火の粉を使用した俳句

火の粉に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

火の粉を含む俳句例

夜風添ふ篝の火の粉初詣/風生

大榾の火の粉柱や年籠/松本浮木

篝火の火の粉か星か熊祭/北光星

七夕や火の粉糸ひく煙出/三橋敏雄

鰯船火の粉散らして闇すすむ/誓子

薪能薪の火の粉上に昇る/西東三鬼

どんど焼火の粉に狂ふ海の鳥/中拓夫

松例祭火の粉が落す杉の雪/升本行洋

焚火火の粉吾の青春永きかな/草田男

舞笛に火の粉飛び散る薪能/鈴木朗月

年の市煙を昇る火の粉疾し/小川軽舟

闇に飛ぶ火の粉の筋やお水取/酒井京

熔接のこぼるる火の粉行々子/石寒太

十能に火の粉を運ぶ夏の宿/伊藤敬子

流れ星火の粉一つの高上り/香西照雄

太陽の火の粉となつて鳥渡る/堀内薫

夕風の立ち来し火の粉薪能/稲畑汀子

くれがたの篝に火の粉薪能/山下一冬

虫追の火の粉に遅れ鉦の音/小林篤子

炎より弾ける火の粉初不動/松永浮堂

俳句例:21句目~

火桶より火の粉の一つ上りたる/杞陽

火祭の火の粉流るる星の中/深見けん二

火祭の火の粉に焦げし頬被り/中根映砂

うち仰ぐ眼鏡に火の粉お水取/池田秀水

お松明招福火の粉撒き散らし/高澤良一

火の粉払ふ袂をもたず牡丹焚/鈴木節子

水取の火の粉掃きゆく箒かな/野村泊月

お水取矢来を焦がす粗火の粉/高澤良一

お水取肩の火の粉を払ひ呉れ/高澤良一

火の粉散華悼む黒部の露の天/福田蓼汀

相聞や焚火火の粉は屋根の上/安東次男

百八燈峡の奢りの火の粉舞ふ/佐野玲子

火の粉とぶ朝空零下父生きよ/寺田京子

煙突をとび出す火の粉櫟の芽/宮坂静生

鵜篝の芯より火の粉はしり出づ/岸貞男

一瞬の火の粉いただくお水取/井上秀子

遠目にも火の粉こぼれて花篝/吉井莫生

夜風出て火の粉舞ひ立つ薪能/稲畑汀子

鬼会晴火の粉金粉闇に舞ふ/津留崎順子

火の粉浴び歓声あぐるお松明/田村和彦

俳句例:41句目~

薪能火の粉ついつい火を離る/山口誓子

松明の火の粉を浴びて盆の綱/中村阪子

大鍋にとびこむ火の粉蔵開き/太田寛郎

大鍋に火の粉舞ひ込む芋煮会/野原春醪

火祭りの火の粉降りこむ斑雪/遠山弘子

歳晩や火の粉豊かに汽車煙/中村草田男

落葉焚く火の粉煽りし風の鬨/河野南畦

残菊に火の粉波郷忌前夜かな/皆川白陀

豊年や汽車の火の粉の美しき/澤木欣一

総身に火の粉を浴びて厄落す/辰巳秋冬

篝火の火の粉と落花睦むなり/鈴木鷹夫

常に乗る鵜匠達にも熱火の粉/山口誓子

篝火の火の粉とびつく雪の城/角新草人

大松明の火の粉雪の粉鬼走る/松本竜庵

鬼祭火の粉が星にとびかかる/山本白雲

神杉の秀へ火の粉舞ふ八朔祭/佐藤栄美

砕かれて火の粉とぶ榾山始め/三森鉄治

引鶴や荼毘の火の粉の無尽蔵/黒田杏子

短夜の短き夢に火の粉かな/小檜山繁子

身にかかる傘火の火の粉曽我祭/玉利浮葉

俳句例:61句目~

うすべにの火の粉こほれる花篝/塚本邦雄

釣鐘に吸はるる火の粉去年今年/宮坂静生

鉄打ちて火の粉をとばす鍛冶始/遠藤芳郎

お水取火の粉に万の人群るる/滝川恵美子

かがり火の火の粉がとんで年女/石田郷子

雪を被し機罐車火の粉真新らし/河野南畦

ことだまの火の粉煽るや薪能/北見さとる

高張へ火の粉はねたり御松明/野上智恵子

鬼すべの火の粉明るき月へ飛び/西住三恵

鰤舟の火の粉を降らす網おろし/吉沢卯一

鵜篝のわが前に来て火の粉ふく/塚原幾久

厄落す火の粉とび散る雪の上/福田甲子雄

夏の夜の短き夢に火の粉かな/小檜山繁子

大榾の寝返り打てる火の粉かな/徳永寒灯

大榾は動かすたびに火の粉わく/長谷川櫂

大粒の火の粉飛びゆく恵方かな/矢田邦子

天蓋に結夏の護摩の火の粉かな/稲荷島人

修二会の赤き雪かな火の粉かな/吉川陽子

左義長の波に消えゆく火の粉かな/星野椿

待春の神事火の粉をよろこべり/中山純子

俳句例:81句目~

御松明の火の粉粉雪舞ひ上げぬ/川口黄秀

忘年の火の粉流るる竹の幹/鍵和田ゆう子

忘年の火の粉舞ひたる鯉の上/川上より子

悴めどまた火の粉浴び鬼が舞ふ/友岡子郷

懸想文売に火の粉の降り懸かる/前田攝子

掻き立てし火の粉のよぎる冬籠/岩田由美

月の面へ飛びつく火の粉お山焼/山田弘子

札焼くや月へ月へと火の粉飛び/高橋向山

水取の火の粉ふるふは魂ふるふ/西村和子

水取の紙衣の僧の火の粉浴び/粟津松彩子

水取や仰ぐ随喜の火の粉あび/田畑美穂子

滝道や火の粉のごとく紅葉散る/藤田露紅

瀧灯りかもめ火の粉の湧く如し/古舘曹人

火の粉とぶみづのとうしの終の闇/上村占

火祭りのふどし男に火の粉飛ぶ/高澤良一

火の粉密茶の花蕊が昏れてから/香西照雄

火の粉散る鵜匠の顔の佳し剛し/鈴木鷹夫

火の粉飛び氷上の闇うごくなり/臼田亜浪

火を溜めて火の粉一気やお水取/田中まり

火祭の火の粉たばしる廊阿修羅/黒柳美村

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました