瀬々を使用した俳句

瀬々に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

瀬々を含む俳句例

白箸や瀬々の網代木氷鮒/花流

杜父の川なる瀬々の星明り/橋本薫

爆竹や瀬々を流るる山の影/原石鼎

初霰鮭のぼる瀬々けぶらせて/及川澄

秋風や瀬々おとろへし川の果/上村占

鰍突紅葉了へたる瀬々の雨/黒木野雨

死事としらで下るや瀬々の鮎/向井去来

瀬々涼しひらく投網に鹿島槍/岡田貞峰

翡翆の淵あり瀬々は秋の風/水原秋櫻子

落鮎や幾度越えし瀬々の月/金箱戈止夫

遊ぶ声瀬々にとび交ひ雲の峰/阪井貞子

露草は明日ひらく花瀬々ひびく/和泉好

ひぐらしの声沁む昇仙峡の瀬々/鷹羽狩行

川作務の了りし瀬々や夕河鹿/塩谷はつ枝

新茶くむ宇治の朝けは窓に瀬々/皆吉爽雨

水取りや瀬々のぬるみもこの日より/蓼太

甲斐となる瀬々群山を帰省みち/皆吉爽雨

寂鮎の瀬々のしらなみ夜も白し/水原秋櫻子

晩春の瀬々のしろきをあはれとす/山口誓子

氷くへば瀬々の網代木見たきかな/松瀬青々

俳句例:21句目~

瀬々さむく水草すでに生ふあはれ/岸風三楼

梨ふくろ古りつゝ瀬々の鮎落ちぬ/篠田悌二郎

雪の風瀬々になごんで雪夜かな/飛鳥田れい無公

タイトルとURLをコピーしました