マッチを使用した俳句

マッチに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

マッチを含む俳句例

瓦斯つける袂の燐寸冬籠/宵曲

塵穴に燐寸一本冬日和/後藤夜半

花種用喇叭印の燐寸箱/池田澄子

杢兵衛の燐寸箱の字春灯/角光雄

朱の色の燐寸の頭一の酉/亀丸公俊

広重の版画のマッチ初竃/河野頼人

玉苗にマッチの煙や誘蛾燈/西山泊雲

摩り跡に寒さただよふ燐寸箱/源鬼彦

お返しは小燐寸一つ餅配/池田世津子

鷭鳴くや男の厚きマッチ箱/飯島晴子

草萌や燐寸ももてるみどりの火/耕二

走る霧紅軸燐寸芝に散り/田川飛旅子

秋の夜の燐寸の火色さす畳/加藤楸邨

小春日の空家の椽に燐寸哉/内田百間

マッチ擦る横浜の坂冬日満つ/皆吉司

燐寸賣るともし火細し枯柳/正岡子規

冬灯蝶々飛び出すマッチ箱/二村典子

マッチの火強く匂ひぬ花疲/岩崎照子

紙雛の衛士へ篝のマッチ棒/嶋田麻紀

夜の潟の鳰驚かし燐寸摺る/西村公鳳

俳句例:21句目~

寒き燐寸十指で囲み教師業/齋藤愼爾

マッチの絵五十三次初時雨/河野南海

桃印の燐寸とろとろ揚雲雀/坪内稔典

末枯に一とき囲む燐寸の火/沢木欣一

二本目のマッチ明るし時雨宿/谷口桂子

芝を焼く美しき火の燐寸かな/中村汀女

水打つて斜めに流すマッチ棒/岡田史乃

ポプラの木凩去りてマッチ棒/吉田茂子

燐寸買ふ霜ふけし家の蔀かな/室生犀星

マッチの火肩にあふれぬ霧の中/畑耕一

蝶眩しマッチかすかに燃える音/三谷昭

燐寸しめり帰雁の閑に一藁屋/古舘曹人

マッチの軸頭そろえて冬逞し/金子兜太

マッチ擦る星の一生の一端に/高橋正子

河童忌の燐寸一本すりもして/加藤耕子

冬青空マッチの軸が水に浮き/桜井博道

歳末の路上ちらばるマッチの軸/穴井太

咳けば土管の中にマッチの火/石川桂郎

昆布の村寒暁マッチ明りほど/鷹羽狩行

マッチ箱に玉虫入れて都の子/金子兜太

俳句例:41句目~

形代を燐寸の箱の下にせる/相生垣瓜人

マッチ擦るごとき恋の冬帽子/寺田京子

またたく北よ島破けの黄燐燐寸/折笠美秋

春の家はみ出してゐる燐寸棒/小泉八重子

燐寸擦る微臭きさらぎ半ばなり/石田京子

燐寸擦る音ぴしぴしと枯るる潟/齋藤愼爾

秋雨の瓦斯がとびつく燐寸かな/中村汀女

ポケツトのマッチが誘惑枯の中/原田青児

マッチなき暮しいつより秋時雨/橋本榮治

マッチの火消えたる闇の菊人形/細川加賀

マッチの炎の白色男ら厚着して/桜井博道

マッチ擦つて真昼があおし市場/寺田京子

マッチ擦る闇匂ひあり沈丁花/文挟夫佐恵

マッチ擦れば焔うるはし閑古鳥/渡邊水巴

マッチ擦れば真昼の匂ひ春の芝/緒方句狂

マツチの棒で耳かいて暮れてる/尾崎放哉

一本のマッチをすれば湖は霧/富澤赤黄男

誘蛾燈点すマッチの消えやすく/田中冬二

冬日なき芝にマッチの軸こぼす/横山白虹

夜晒の寒天干し場にマッチ擦る/田中冬二

俳句例:61句目~

捨てマッチ地に燃え青春は霧か/宮坂静生

燐寸すれば路傍を照らす年の暮/萩原麦草

湖は霧一本のマッチをすれば/富澤赤黄男

祖父逝きて蟻とぢこめしマッチ箱/皆吉司

の絵のマッチ点すか雪をんな/佐藤喜代子

薔薇よりも淋しき色にマッチの焔/金子兜太

しばらくはつづく不幸と燐寸の火/徳弘喜子

春の道四、五人が行く燐寸が行く/坪内稔典

マッチの頭くつついてゐる復活祭/大石雄鬼

燐寸擦りたり冬の来る匂ひせり/永野由美子

下闇や磨りし燐寸の一とあかり/楠目橙黄子

薄霜や母の濡れ手がマッチつまむ/桜井博道

榾の火や燐寸入れある割れ柱/長谷川零餘子

マッチの火雪に投げたる恋慕かな/遠山陽子

親切のマッチあかりが稲架てらす/京極杞陽

マッチの軸散りをり昼の炉は淋し/高濱年尾

燐寸摺りてゴビの沙漠の虫を見き/加藤楸邨

霧に擦るマッチのばうと硫黄の香/高澤良一

露地晩夏風にマッチの焔先反り/神尾久美子

末枯の陽よりも濃くてマツチの火/大野林火

俳句例:81句目~

燐寸すれば森の揺るるよ青葉木莵/関森勝夫

燐寸すりて人を送れるしぐれかな/室生犀星

燐寸摺りてゴビの砂漠の虫を見き/加藤秋邨

余分のマッチ乞へり単独登攀者/篠田悌二郎

燐寸擦る屋根裏部屋の蜘蛛の絲/佐々木六戈

バツハ聴く蛇をマッチの火に集め/栗林千津

擲げ棄てしマツチの火らし霧の中/高浜虚子

笹鳴きや妻いくたびも燐寸擦る/加倉井秋を

去年今年一と擦りに噴くマッチの火/成田千空

誘蛾燈とぼしきマッチすりにけり/吉岡禪寺洞

ふしだらに燐寸が立ってさくら咲く/坪内稔典

涸川や生きゐるものにマッチの炎/成瀬桜桃子

マッチ擦れば森の揺るるよ青葉木莵/関森勝夫

マッチ売る少女の点けし聖樹かも/ふけとしこ

青野ゆく空のマッチを捨てきれず/岸本真紀郎

木の実独楽マッチの脛を見せて孤独/細谷源二

マッチややにあたたかき色となるを待つ/篠原

マッチ売の少女死なせし雪はげし/成瀬櫻桃子

燐寸が燃やした束の間の女体の嵩/林田紀音夫

マッチの火虚空へとびし夜釣かな/米澤吾亦紅

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました