北窓を使用した俳句

北窓に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

北窓を含む俳句例

北窓や浦嶋が子の雪颪/熊谷氏

北窓を塞げる家や鶏の声/抱琴

北窓に芭蕉玉解く医院かな/原裕

初蝶が過ぎ北窓の顔起す/岸田稚

北窓を開き南の窓磨く/岸/洋子

北窓をひらき真正面に城/長田等

北窓を塞いで遠野物語/櫂未知子

北枕その北窓の霜のこゑ/鈴木鷹夫

北窓にありあまる空鳥帰る/原田喬

別になし我が北窓は塞がれず/月化

北窓の雪さへあかり障子かな/重頼

北窓の障子の穴の水平線/江草一美

北窓に春まつ梅の老木哉/正岡子規

北窓に眼やすめる月見哉/正岡子規

北窓を開ければ人の働けり/小島健

北窓は塞ぎ南に海を置き/高木晴子

北窓を開き故郷を恋う話/浦川哲子

北窓を塞ぎし山並遠くせり/星野椿

北窓の破れにすくや寒椿/正岡子規

北窓を塞ぎて尾瀬の卵焼/斎藤夏風

俳句例:21句目~

北窓を開けば竹の美しき/橋本鶏二

北窓を貫くやうに大氷柱/中村萌子

北窓を塞ぎ物影確かにす/百瀬美津

北窓を塞ぎて海を失ひぬ/江本怜子

北窓をふさげば昔還り来る/菅裸馬

山々の走る北窓塞ぎけり/阿以鎮雄

北窓を塞ぎし夫の声太し/清水玉代

文鎮の重さ北窓開きけり/能美澄江

楽屋裏めく北窓を開きけり/成井侃

猿が来て覗く北窓塞ぎけり/柴浅茅

男体の空へ北窓開きけり/君島京子

癌手術すみ北窓の桜満つ/小原俊一

郷土史を語る北窓開かれし/松浦釉

北窓を塞ぎぬ書庫も司書室も/森田峠

北窓を開き語らふ山がそこ/山田弘子

敵のごとく北窓に海雪囲/竹鼻瑙璃男

帰省子に北窓よりの風青し/相馬遷子

北窓やあまりに近き夏木立/正岡子規

塞いでしまって北窓の純粋/享本八与

北窓や熟柿のともる庄屋門/角川春樹

俳句例:41句目~

北窓をあけてめづらし宮の屋根/綾華

北窓を塞ぎて妻の遺影置く/宮田富昭

北窓を塞ぎ活字の中に棲む/山田弘子

噴煙の見ゆる北窓開きけり/平城薩を

北窓を塞ぎ世間に耳さとく/種市清子

北窓を開きて耳も目も聡し/吉川智子

不盡見ゆる北窓さして冬籠/正岡子規

北窓を根深畠にふさぎけり/村上鬼城

世過ごしや北窓塞ぐ山の民/飯田蛇笏

北窓を開け父の顔母の顔/阿波野青畝

北窓を塞ぐ鍛冶屋の煤け神/川西順子

仕事場の北窓塞ぐ笊屋かな/野村喜舟

北窓を塞ぎつゝある旅の宿/高浜虚子

北窓を塞ぎ煩悩とぢこめる/阿部寿雄

北窓を開けて干匂ひけり/宮本さかえ

北窓を開くレッスン五分前/辻田克巳

新仏ありて北窓疾く塞ぐ/後藤比奈夫

北窓に金色の凧あがりけり/橋石和栲

北窓に雁見き南窓に待つ/中戸川朝人

北窓を開くや尾根を人通る/佐藤母杖

俳句例:61句目~

北窓を開くは白き理髪師ぞ/宮田藤仔

豆柿の熟れる北窓閉しけり/室生犀星

退院の荷解き北窓開きけり/田中純美

北窓を開くにぬつと牛の顔/小島國夫

開きたる北窓に雨躍るなり/岸本尚毅

北窓を塞ぎし部屋の友見舞ふ/甲斐月生

北窓を塞ぎてよりの寡黙かな/中川博秋

北窓を塞ぎて今日の午睡かな/永井荷風

北窓を塞ぎて守る宗旨かな/大峯あきら

北窓を塞ぎて能登の旧家かな/塗師康弘

北窓を塞ぎ了へたり以下省略/鈴木鷹夫

棕梠高く剥ぎて北窓塞ぎけり/村山葵郷

北窓を塞ぐや一机あれば足る/小田尚輝

北窓を塞ぐ書斎の房めける/遠藤千鶴羽

北窓を開きさびしき峠見ゆ/鳥羽とほる

北窓を開きて海の香を吸へり/中川博秋

北窓を開きて皿を白くする/岩淵喜代子

北窓を開きて鍋の湯気を浴ぶ/金丸孝子

北窓を開き佐渡あり弥彦あり/佐藤五秀

北窓を開くこの世の鍵いくつ/宮本艶子

俳句例:81句目~

北窓を開くや山は生きてをり/楠部南崖

北窓を開く嘗ての祖母の部屋/草間時彦

北窓を開けておもしろ子育期/古川塔子

北窓を開けても還り来ぬ人よ/山田弘子

北窓開くおまへとは別れたい/如月真菜

天守閣北窓塞ぐことはなし/後藤比奈夫

子に釘をもたせ北窓塞ぎけり/新田祐久

山のほか見えぬ北窓開きけり/佐藤信子

山の辺の道へ北窓開けて住む/吉田愛子

山風に北窓閉すやところせく/飯田蛇笏

山鳩の声の北窓ひらきけり/山田みづえ

あけたての悪き北窓開きけり/青柳薫也

いくさ星北窓固くとざしけり/成田千空

一病を得て北窓を開きたり/金子ひさし

母の国見むと北窓開けにけり/川村六菖

母の家の見ゆる北窓塞ぎけり/升本栄子

潮しぶき来る北窓を塞ぎけり/巌谷小波

七回忌済みし北窓ひらきけり/東野礼子

北窓を塞ぐすなはち二重窓/水無瀬白風

北窓をあけて古りにし手摺あり/上村占

タイトルとURLをコピーしました