停年を使用した俳句

停年に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

停年を含む俳句例

籠枕に物相頭定年後/高澤良一

停年の一年前の立泳ぎ/高澤良一

花梨の宵闇深き停年後/河野南畦

藪巻や定年近く家整う/富岡せい

下寧に大根を蒔く定年後/木内満子

定年の足もとよぎる赤い蟹/穴井太

寒の水飲む定年を二分前/山本千之

定年の男の造る新豆腐/津布久信雄

駒返る草定年を前にして/高澤良一

停年に小会社貰ひ御用始/小原野花

定年の机拭きあげ九月尽/長谷川進

停年の夫ははしごの初詣/ザボ節子

定年や誦帰去来辞草茂る/白石台水

菊根分停年近き手が乾き/草間時彦

定年や大きく割れて鏡餅/池田秀水

定年で無冠離せぬ夏帽子/望月哲土

風邪顔が鏡の奥に停年後/河野南畦

定年は人生途上寒菊挿し/古舘曹人

定年の夫にとどきし桜鯛/佐藤芙陽

定年の夫の背凛と三月尽/小山玲子

俳句例:21句目~

停年や一舌伸びて野火焔/河野南畦

雁帰る一羽や遅れ定年期/岸風三樓

蟻の列早や定年の通勤路/根岸敏三

定年の天下御免の朝寝かな/岬/雪夫

定年の夫任されて障子洗ふ/細川君代

定年の後の日迅し花も過ぎ/池田秀水

定年の灯ともせば影鰰煮る/古屋良人

停年がもう目の前に水温む/高澤良一

定年の男となりの畑も打つ/中根洋子

定年の闘志再び木の芽風/野田ゆたか

定年は鰐の退屈地でゆく秋/高澤良一

定年へ蚕食の日日水中花/文挟夫佐恵

定年後扇子が家に遊びをり/高澤良一

定年者冬大き掌を膝に置く/川村紫陽

停年も間近になって秋の風/源氏鶏太

寒木瓜や名刺用なき定年後/阿部寿雄

年明けの定年といふ大海原/高澤良一

停年や径ひとすぢに風の蓼/平川雅也

停年や燦爛と日の犬ふぐり/皆川白陀

停年を妻言へり松納めつつ/草間時彦

俳句例:41句目~

冷やかに停年の肩ありにけり/星野椿

喝采の如き落葉や停年来る/皆川白陀

機関士のまゝに定年山笑ふ/野崎夢放

定年近く年の港に舫ひける/高澤良一

白靴の埃停年前方より来/文挟夫佐恵

百姓に停年はなし晩稲刈る/中川正太

繭玉や定年のなき農夫婦/遅沢いづみ

蓮葉の吹かれ裏見す定年や/高澤良一

蟻の列夜もつゞけり停年後/右城暮石

農業に定年はなし土匂ふ/石川アキ子

鰭酒に停年教師すぐ酔ひて/羽田岳水

鰭酒や停年てふは忌み言葉/草間時彦

雙六や定年のわれ振出しに/近藤一鴻

主婦の座に定年欲しき十二月/塙きく

南風や白のまぶしき定年後/工藤義夫

嗚呼無情定年一歩近づく夏/高澤良一

定年なき妻の鏡台木の葉髪/岡本邦子

定年にあと半年の泳ぎかな/池田秀水

定年のすこし手前の水馬/小島千架子

定年の人を主客に風炉点前/冨山青沂

俳句例:61句目~

定年の名刺の裏はおぼろ月/田中風来

停年の後夜かけて読む三國志/安東次男

定年は如何にと蝉の頭陀行者/高澤良一

メーデーの友に手を振る停年後/柊愁生

停年がそこに来てをり昼寝覚/福田蓼汀

母の日の母悲しませ定年来/田川飛旅子

洗ひ髪梳きつつ定年の話など/菖蒲あや

停年の後の職場のボーナス日/小野武子

羽蟻身に開業醫には停年なし/相馬遷子

停年の案山子を棒に戻しやる/高橋/良

停年へ月日なだるる花明り/小松崎爽青

停年やけむりの如き花あけび/戸川稲村

白地着て定年以後の坐りだこ/落合水尾

死ぬときが医師の停年燕来る/後藤綾子

河鹿聴く落人に似し停年後/小川原嘘師

定年の人に会ひたる冬至かな/高橋順子

停年までの道長かりし松の花/安野良子

窯ぐれに定年のなき残暑なる/稲垣光子

ありふれてゐる定年と白粉花/高澤良一

定年のてのひらに受く竜の玉/嶋田麻紀

俳句例:81句目~

定年だあ定年だあと蝉啼ける/高澤良一

胡桃割る定年という仕切り線/浦川哲子

定年や未練断ち切り畑を打つ/本庄武治

夕焼に定年のなき野良着脱ぐ/酒匂君江

定年や遠目の蓮の吹かれざま/高澤良一

定年を真近に日脚伸びにけり/鈴木昭次

定年まであと一年の外套着る/福島壺春

蔓あぢさい定年の空青かりき/鈴木竜骨

薄塩に定年過ぎのピーナッツ/高澤良一

こざっぱりして定年を迎ふ年/高澤良一

定年者に残りたる友水中花/田川飛旅子

定年やなにか疾しき大朝寝/平木智恵子

吾がための定年祝ふ胡蝶蘭/山口富美子

出ずにすむ定年たのし雪見酒/河野頼人

春の海見にゆくことも定年後/池田秀水

末黒野を歩き始めし定年後/長谷川瑞恵

梨を剥く皮のぶらぶら定年後/高澤良一

パナマ帽停年ちかく撰び買ふ/富岡掬池路

停年の後のことなどふらここに/稲富義明

定年や妻はシヨートパンツの庭/水谷郁夫

タイトルとURLをコピーしました