狐色を使用した俳句

狐色に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

狐色を含む俳句例

枝豆の毛の狐色峰をかし/原石鼎

梅咲くや大方狐色の中/石塚友二

木洩日に狐色なす小判草/堀口星眠

母郷たしかむ焚火の芯は狐色/原裕

涅槃なり狐色して山並び/村越化石

茂吉忌の豆餅狐色に焼け/富田直治

優曇華や狐色なる障子紙/斎藤俳小星

ラグビーの野辺も稲城も狐色/山口誓子

山芝や枯れにぞ枯れし狐色/楠目橙黄子

田鳧来る田のひこばえの狐色/沖島たづ

蚕屋障子狐色にぞともりける/田村了咲

鬼百合や山の夕日の狐いろ/柴田白葉女

くちなしの実の証しなる狐いろ/高澤良一

咲く野梅きつね色どき過ぎつをり/篠田悌二郎

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ