寺領を使用した俳句

寺領に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

寺領を含む俳句例

峡五月寺領を分つ杉の雨/原裕

蜩も遠蜩も寺領なる/山田弘子

水仙や寺領閂鎖すまま/加藤耕子

鳩吹や寺領の畑の柿林/正岡子規

垣外の松茸山も寺領かな/高浜虚子

日に呆ける水に寺領の花時計/原裕

露鳴つて寺領の蔵や竹覆ふ/石川桂郎

立札に寺領とありし敗荷田/宮原君代

寺領専従のつくつく法師かな/樋笠文

寺領谷一本道の晩稲かな/奥村住実子

径らしき径なく寺領狗尾草/鬼塚忠美

僧のもの裂きて寺領の鳥威し/長田等

塵一つゆるさぬ寺領寒牡丹/笹瀬節子

時鳥寺領の深さ聞かせけり/山田弘子

残菊や寺領あまたの影落し/柿本多映

ここらまで毛越寺領花南瓜/菅原多つを

一寺領七谷植うる木の実かな/飯田蛇笏

三山の見えて寺領の京壬生菜/都筑智子

初大師香煙寺領に収まらず/大塚とめ子

一山の寺領どこまで鷹の空/井上てつこ

俳句例:21句目~

森閑と平林寺領木の実落つ/深見けん二

榧の実の青々として寺領なる/中西舗土

春深し寺領の椶櫚は古葉垂る/飯田蛇笏

波の音とどく寺領の思ひ草/青柳はじめ

牡丹の園となりたる寺領かな/滝口芳史

笹鳴や寺領はいつも期待あり/稲畑汀子

筍の藪もきれいに寺領かな/池内たけし

春の雪消えたる藪を寺領かな/宮津昭彦

蝮蛇草寺領といへど疎まれて/木内彰志

蟹満寺さまの寺領の田植なり/関戸靖子

曼珠沙華寺領の暮色拒みけり/大場榮朗

東大寺寺領の端の稲架を組む/橋本榮治

けものみち抜けて寺領や夏木立/吉野昭子

寺領とておいらん草の盛りなる/青山ふじ

我宿も寺領のうちや除夜の鐘/今井つる女

義士祭の香煙寺領を抜けきれず/松木真沙

わが宿も寺領のうちや除夜の鐘/今井つる女

夜の音に寺領の田水落とすなり/藤田あけ烏

寺領なる闇が深雪を照らしゐる/鳥居おさむ

蚊帳吊草寺領に童女が尿とばす/磯貝碧蹄館

俳句例:41句目~

蝉声降りしきれ寺領に子どもらに/楠本憲吉

寺に駕籠寺領にむらさきしきぶかな/嶋野國夫

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました