彼を使用した俳句

彼に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

彼を含む俳句例

蝿叩とり彼一打我一打/高濱虚子

寒暮光彼には光我に闇/高澤晶子

冬枯や何山彼山富士の山/正岡子規

彼一語我一語秋深みかも/高濱虚子

彼素手でふらり現れ春休/山田弘子

曼珠沙華念彼観音力以て/高澤良一

麦踏の壮者彼や野路の景/石塚友二

木苺の花に誘惑されし彼/山田弘子

社会鍋人彼人を呑む銀座/指澤紀子

彼国微風吹動常立杉微塵/夏石番矢

凍道の転石も愚な彼とする/飯田蛇笏

無防備に横たわる彼晩夏光/高澤晶子

墓囲む一族誰も彼も低し/橋本七尾子

彼もまた冬草見るか加餐せよ/上村占

夢に来て怨む春日の彼某よ/高柳重信

また彼が来て短日の時奪ふ/菅原独去

彼も亦無名期ながし黍嵐/能村登四郎

寒木の影彼が負ふ我も負ふ/三好潤子

彼や鷭これや鳰の子水走り/行方克己

彼よりも高き彼女や更衣/高田風人子

俳句例:21句目~

辰雄偲ぶ何に彼にすべて白桔梗/林翔

何も彼も庭は蕣だらけなり/正岡子規

誰そ彼や破れ吹かるる蛇の衣/徳弘純

何も彼も水仙の水も新しき/正岡子規

誰も彼も大白鳥の羽欲りぬ/大石悦子

鳥は草は何やら彼やら秋の野良/眉山

背の高き彼が見つけぬ桜貝/岩崎照子

我訪へば彼も達者や夏衣/松本たかし

我一語彼一語虫きいてをり/星野立子

空腹を彼に知らるな芹の花/池田澄子

秋晴の彼も一人や深大寺/星野麥丘人

健康や榾火明りに彼彼女/高田風人子

一尾の鱈の料理の何や彼や/高木晴子

春愁の彼あり文の端ばしに/田畑美穂女

彼一語我一語新茶淹れながら/高浜虚子

彼後家のうしろにおどる狐かな/炭太祇

日焼せる彼と彼女と町に逢ふ/高浜虚子

波と彼みつめる位置の砂日傘/木村朱花

泳ぎくる彼を一途な水と思ふ/辻美奈子

痴人彼も髪白きとし夕涼み/百合山羽公

俳句例:41句目~

さきぶれは黒揚羽蝶彼が来る/熊谷愛子

萩根分この紅は誰白は彼に/池月一陽子

蛙鳴蝉噪彼モ一時ト蚯蚓鳴ク/正岡子規

誰も彼も夏帽婦人となりて銀座/及川貞

ステテコや彼にも昭和立志伝/小沢昭一

雨がちの四月や誰も彼も病み/石塚友二

何も彼も遥に炭火うるみけり/石田波郷

伽羅の蚊遣羅の団扇彼も一時/正岡子規

何も彼も厨も花の客まかせ/田畑美穂女

何も彼も眩しき大地地虫出づ/井口雪嶺

何も彼も遙に炭火うるみけり/石田波郷

何も彼も遠し天河は白き鹿/沼尻巳津子

初蝶と思ひし時に彼も言ふ/田畑美穂女

墨染に鯛彼桜いつかこちけん/榎本其角

子が彼を連れて来る日の初氷/鈴木鷹夫

寸前に雪ふる誰も彼も死に/永田耕一郎

彼かくす芒の丈とならざりし/稲畑汀子

彼が凝るエーゲ文明皿に葡萄/工藤克巳

彼が向く方を眺める狭霧かな/池田澄子

日脚のぶ土曜の午後の彼彼女/成瀬正とし

俳句例:61句目~

「体ごと彼を卒業して来た」と/櫂未知子

ある日彼どつと老い増す冬帽子/黒田杏子

蛸提げて夜市戻りや彼もまた/大瀬雁来紅

熱燗や彼にはたして闘志ありや/下村梅子

か、彼が/遠くの蟹へ帰るころ/坪内稔典

これ以上待てぬ吹雪に彼現れ来/高橋笛美

砂日傘あらぬ方より彼がくる/波多野爽波

白雄忌と言へば信濃の彼を思ふ/細川加賀

短夜のいのちといふも何や彼や/清水基吉

冬服の紺まぎれなし彼も教師/星野麦丘人

彼老いぬ水洟とめどなかりけり/高浜年尾

得度すとなにげなく言ふセルの彼/森田峠

潮の香や小蟹をくれし彼を訪う/松本文子

蝋燭の燈に闇汁の誰れや彼や/高橋淡路女

彼ノ蝿ノ矢羽ノ遥カナルヲ打ス/永田耕衣

何も彼も茂るにまかせ庵せる/砂長かほる

何も彼も枯れ果てたれば蕗の薹/杉山岳陽

屋上のひまわり護憲派の彼に/諸角せつ子

吸入器噴く何も彼も遠きかな/橋本多佳子

復活や白馬いななく誰そ彼どき/夏石番矢

俳句例:81句目~

椅子火鉢に彼がズボンの脚長い/喜谷六花

汗に饐えし千人針を彼捨てず/長谷川素逝

千鳥見に彼もマスクをして来り/高濱年尾

彼を負ひ彼の汗の手前に垂れ/長谷川素逝

誰も彼も鬼石町鬼石町と冬桜/松崎鉄之介

人間所詮誰も彼も我執丙午の春/富安風生

我ねぶり彼なめる柚味噌一つ哉/正岡子規

髯の彼刈田案山子をなと口説け/川口重美

卒業のその後の彼を誰も知らず/藤松遊子

いつか彼を虹の橋より呼び出さん/大井恒行

われ彼を友と為ず夏木過去秘めて/下村槐太

ポスターの彼を老いしむ街薄暑/殿村菟絲子

彼とあう日まで香水つけっぱなし/鎌倉佐弓

書を抱けるスタイルは彼枯野来る/名和紅弓

涙つくしてしまへば何も彼も秋嶺/岩田昌寿

何や彼と焚いてけぶれる煤湯かな/岡田抜山

誰そ彼をいちはやく知る氷柱かな/中原道夫

何も彼も遅れおらんだ菊蒔けり/殿村莵絲子

今日何も彼もなにもかも春らしく/稲畑汀子

はしなくも彼と師走の書舗に逢ふ/高橋笛美

タイトルとURLをコピーしました