坊主を使用した俳句

坊主に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

坊主を含む俳句例

蕣の花の浮世や斎坊主/立詠

月芒拂子線香禪坊主/正岡子規

棚経や聲の高さ弟子坊主/其角

鞍壺に小坊主乗るや大根引/芭蕉

鞍壷に小坊主乗るや大根引/芭蕉

三千の坊主天窓や時鳥/会津八一

新渋や雑網綴る甥坊主/石塚友二

亜空間の無声の原の海坊主/林桂

木の瑞の坊主も暑し六月会/麦水

小坊主の門に立けり秋の暮/闌更

道慾な坊主錢取る寺の萩/正岡子規

逝く水や坊主めくりの女郎花/間石

招魂の坊主憎くて水無月/筑紫磐井

谷地坊主小坊主育て春鴉/神山博子

蕾みては百の小坊主夏椿/高澤良一

夏痩せへ甥の絵文の蛸坊主/飴山實

夕立を小坊主覗く櫺子かな/森鴎外

菅笠や草の茂りの坊主持/水田正秀

黒日傘乞食坊主か高僧か/辻田克巳

笛吹いて落第坊主暇あり/石塚友二

俳句例:21句目~

兀として坊主椿の花一つ/正岡子規

竜胆の鏡沼熊笹の坊主沼/岡田日郎

鹿の聲小坊主に角なかりけり/蕪村

十一や坊主地獄へ人の列/渡辺立男

此部屋も坊主小し寒の内/正岡子規

追もどす坊主が手にも葵かな/炭太祇

春の夜や伏見の宿の坊主落/正岡子規

菜の花や坊主坐りに讃岐富士/赤松子

水洟の毛坊主の説く観世音/森田公司

朝の馬笑いころげる青坊主/金子兜太

数へ日や坊主となりし竹箒/大竹耕司

坊主持ち紫陽花寺を迂回せり/仁平勝

凩のスタスタ坊主の花背越え/鈴木明

歌留多の釈迦坊主揃ひや涅槃講/九石

古庭の萩に錢取る坊主かな/正岡子規

小坊主や何を夜長の物思ひ/正岡子規

花咲いて坊主の顔の黒さ哉/正岡子規

妻の座に妻いて朝餉柿坊主/内田恒道

九絵釣は三日も坊主避寒宿/茨木和生

投られて坊主也けり辻相撲/榎本其角

俳句例:41句目~

梅と坊主匂うべからず警視庁/仁平勝

雪解風レム睡眠の谷地坊主/笠井/操

雲五月梨青坊主こぞりけり/堀口星眠

茶の花や坊主の頭五つ六つ/正岡子規

ほし合や寺は坊主の蚊帳隣/内藤丈草

投げられて坊主なりけり辻相撲/其角

十四日年越の坊主おこしかな/籾山梓月

告よ雁かうした坊主穂拾ふと/三千風/

坊主刈してきてうごく陽炎か/和知喜八

坊主雲夕日かぶつて哀れなり/太田鴻村

小坊主と酒買ニ行くとんぼ哉/中村掬斗

小坊主にしかられて退く花見かな/其継

小坊主のひとり鐘撞く夜寒哉/正岡子規

小坊主の上下着たり水仙花/尾州-素覧

小坊主の太刀はきたがる桜哉/正岡子規

小坊主や花見の供のひもじ顔/正岡子規

小坊主や隠し持ちたる雀の子/円谷枯山

小坊主よ足なげかけん松に藤/服部嵐雪

幼きが坊主めくりも骨牌かな/中川四明

廟うらの草とり坊主実は師家/河野静雲

俳句例:61句目~

楠亭々蝉捕り坊主まだ来ぬ森/高澤良一

春の田に埃掃き出す坊主かな/前田普羅

木食の坊主おとしか姫くるみ/井原西鶴

涅槃絵や難陀文殊はどの坊主/中村史邦

草の芽に坊主地獄の泥飛べり/川口崇子

草箒どれも坊主や返り花/阿部みどり女

蓮の實を探つて見れば坊主哉/正岡子規

薔薇の実の巾着坊主紅差せり/青木重行

虫すだく坊主地獄の陥没箇所/高澤良一

茶屋坊主身は芭蕉葉や雨の夜半/調賦子

鐘を撞く坊主見えけり杉の月/正岡子規

つく~し彼岸坊主は渾名なり/寺田寅彦

三春のことぶれまだか坊主山/高澤良一

今は昔芋ばかり食ひし坊主哉/寺田寅彦

初午や禰宜と坊主の従弟どし/正岡子規

髪かれば坊主かと蠅来るなり/会津八一

魯智深は坊主になりぬ閑古鳥/正岡子規

鯨つく漁父ともならで坊主哉/正岡子規

別筵に坊主もゐたり梅雨の夜/内田百間

回り込み蝉捕り坊主樹のうしろ/高澤良一

俳句例:81句目~

海も山も坊主にしたりけふの月/服部嵐雪

うどんげが咲いてテル~坊主かな/杉本零

照さるる照る照る坊主寝待月/阿波野青畝

生涯を芋掘り坊主で終るべし/美濃部古渓

虱にもせめて似よかし坊主子蚊/幸田露伴

木のはしの坊主のはしやはちたゝき/蕪村

くりくりと坊主になりぬ更衣/安藤橡面坊

簷だれの坊主落ちずに霧時雨/阿波野青畝

腹すりて岩をのぼれり坊主鯊/滝沢伊予次

蟻出でて坊主地獄をふちづたひ/大島民郎

一年坊主道草を食ふこと知らず/栗生純夫

ねむれざる母を誘ひに雪坊主/千田とも子

手毬唄坊主づくしはにぎやかに/河野静雲

暑き日に坊主になろと思ひけり/中山稲青

とにかくに坊主をかしや花の春/正岡子規

小坊主や松にかくれて山ざくら/榎本其角

落にけり風なまぐさき坊主烏賊/井原西鶴

小坊主の智は水によるほたる哉/松岡青蘿

小坊主の耳あぶり去る火鉢かな/山口漁壮

死が去らず月光にてるてる坊主/川口重美

タイトルとURLをコピーしました