裸婦を使用した俳句

裸婦に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

裸婦を含む俳句例

枯園や汎神論の如き裸婦/対馬康子

雪月夜裸婦の屍伏し~て/渡邊水巴

彫刻の森林浴の聖者/裸婦/倉本岬

裸婦像の仰ぐ大樹に恋鴉/大島民郎

ゴヤの裸婦一枚残し暦果つ/井桁蒼水

中指の絵の裸婦はみな花疲れ/皆吉司

裸婦の画に油の匂ひ麦の秋/吉村しづ

みつめられ汚る裸婦像暖房に/酉東三鬼

裸婦像や青松虫の青に濡れ/阿部ひろし

病者等の焚火に裸婦の表紙燃え/長田等

神庫壁の裸婦画は月に虫名残/宮武寒々

初暦どきりと裸婦の現れし/後藤比奈夫

墓参惨裸婦の如きが思わるる/永田耕衣

抽象の目の爛々と二科の裸婦/大島寛治

百号の裸婦アトリエに蝉しぐれ/斉藤節

小鳥来る手足の長き裸婦の像/上山茅萱

裸婦像の吐息沈めて冴え返る/小川廣男

裸婦像の寒の戻りに身を捩り/調/一子

裸婦像の背にある翼冬ぬくし/山谷文子

裸婦像は暗し外套群がりて/加藤三七子

俳句例:21句目~

裸婦素描朝の木の芽が外に光る/瀧春一

はまなすや裸婦像永久に妊らず/桜庭梵子

ぼろ市の裸婦の絵の美しすぎる/後藤立夫

裸婦のごと輝かに炭は窯を出づ/岩崎すゞ

ダリの裸婦見て風死ぬる交差点/田口風子

トルソーの裸婦の量感夏来る/松本三千夫

ブロンズの裸婦佇てる森青嵐/梅田実三郎

蟷螂の如き裸婦見て二科を出づ/山口青邨

マチス裸婦親しみやすく明易し/下田明子

ルノアールの裸婦は虹色冬に入る/瀧春一

旱梅雨剥げし絵に生く裸婦の唇/雨宮抱星

裸婦像の倒れくるなり日の盛り/柿本多映

裸婦像の背のよごれや厄日過ぎ/高木杏子

裸婦独りゐて/ポンペイの花曇/松田正徳

雨に濡れ裸婦折れ曲がる暦売る/石河義介

勾配こそ裸婦の幻想風花して/河野多希女

裸婦像のゆるき曲線ゆりかもめ/藤原詠津子

裸婦像の見据ゑる先の冬木の芽/伊東よし子

ゴヤの裸婦ドガの踊り子水澄めり/青木重行

花時や裸婦臥しパステル折れ易し/榎本愛子

俳句例:41句目~

ポインセチア肉むら厚き裸婦の像/加古宗也

花の雨温泉に裸婦ひとり匂ひやか/渡邊水巴

裸婦ねむく薔薇一瓣を解きにけり/岸風三樓

アトリエに未完の裸婦や麦の秋/原田かほる

鷹飛翔やめず巌湯に裸婦ひとり/大橋桜坡子

ルノアールの裸婦と私とカンナ燃ゆ/村田規子

浴後裸婦らんまんとしてけむらへり/日野草城

檳榔樹と裸婦擦りかはる夏日かな/磯貝碧蹄館

ゆきずりの湯屋の秋裸婦の背筋見ゆ/下村槐太

木の葉散るとき裸婦像に触れたがる/園/眞智子

グラビア版カレンダーあり薔薇と裸婦/高澤良一

裸木になつてみなされみんな裸婦/小串かずいち

裸婦の図を見てをりいのちおとろへし/日野草城

深海のしずかさで/裸婦の肢體を見ている吉岡禅寺洞

タイトルとURLをコピーしました