雪の夜を使用した俳句

雪の夜に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雪の夜を含む俳句例

墓の上雪夜の潮流れをり/岸田稚

雪の夜の座敷童子と自在鉤/春樹

篁の夜の査けくて雪の声/臼田亞浪

文業の竹林灯す雪夜にて/清水基吉

雪の夜や包みの紙の干肴/中川宋淵

雪の夜や命拾ひの話など/高野清美

かざり竹心に雪をもたせけり/亀谷

雪の夜の天地合掌はてしなし/照敏

薄雪の夜をたはむれの北枕/岩村蓬

雪の夜の繭と灯りて麹室/高橋睦郎

彳めば猶ふる雪の夜みちかな/几菫

畦の雪夜も解くるなり初蛙/藤原如水

雪の夜の一灯胸を去ることなし/雅人

一姫にニ太郎三は雪の夜に/木内彰志

雪の夜やわすれに梅匂ふ/松岡青蘿

老杉の奥を点して雪の夜坐/佐野美智

能面に血の通ひ出す雪の夜/吉田輝二

雪の夜を当つる枕は白鳥か/三橋敏雄

湯上りの身を載せ雪の夜の秤/桂信子

階段にズボン脱ぎ捨つ雪の夜/皆吉司

俳句例:21句目~

雪の夜や臥せば胸中水奏づ/根岸善雄

発心の言葉雪夜の方寸に/田川飛旅子

雪の夜の醤油かんばし蘭村/塚本邦雄

満月の夜は翅たたむ雪の嶺/木村敏男

雪の夜の踊子の痣かくすなし/岸田稚

雪の夜の薄絹人形首をまげ/古沢太穂

畳の目粗し雪夜をかへりきて/桂信子

雪の夜や家をあふるる童声/前田普羅

雪の夜の昇楽太夫あなとちり/岸田稚

雪の夜の勤行祖霊鎮めけり/岡田日郎

野も森も白衣白骨雪の夜は/大屋達治

産神に雪の夜さりの橇の鈴/深谷雄大

雪夜一路わが車追ふ車なく/野澤節子

雪夜眠る痛む喉など痛ましめ/所山花

紙幣とは雪夜香を嗅ぐためのもの/林翔

紙風船越の雪夜に妻がつく/肥田埜勝美

雪の夜かの世の音に耳澄ます/高林文夫

夫遠しわが量にふゆ雪夜の湯/吉野義子

妻の裾跨ぐ雪夜となりしかな/小林康治

過去帳に姑の名記す雪夜かな/影島智子

俳句例:41句目~

少年美し雪夜の火事に昂りて/中村苑子

月の夜の雪の立山まのあたり/中村汀女

酔うてまた階段降りる雪の夜/対馬康子

甕に入れ雪夜の水の自在奪ふ/宮津昭彦

甕の水雪夜は言葉蔵しをり/能村登四郎

雪の夜のパン売る雪の囮めき/斉藤夏風

雪の夜棒鮫むつちりと煮えぬ/矢島渚男

雪の夜の水屋にこもる檜の香/影島智子

雪の夜の浪除地蔵文弥かな/金子のぼる

雪の夜の紅茶の色を愛しけり/日野草城

雪の夜の絵巻の先をせかせたる/辻桃子

雪の夜の隣家の声は母へかな/原田種茅

雪の夜は厨邊の妻さへ遠し/加倉井秋を

雪の夜は洩れ灯糸ひく時親し/大井雅人

雪の夜は火斑奪ひに鬼が来る/佐川広治

雪の夜やひとり釣瓶の落つる音/千代女

雪の夜や遠つ世を鳴く鶏の声/佐野良太

雪の夜や重心のなき膝の猫/殿村莵絲子

雪の富士雑木林の夜を見ゆ/石橋辰之助

瞑れど雪の夜の燈の透りけり/佐野良太

俳句例:61句目~

雪夜寝て四囲を海とも野山とも/大串章

雪夜思ふ花咲蟹の濃き脂肪/小檜山繁子

精霊の凍みる雪夜を牡丹照る/渡邊水巴

雪山のきららの雪の夜を透す/石原八束

首出して夫婦雪夜を眠りをり/江里昭彦

雪の夜はピアノ鳴りいづおのづから/篠原

寝仕度に触れて鈴鳴る雪夜かな/村越化石

雪の夜の更けて雛の眉目描くと/桑田青虎

雪の夜の機音くどきゐるごとし/吉野義子

漣の影さし雪の夜の睡りぎは/鷲谷七菜子

一糸整然雪夜夢まで香をきく/加藤知世子

繭紡ぐごとく雪夜を重ねたる/金箱戈止夫

ふと覚めし雪夜一生見えにけり/村越化石

ねむりいて耳が孤独よ雪夜の父/寺田京子

雪の夜の子にほのぼのと種痘熱/細川加賀

去年今年雪夜雪片かさなり降る/斉藤美規

雪の夜の物語りめく寺院かな/池内友次郎

雪の夜や鐘つく人もあればある/横井也有

あくがれし雪国に来て飛雪の夜/大島民郎

雪の夜を灯して母は喪服縫ふ/古賀まり子

俳句例:81句目~

雪の夜を雨波貝ことに睡りけり/鴫戸奈菜

河豚ちりの白子とけゆく雪の夜/橘棟九郎

昔雪夜のラムプのやうなちひさな恋/鷹女

雪夜なる足はるかにし睡るかな/村越化石

雪夜にてことばより肌やはらかし/森澄雄

幕開いてひとり紅茶の雪夜かな/渡邊水巴

雪の夜のひびくは林へだつ瀬か/大島民郎

雪の夜のヘヤピン海の匂いもつ/寺田京子

雪夜来し髪のしめりの愛しけれ/大野林火

雪夜消す灯の残像の緋から青/千代田葛彦

雪の夜の夢見るものに海鼠かな/高橋睦郎

雪の夜に鉄匂はせて機械ほてる/三好潤子

雪の夜の息ひそめ聴く湖の音/鷲谷七菜子

子ら留守の雪夜晩年のごとく更く/茂里正治

客間洩る寝語りに雪の夜の明くる/宮武寒々

雪の夜はいつも彼の星あるばかり/高木晴子

雪の夜はせめて静かにしてゐたく/星野高士

湯に浸るごとく雪の夜抱かれをり/吉野義子

甘栗をむけばうれしき雪夜かな/芥川龍之介

登り窯の洩れ火のはねる雪夜かな/石原八束

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました