかなしけれ/石田あき子

山頂に杭打ちて山目覚ましむ/吉野義子

遠望のわが山頂の壷中の母よ/高柳重信

山頂や松挽く如き梅雨の蝉/殿村莵絲子

山頂ヘ二手にわかれ夏つばめ/土生重次

山頂ホテル霧に盲ひし火蛾宿し/樋笠文

俳句例:81句目~

山頂の小屋秋風につぶれたる/岡田日郎

鳥の目光る山頂めざしわが柩/小宮山遠

山頂はメルヘンめきて煙茸/松本田寿子

山頂駅鉄鎖に止まる秋あかね/高澤良一

山頂へ磴じぐざぐの初妙見/小砂見曙美

彼の雲は山頂に雪降らしをり/高木晴子

山頂の吾亦紅風も日も止らず/細見綾子

山頂の野菊の天に子を放つ/つじ加代子

山頂のモラエス館に黄砂降る/藤江駿吉

山頂のことにかがやく十二月/雨宮抱星

山頂に脾腹をあづけ蜜柑食ふ/佐藤鬼房

焼きのぼる火や山頂に相擁す/野澤節子

山頂になにほどもなく秋の穴/宇多喜代子

山頂へ小屋の灯連ね富士涼し/伊藤いと子

滝は凍て山頂つぎつぎ日を失す/福田蓼汀

山頂に羽虫とぶ日の冬はじめ/篠田悌二郎

盆の路山頂にまであらはるゝ/瀧澤伊代次

山頂の草立つさまや霜の晴/長谷川かな女

山頂や忌のごとく日の楢紅葉/小島千架子

山頂の神守りて貼る障子かな/大峯あきら

タイトルとURLをコピーしました