いぬふぐりを使用した俳句

いぬふぐりに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

いぬふぐりを含む俳句例

先達の教え授かり地錦/高澤晶子

いぬふぐり水の光に眼は遊び/林翔

いぬふぐり青も乾坤蔵す色/坂井建

揚舟の傷縦横に犬ふぐり/橋本榮治

犬ふぐり屯す郵便受の下/高澤良一

空讃え水音讃え犬ふぐり/高澤良一

犬ふぐり堤飾るを怠らず/高澤良一

犬ふぐり少年合唱団のやう/山本歩禅

大空のもとの祭典犬ふぐり/高澤良一

抽出に小銭の記憶犬ふぐり/長谷川双

殉教の千の沈黙いぬふぐり/上柿照代

殉教の地の土赫し犬ふぐり/山田美保

犬ふぐり浴びる旭の真新し/高澤良一

星一つ西に生れて犬ふぐり/遠藤梧逸

停年や燦爛と日の犬ふぐり/皆川白陀

百姓の俄豆腐屋犬ふぐり/金子伊昔紅

厚底の靴に恋した犬ふぐり/三宅李佳

いぬふぐり百姓の橋低くして/有働亨

犬ふぐり集落のごと點在す/高澤良一

犬ふぐり心許なき日影得て/高澤良一

俳句例:21句目~

沢音も窯場への道犬ふぐり/小林康治

太陽の機嫌よき朝犬ふぐり/木村享史

犬ふぐり色なき畦と思ひしに/及川貞

犬ふぐり神の昌寿の跼みゐて/岸田稚

御手開げ青畝説法いぬふぐり/小澤實

扉なき森の入口犬ふぐり/安田汀四郎

風呂の水落す末寺の犬ふぐり/長谷川双

雀二つの猛きあそびや犬ふぐり/中拓夫

開発とは戦車の下の犬ふぐり/熊谷静石

日は赤く東京へゆき犬ふぐり/和知喜八

遺溝吹く風の続きに犬ふぐり/高澤良一

町中を水の音して犬ふぐり/濱田のぶ子

犬ふぐり藍より青き日を返す/石塚友二

犬ふぐり一寸離れて牛はこべ/高澤良一

これしきの雨に花とぢ犬ふぐり/森田峠

これやこの一番星の犬ふぐり/三村純也

一天へ申しあはせて犬ふぐり/吉田紫乃

犬ふぐり波郷旧居の跡もなし/清水白郎

犬ふぐり大地漸く乾きそむ/波多野爽波

傘さして庭墟にあるや犬ふぐり/有働亨

俳句例:41句目~

こんこんと日は恙なし犬ふぐり/森澄雄

犬ふぐり園児道無きみち好む/高井北杜

水湧きて形をつくす犬ふぐり/長谷川双

犬ふぐり咲けりと棺に従ひて/京極杞陽

国道の死者に線香犬ふぐり/百合山羽公

地錦など識り老ゆる同棲者/鈴木六林男

均等に日を配らるる犬ふぐり/高澤良一

犬ふぐり海辺で見れば海の色/細見綾子

野の草に醜草はなし犬ふぐり/稲畑汀子

大空を急ぐ音あり犬ふぐり/和田耕三郎

犬ふぐり畦の疾風に脚細り/千代田葛彦

子の頬にまたかすり傷いぬふぐり/林翔

学問の長きに娶り犬ふぐり/赤松けい子

晴天にあやかり点青犬ふぐり/香西照雄

犬ふぐり炭の嘆きも終りけり/石塚友二

犬ふぐり三時のバスが通つたぞ/有働亨

あを空の近寄つて来る犬ふぐり/守谷ゆき

いぬふぐり三時のバスが通つたぞ/有働亨

いぬふぐり今の話を聴いてゐし/西村和子

いぬふぐり堰落つる水力あり/秋元草日居

俳句例:61句目~

いぬふぐり昔は驢馬のパン屋来て/角長子

いぬふぐり踏む畦土は壊え易し/石塚友二

すぐそこに日暮が来るよ犬ふぐり/加藤紅

ちりばめて必死の花の犬ふぐり/戸梶一花

ふぐりまだもたず疾風の犬ふぐり/原田喬

もろともに路肩と崩れ犬ふぐり/高澤良一

わが俳句足もて作るいぬふぐり/西本一都

ガリバーの足が来てをり犬ふぐり/蔦三郎

ハレー来る地に大粒の犬ふぐり/橋本榮治

口あけて死者来る朝の犬ふぐり/坪内稔典

古利根の春は遅々たり犬ふぐり/富安風生

手術待つ我に生きよと犬ふぐり/山本歩禅

星座図に犬ふぐり座を加へなむ/平柳草子

春昼やものの細かき犬ふぐり/松本たかし

水音のかたさ失せゆく犬ふぐり/平子公一

汝に謝す我が眼明かいぬふぐり/高浜虚子

いぬふぐり雪山は雲湧き立たせ/斎木直治

犬ふぐり侍し無縁墓根ざすかに/香西照雄

犬ふぐり土のやさしさ語るかな/高木晴子

犬ふぐり屈みて山の陽を額に/平田よしこ

俳句例:81句目~

犬ふぐり川はなめらか音立てず/高澤良一

犬ふぐり愛し吾が一と日を愛し/原田青児

犬ふぐり指さし物はまだ言へず/西村和子

犬ふぐり星のまたゝく如くなり/高浜虚子

犬ふぐり殊勝といふに余りある/高澤良一

犬ふぐり瑠璃濃き日なり素陶干す/中村彌

犬ふぐり素直な心誰も持つ/阿部みどり女

犬ふぐり色似しと目を空へやる/高濱年尾

犬のふぐり花こまごまと古銭塚/青木重行

瑠璃てふは眼を洗ふ色犬ふぐり/村上杏史

生きること一所懸命いぬふぐり/松山足羽

盛りともなれば疎まれ犬ふぐり/谷口君子

目に入る花卉乏しくて犬ふぐり/高澤良一

脚下より湧きくる瀬音犬ふぐり/佐藤脩一

致死量の遊びせんとや犬ふぐり/三木冬子

花一つ一つ眼ざめて犬ふぐり/深川正一郎

軍港へ貨車の影ゆく犬ふぐり/秋元不死男

迷ひてもゆきつける道犬ふぐり/橋内五畝

郵便をふところにして犬ふぐり/遠藤梧逸

靴先に犬ふぐり咲きかたまれる/西村和子

タイトルとURLをコピーしました