著莪の花を使用した俳句

著莪の花に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

著莪の花を含む俳句例

著莪の雨杣の石垣瀧なして/金子潮

最明寺殿の眼光著莪明り/高澤良一

著莪の花駆込寺の門内に/山口卓也

女には女坂あり著莪の花/後藤トメ

紫の斑の仏めく著莪の花/高浜虚子

弟よ相模は海と著莪の雨/高柳重信

紫の斑の佛めく著莪の花/高濱虚子

纒足は海を渡らず著莪の花/日原傳

鎌倉に杉本寺や著莪の花/尾崎迷堂

国見して足早となる著莪の花/原裕

観音の拝観謝絶著莪の花/橋本榮治

男来て天暗くなる著莪の花/赤尾恵以

夕暮は著莪の花のみ美しく/高木晴子

大和には淡き交り著莪の花/田中裕明

開け放つ宿の裏窓著莪の花/二村典子

杉はみな直立著莪はみな傾斜/蔦三郎

姫著莪の花に墨する朝かな/杉田久女

林中にある風冷や著莪の花/皆川白陀

神を呼ぶ笙篳篥や著莪の花/岸田雨童

雨粒の衿にあきらか著莪の花/中田剛

俳句例:21句目~

著莪咲いて石棺遠き昔呼ぶ/河野南畦

山の辺の石とて仏著莪の花/酒井智代

著莪しろし車椅子谷風のやう/渋谷道

著莪の雨味噌倉朽ちし大構/湯川道子

著莪咲くや御陵守の眺め草/野村喜舟

灰汁桶の輪入るる頃か鳶尾の花/否専

一つ家の著莪の戸口に車櫃/古舘曹人

伊勢講の女一人や著莪の雨/加藤耕子

初霰鳶尾や万年青の葉のきほひ/鞭石

西行を葬りし寺の著莪の花/関戸靖子

踏み登る石美しや著莪の朝/京極杜藻

著莪叢の凄みを増せる不動脇/高澤良一

屏風岩垂水ぞすなり著莪の花/木津柳芽

花著莪やくらきをたどる吉野びと/原裕

著莪の花生野の山に雨ふりて/山口青邨

著莪に降る雨や雨水のはけ所/高澤良一

この石を洗へば仏著莪の花/安達実生子

都まで王子王子の著莪の花/佐々木六戈

夭折に色ありとせば著莪の白/鈴木紀子

庭山や薪積みたる著莪の中/松本たかし

俳句例:41句目~

打ち~て鏡の如し著莪の雨/万永喜見子

著莪の花竹の葉擦れの音の中/井上幹彦

新しき柄杓が置かれ著莪の花/川崎展宏

著莪咲ける双子寺杖の束休み/岩淵英子

著莪畳には影日向はつきりと/上崎暮潮

藪蔭の五月はじめや著莪の花/野村喜舟

谷暗らし著莪と雑寝の仏たち/野田信章

著莪にのみ残れる雪の大悲閣/岸風三楼

野あやめの妹分の著莪咲けり/高澤良一

音たてて走る山雨や著莪の花/前津栄子

著莪の花白きに湧きて雲絶えず/加藤楸邨

著莪の花旅の日焼のいさぎよし/福永耕二

秀次の墓みち著莪も姫著莪も/粟津松彩子

著莪のなか墓を濡してかへりけり/飴山實

尼御前の白足袋濡らす著莪の雨/井口秀二

花著莪のうすむらさきに仏の日/松村蒼石

歩くほどつよくなる足著莪の花/手塚美佐

山の院著莪にとどきて日が当る/古舘曹人

御不浄と云ふ語遺れり著莪の花/高澤良一

うねうねと続く著莪から例の猫/岡田史乃

俳句例:61句目~

著莪の花死ねばこの道担がるる/田上石情

花著莪にぽとりと来たる雀かな/岸本尚毅

昼ひとり鍵して病めり著莪の花/岡田和子

林泉の渓ふかきところ著莪の花/山口青邨

著莪咲くや地水火風は塔の文字/野村喜舟

華かに女あはれや著莪の花/阿部みどり女

著莪咲けば即ちこれを挿し写経/景山筍吉

著莪咲けば屈原の死の想はるる/佐藤鬼房

しちくさの著莪の前置ながし哉/井原西鶴

著莪の雨檐溜ながれそめにけり/西島麦南

著莪の雨吉野は偲ぶものあまた/藤浦昭代

水捌けの悪きを著莪に好まれて/高澤良一

滝過ぎて著莪に声生く女かな/島村元句集

みよしのゝ百花の中やひそと著莪/及川貞

都への思ひを断ちし著莪ならん/桑田青虎

島の著莪活けて茶店の富士見亭/高澤良一

著莪の露沢の暾勁くなりにけり/西島麦南

芭蕉路の日暮れの著莪に業車/小檜山繁子

雀の墓かくれてしまひ著莪の花/中山純子

鞍馬夕月花著莪に佇つつらき人/赤尾兜子

俳句例:81句目~

利久忌の著莪も築地も薄ぐもり/古沢太穂

音もなき雨にぬれゐる著莪の花/堀内茂葉

著莪の雨たうたう来たねとご住職/高澤良一

落ち合ひて二つ瀬ひびく著莪の雨/吉澤卯一

著莪の花瀞の日照雨をかをらする/桂樟蹊子

著莪叢のとゞく木洩日濡れてをり/稲畑汀子

著莪咲いてかくれおはしぬ泣羅漢/椎橋清翠

かたまつて雨が降るなり著莪の花/清崎敏郎

くだかれし著莪の葉屑や滝の道/鈴鹿野風呂

こもりくの熊野は冥し著莪の花/加藤安希子

なつかしと覗き著莪咲き虚子旧廬/村松紅花

あたらしき柄杓が置かれ著莪の花/川崎展宏

著莪摶つて咀華忌の雨となりにけり/齋藤玄

著莪映る金いくつか買ひ足して/篠田悌二郎

セル軽き端居に著莪のみどりあり/森川暁水

喪の旅の松籟著莪を曇らしぬ/阿部みどり女

著莪ところどころ倶利伽羅谷暗し/清水美恵

夕べ著莪見下ろされゐて露こぼす/中村苑子

妻と経し月日のこれり著莪咲きて/宮津昭彦

射すことを日の忘れゐる著莪の花/西本一都

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました