双子を使用した俳句

双子に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

双子を含む俳句例

唐黍の青生毛吹く双子山/原裕

蝶狙う悪い双子の弟が/高澤晶子

隠沼の鷭の双子や菱紅葉/邊見京子

七夕や新家の双子美しき/中川四明

寒食や頂まろき双子山/星野麥丘人

形代の一枚に書く双子の名/小林勇二

双子山脊肩のさむい夕日哉/滝井孝作

春光や双子を乗せし乳母車/当真嗣栄

双子山頂のはだれ夕日かな/滝井孝作

一対の雛の辺双子睡りをり/文挟夫佐恵

双子山の裏も表も春の雪/長谷川かな女

双子山見えず雪降る曾我の墓/中島月笠

寒卵割れば双子の目出度さよ/高浜虚子

牡丹を双子見てゐる山の雨/大木あまり

福の豆双子の牛の背に跳ねる/児玉幸枝

萓草の十時にひらく双子の家/宮坂静生

著莪咲ける双子寺杖の束休み/岩淵英子

旅さびしかの嶺に春の双子星/福田蓼汀

ゆく春や閉しかかる戸の双子星/宮武寒々

タクシーのぬくき充満双子の歌/和田悟朗

俳句例:21句目~

寒玉子割れば双子の目出度さよ/高浜虚子

柿若葉双子の襁褓ひるがへり/小栗しづゑ

梅雨晴や双子抱きて力士来る/長屋せい子

潮焼けの面ひとしき双子かな/五十嵐播水

産声を上げて双子やさくらんぼ/水原春郎

行水にまた泣いてゐる双子かな/鈴木芳野

手にとりし雛のあられの双子かな/上野泰

青柿や双子またよく似てきたり/齊藤美規

青葉越しみ名の双子峰二つとも/林原耒井

枇杷すゝりをはりし双子宙にせる/岸風三楼

雛に似ぬ双子をときに疎んずる/文挟夫佐恵

双子とはいふも良く似て甚平着て/森高たかし

鵜縄さばきに双子あゆます水ほとり/文挟夫佐恵

タイトルとURLをコピーしました