寝返りを使用した俳句

寝返りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

寝返りを含む俳句例

萍がゆらぎ寝返る百襲姫/檜紀代

寝返れば佳き音したり簟/大石悦子

冬の谷寝返る方に落ちる音/橋本薫

寐返れば江の島見ゆる葭戸哉/竹囲

寝袋の中の寝返り明易し/岡部玄治

寝返つてくる波高き凌霄花/石井保

寝返れど半身いつも冬日享く/篠原

一枚の病葉であり寝返れり/高澤晶子

児へ寝返る枕の熱き黍あらし/中拓夫

冬眠の蛇に寝返りの透き間/桑原三郎

夏暁寝返りを闇の方に打つ/平井照敏

夏空の真中思へり寝返りぬ/櫻井博道

寝返れば傷口ひくと夜の秋/高澤良一

病閑や寝返るいまだ田草取/石川桂郎

夢やすき方へ寝返る月高し/綾部仁喜

木の国に寝返れば青き飛沫/若森京子

山眠る信玄側に寝返りて/佐々木六戈

寝返れば醒めれば匂ふ菊枕/土居牛欣

寝返つて尻が青きよ若葉風/奈良文夫

寝返りし子の片頬の雛明り/今瀬剛一

俳句例:21句目~

寝返れば耳吹く風や虎落笛/石塚友二

寝返れば秒音うまる春の闇/楠本憲吉

寝返れば母も寝拾う棺の中/森早恵子

寝返りを打つ子五月の青畳/大橋利雄

寝返れば思ひ寝返る明易し/金井苑衣

寝返るや銀杏の花の落る時/会津八一

戸に犬の寝がへる音や冬籠/与謝蕪村

蟋蟀や乳児が寝返り打つて力む/澄雄

海に向け寝返りを打つ納税期/松井国央

海豹となり寝返りを打つ虚空/羽石昭子

夕ぐれの笹鳴の方へ寝返りぬ/大石悦子

火の果てに蛤ぱくと寝返りぬ/櫂未知子

藁塚や闇に寝返る夢ひとつ/河原枇杷男

身ほとりに孫が寝返る聖五月/横山白虹

寝息あるはうへ寝返り冬の暁/谷口桂子

寝返りし子は月光に近づきぬ/対馬康子

霜の声寝返り打ちて妻が寄る/横山才一

初夢のおどろ衾に寝がへりて/石橋秀野

寝がへりに音をあやしむ湯婆かな/嘯山

寝がへれば身は薄片ぞ春の闇/相馬遷子

俳句例:41句目~

梟や肩さむしとて寝がえるに/古沢太穂

寝返りの闇に出水の闇ありぬ/城取信平

寝返りの髪の根さむし一葉忌/樗木秀子

寝返りもなくて昼寝の蹠見せ/高浜年尾

寝がへりに鹿をどろかす鳴子かな/一酌

心臓を重く寝返り梅雨の夜/堀井美奈子

たまきわる命寝返りところてん/和田悟朗

鮭を吊り寝がえりをうつ霧の町/館岡誠二

夜鷹鳴き旅の布団に寝返りぬ/辰巳あした

大榾の寝返り打てる火の粉かな/徳永寒灯

寝返りのできたる嬰や台風裡/半田かほる

昼寝人かさと寝返りうちにけり/高澤良一

寝返りてなほ颱風のさ中なり/山口波津女

寝返りてみてもはるけき河鹿笛/橋本榮治

寝返りて秋暑の闇をうらがへす/藤木倶子

寝返りて裏切りのごと寒もどる/宮崎/綾

寝返りを大きく打ちし日焼の子/野田迪子

七夕竹寝がへりをうつ方ありや/安東次男

水際に寝返る秋のミイラかな/増田まさみ

寝返れば未明しはぶく森の雉子/堀口星眠

俳句例:61句目~

寝返れば夢逃げてゆく青葉木莵/田中恵理

寝がへりの耳に枕のひやりとす/寺田寅彦

寝返りのかなはぬ肩に月ゆるし/斎藤空華

寝返りをうつや自分の名を思う/池田澄子

秋蚊帳に寝返りて血を傾かす/能村登四郎

菊枕なりし寝返りするときに/田畑美穂女

露の石寝がえりをうつこともなし/辻桃子

去れよ雷寝返れば子の手ありとて/対馬康子

姫百合に耳痛くなり寝返りぬ/長谷川かな女

寝返りし枕つめたく身ひとつを/鷲谷七菜子

寝返りをさせて泣かせて天瓜粉/佐々木久菊

寝返りを打ちてそろそろ昼寝覚め/稲畑汀子

牡丹花肖伯遠くにねむる寝返りす/阿部完市

床ずれや天に寝返るつばくらめ/秋元不死男

寝がへれば寒雷か吾を鳴りつつむ/大石悦子

寝返るも時雨るゝ家でありにけり/小林康治

寝返りを打ちつゝ蝉のかすれごゑ/高澤良一

春雷のあとの奈落に寝がへりす/橋本多佳子

音立てて大榾寝返り打ちにけり/長崎小夜子

火事とほし妻がしづかに寝がへりぬ/安住敦

俳句例:81句目~

薄き身を寝がへりうちて暑気中り/福田蓼汀

寝返れる方のちちろもなきはじむ/見戸一青

寝返りを打つて闇見る我鬼忌かな/山地春眠子

寝返りはよきもの蜻蛉は空に/飛鳥田れい無公

寐がへりの方になじむやきりぎりす/内藤丈草

雨の花菜寝がへりしてもつめたしや/大野林火

落葉ほど寝返る/不眠の夜/いつまで/叶/夏海

寝返りをするぞそこのけ蛬/一茶/文化十三年丙子

方位なき暗闇のなか寝返ればうゐのおくやまゆめ揺れにけり/高野公彦

タイトルとURLをコピーしました