汀を使用した俳句

汀に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

汀を含む俳句例

白海月汀の氷流れけり/調栄

杜若汀草にも咲きまじり/風生

大年の裳裾ひろがる冬汀/原裕

花楓風の汀の近づけり/岸田稚

秋暑し湖の汀に牧の鶏/飯田蛇笏

暖かや汀にのびし草の蔓/上村占

汀歩す待春の富士輝いて/星野椿

片足を比良の汀に春の虹/飴山實

ためらうて汀離れぬ流雛/樋笠文

引寄て蓮の露吸ふ汀かな/炭太祇

貝寄ノ風敷波ノ汀カナ/正岡子規

鶺鴒や池の汀の芭蕉塚/正岡子規

凍らむとつぶやく汀寄る芥/敏雄

青麦の汀に燃ゆる鉋屑/沢木欣一

昼顔や汀に据ゑる大鼎/寺田寅彦

一本の汀の残花鎮花祭/下村梅子

薫風や汀小高み浜街道/尾崎迷堂

岩山の裾なす汀蝶鮮らし/成田千空

汀に浸す漬物桶や蓼の花/寺田寅彦

さざ波に薄氷離る汀かな/正戸弥生

俳句例:21句目~

放生の桶を汀に会式待つ/細川子生

石段が汀で尽きる雪景色/池田澄子

海の哭く汀沖縄慰霊の日/宇咲冬男

万緑や地の涯汀まで樹海/西本一都

春汀異国の文字の哺乳瓶/川田章夫

雪代の汀の顔を暮れしめず/岸田稚

長汀は死点点と夏の暮/宇多喜代子

薄氷の草を離るる汀かな/高浜虚子

海暗く長汀洗ふ皐月波/相澤行々子

味噌漉を洗ふ汀や蓼の花/寺田寅彦

朝凪や汀に消えし亀の跡/岩崎要子

昼顔の汀に馬を洗ひけり/寺田寅彦

初夏や汀の石の微塵鰕/東洋城千句

汀ありて国分寺はなし草の花/梅室

太平洋の汀跣足に快く/河野ちか子

酸橘一箱暮れ白波の汀暮れ/小澤實

緊りをる汀の砂や騎馬始/上原富子

稲の花湖の入江の汀かな/尾崎迷堂

冬の日や龍の落し子長汀/野村喜舟

初鴨を仄暗くおく汀かな/大石悦子

俳句例:41句目~

蚊遣して汀に坐りゐるやうな/飯田晴

鷹渡るもとに長汀曲浦かな/橋本鶏二

雲の峯や長汀曲浦太陽の香/幸田露伴

頭から木賊の枯るる汀かな/石田勝彦

風折々汀のあやめ吹き撓め/高浜虚子

わが晩夏広き汀に遊びけり/原田青児

一列に山吹散りし汀かな/島村元句集

上げ舟にそこ秋風の汀かな/尾崎迷堂

争うて月の汀に駆け行きぬ/高濱年尾

冬闇の広袤漁火と汀白のみ/香西照雄

凍湖の汀ともなく木立あり/依田秋葭

初荷揚汀に馬をならべけり/高田蝶衣

向ふなる汀の菖蒲水を出し/高浜虚子

夕鴨や汀の石に羽づくろひ/野村泊月

夜桜の汀に湖が来て湛ふ/榎本冬一郎

人の渦汀の渦誓文払かな/田中九葉子

寒鴉汀にあれば人に寄る/東田ただし

小春の旅長き汀に終りけり/大野林火

崖下の隠れ汀に西日さす/上田五千石

早春の遊心白汀を檻と観ず/藤後左右

俳句例:61句目~

春眠の汀を誰か踏み行くよ/鷹羽狩行

朝焼の汀艇庫より草刈られ/石川桂郎

朝焼や詣で戻りも汀ぞひ/大橋櫻坡子

来る日毎芹の汀のひろごりて/原柯城

根詰めて汀を打てる春の濤/高澤良一

楪の汀のけしきみてゐたり/岡井省二

死は春の空の汀に遊ぶべし/石原八束

残菊に汀優しく寄せにけり/草間時彦

汀なる藻屑のなかに蝉の殼/大屋達治

月のいろ未だととのはず汀透く/原裕

汀まで雨には雨の草いきれ/山田弘子

汀まで雨に濡れゐる障子かな/梅田津

洋車夫の肩の日汀にぬれて来ぬ/篠原

海くらく長汀洗ふ皐月波/相沢行々子

濱千鳥日日汀往く吾に慣る/藤後左右

短夜やさゝやきそめし汀波/野村泊月

秋晴や汀の松にうづくまり/野村泊月

秋暮るるなり長汀の土佐の国/小澤實

秋立つや汀の草に鎌をとぐ/寺田寅彦

笹鳴は汀に濡るゝほど近し/高橋馬相

俳句例:81句目~

藤棚の下に来てゐる汀かな/山本京童

あかつきの汀に膨れ父の帽子/斎藤康子

薄氷の汀の私語に指をやる/赤松ケイ子

江ノ島の栄螺焼く香や汀まで/吉田/米

ちやつきらこ青き汀も遠唱ひ/野澤節子

汀まで来て凍て初むる湖の波/桑原寿子

蝌蚪の紐汀の石にあげてあり/野村泊月

海月冷たく光る汀を好み歩く/清原枴童

満月に行きあたりをる汀かな/岡井省二

野分浪をさまり汀砥のごとし/下村槐太

焚火遠く汀の落葉掃きにけり/西山泊雲

人日のあかるすぎたる汀かな/西村純吉

長汀やいづこ社にどんど数/東洋城千句

降る雪に力尽きたる汀かな/山田みづえ

降る雪に力抜きたる汀かな/山田みづえ

文殻を焚くと汀の闇に下りぬ/横山房子

汀なる古きてすりや燕子花/楠目橙黄子

汀よりさし入るひかり初氷/鷲谷七菜子

雲海の汀にて歩を引き返す/上田日差子

霙して海老吹き寄せる汀かな/黒柳召波

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました