はまなすを使用した俳句

はまなすに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

はまなすを含む俳句例

はまなすや人工浜の遠浅に/村上辰良

はまなすや星近付けて遊女塚/堺信子

光降る中はまなすの花と棘/高澤良一

はまなすや樺太までを海の皺/飴山實

はまなすは浜の砦よ夏怒濤/藤木倶子

天無限恋も無限や濃はまなす/仙田洋子

墓ここも囲ふはまなす南限界/木村蕪城

はまなすの花と実半々五能線/高澤良一

はまなすや親潮と知る海のいろ/及川貞

はまなすや沖明りして濁る海/吉澤卯一

はまなすの籬の直下の碇泊区/石原八束

はまなすや落暉の色に濁る河/澤田緑生

はまなすの砂丘の果を作る海/稲畑汀子

はまなすに額をこがす女かな/岩田昌寿

はまなすの蕊のもつるる潮曇/橋本榮治

はまなすの渚をかへる放し馬/石原八束

はまなすや海の風切る一輛車/観山繁子

はまなすの棘が悲しや美しき/高浜虚子

はまなすや波に影ひく放牧馬/石原八束

はまなすや宵に相寄る峰と月/古舘曹人

俳句例:21句目~

はまなすの砂丘の果を作る海/稲畑汀子

はまなすの砂丘左右に波三里/石原八束

はまなすに一輛のみの江差線/岩崎照子

はまなすの花の起伏の宗谷岬/長尾岬月

はまなすや能因の道辿るべし/曽根正雄

はまなすや雲とまぎるる遠岬/和田祥子

はまなすが沈む湖底へ青の層/加藤秋邨

日輪は跳ぶはまなすの巖頭に/古舘曹人

はまなすの尖る莟に砂きよら/山口青邨

はまなすや沖に一筋潮の道/西谷不二江

はまなすや大き雲居る羅臼岳/飯塚秀城

はまなすやすぐ見失ふ沖の島/泉とし子

はまなすに幾度行を共にせし/高野素十

はまなすや沖に昨夜の時化濁り/今寛人

はまなすは暗き花とぞ沖の風/松村蒼石

母恋しはまなすの実の首飾り/山本祐三

燈台の陰はまなすの香を高む/古舘曹人

石狩の砂丘よ今は実はまなす/佐藤洸世

車より車椅子が出はまなすに/嶋田一歩

はまなすに言葉寄せ合ふ砂の道/古館曹人

俳句例:41句目~

はまなすに青天鵞絨の海昏るゝ/内藤吐天

はまなすの古江細江に加賀言葉/前田普羅

鋤ける海薔薇の仮説とはまなす/加藤郁乎

はまなすや豊後水道濃むらさき/横山康夫

はまなすの砂丘の中の一路かな/上牧芳堂

はまなすの砂丘縮まる傘のうち/古舘曹人

はまなすの花ひとつとて花の園/巌谷小波

はまなすの丘を後にし旅つゞく/高浜虚子

はまなすの駅に列車を切り離す/岩崎照子

はまなすは海霧を呼ぶ花低く這ひ/梶尾黙

はまなすや万縷の日屑岸に寄す/古館曹人

はまなすや仔馬は親を離れ跳び/高浜年尾

はまなすや字名にのこる鰊群来/澤田緑生

はまなすや心しばらく沖にあり/増田斗志

はまなすや映画になりし小燈台/西本一都

はまなすや沖にかゝりて船黒し/岸風三楼

はまなすや波のうへより濤襲ひ/岸風三樓

はまなすや波をなだむる砂の隈/成田千空

はまなすの曇れば棘も憂ひもつ/貞吉直子

はまなすに父の遺してくれた海/櫂未知子

俳句例:61句目~

はまなすの実の放浪をつづる紅/野沢節子

はまなすの実の生る頃の密航者/高澤良一

はまなすの実を抽出に休暇果つ/堀口星眠

はまなすの散るを促すのこぎり草/斎藤玄

はまなすの浜に拾ひし石一つ/石山/高子

はまなすやサイロの屋根の浜鴉/石原八束

はまなすや仔馬は親を離れ跳び/高濱年尾

はまなすや字名にのこる鰊来群/澤田緑生

はまなすや波のうへより濤襲ひ/岸風三樓

はまなすや湖に影ゆく親仔馬/沢田しげ子

はまなすや濤音慣れの昼寝漁夫/河野南畦

はまなすや象潟みちも遠くきし/石原八束

はまなすや天の扉にダリの刻/佐怒賀正美

はまなすや裸婦像永久に妊らず/桜庭梵子

渺茫と歩をはまなすの中よりす/古舘曹人

はまなすに海の日青く匂ひ初む/内藤吐天

はまなすに礁透く潮の幾尋ぞ/水原秋櫻子

はまなすに舟より太き汐木寄す/本多静江

はまなすや啄木とはに老ゆるなし/西本一都

はまなすの花と実の数実が勝ちて/高澤良一

俳句例:81句目~

はまなすや今も冲には未来あり/中村草田男

はまなすや人に生れてほ句作り/松根東洋城

はまなすやオホーツクの海重波す/巌谷小波

はまなすやクロンボルグ城潮早し/石原八束

はまなすに空気小流れつくりけり/高澤良一

はまなすや今も沖には未来あり/中村草田男

はまなすの咲けるを以て馬柵となす/森田峠

はまなすや鯛を寄せくる沖津波/水原秋桜子

はまなすや鬼城リフトで辿り着く/木下和子

はまなすや煙の汽車を知らない子/古賀祥予

はまなすや親潮といふふかき紺/豊長みのる

はまなすや江差通ひの船に乗り/寿々木米若

はまなすや舟ごと老ゆる男たち/正木ゆう子

はまなすの咲き広がつてゆく砂丘/嶋田一歩

はまなすや裏口に立つ見知らぬ子/中村苑子

はまなすや海に逝きたる墓多し/逢坂月央子

はまなすに遠白浪のこゑもなし/深草不二雄

はまなすに紅あり潮騒沖に鳴る/橋本多佳子

はまなすや海を見る眼は遠く置く/嶋田一歩

はまなすを吹いてテラスに及ぶ風/高澤良一

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました