食堂を使用した俳句

食堂に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

食堂を含む俳句例

食堂の裏一枚に古氷/上村占

食堂に松風通る春の昼/桂信子

食堂の隣の卓の焼栄螺/高木晴子

常夏や公衆食堂膳忙し/松藤夏山

食堂に雀啼くなり夕時雨/各務支考

食堂の暗き一燈安居寺/五十嵐播水

春潮や朝の食堂とゝのひし/渡邊水巴

職員用地下食堂に雪崩聞く/五島高資

かもめ食堂本日休業猫の恋/浪山克彦

ひと時雨あるも面白食堂に/高濱年尾

薄色の鰈煮つけて風の食堂/阿部完市

詩篇あり東京巣鴨の食堂に/攝津幸彦

食堂の椅子みな逆さ冬の月/伊草節江

食堂はセルフサービス茸飯/田村睦村

小春日や杜の食堂皿鳴らし/羽部洞然

ああ不味きかもめ食堂扇風機/櫂未知子

いつせいに今朝の食堂菊の卓/星野立子

国後島の見ゆる食堂雛飾る/松崎鉄之介

義理で喰ふ食堂の飯四月馬鹿/皆川白陀

食堂が今混んでゐるスキーかな/森田峠

俳句例:21句目~

食堂のすべての窓に雪降れり/大井雅人

躁鬱食堂きのこの類が水に泛き/穴井太

食堂の箸うごくみんな緑の肺/志摩一平

食堂の隅にすわりて毛糸編む/京極杞陽

雪まろげやめてどや~食堂に/清原枴童

食堂のサンプルの照り四月馬鹿/今村恵子

未来永い子といて大学食堂混む/伊丹公子

小鳥来る食堂の椅子買い足して/神谷冬生

食堂もたきこめられし安居かな/皆吉爽雨

食堂を出て涼みけりこゝかしこ/正岡子規

食堂作法のぞく女の身は氷り/加藤知世子

学生食堂冷し中華は売り切れて/平木智恵子

食堂雑話時雨明りを頬にうけて/長谷川零餘子

子と春の食堂ゆつくりゆつくり吾も/上野さち子

不明な平和にはげしい皿鳴り食堂混む/五十嵐研三

虹を捕ろうかいやいや食堂で飯でも食おう/細谷源二

サンタ/マリア/グラーツェ大寺舊食堂「最後の晩餐」覆はれ了んぬ/高橋睦郎

タイトルとURLをコピーしました