陸/を使用した俳句

陸/に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

陸/を含む俳句例

西隣陸の筍伸びにけり/正岡子規

あけぼのや陸の水泡の白椿/林翔

鰯網陸近づけば潮騒ぐ/高浜虚子

鯨船祭潮なき陸を漕ぐ/渡辺過雁

短日や陸より早き船灯/高村寿山

遊船と並びて陸を歩きけり/篠原

総帆や陸を離れて天広し/三橋敏雄

鳶の声澄む正月の海と陸/茨木和生

初潮や陸の水汲む船女房/富田潮児

流氷の陸の境を示すなし/石川桂郎

鰆舟薄墨に陸暮れゆけり/根岸善雄

双陸や瀟々として春の雨/正岡子規

ぬれ鷺や陸にはなどて籬の花/露章

食卓に陸の花愛ず船の朝/横山房子

陸近く汐吐く船や秋の海/松藤夏山

海も闇陸も闇にて螢籠/山口波津女

陸羯南ここに生れて鳥帰る/辻桃子

海よりも陸荒々し昼寝覚/宮坂静生

陸尻の花田明りや燕来る/巌谷小波

寒潮や蜜月の陸雪あふれ/石原八束

俳句例:21句目~

陸の果巌の狭間の囲ひ船/新村千博

兄妹の相陸みけり彼岸過/石田波郷

碇泊三日青麦に湧く陸の風/下田稔

六月の陸美しや磯なげき/山本歩禅

水中は陸の明るさ蟹歩く/猪俣千代子

雪催陸封されてわれありぬ/櫂未知子

風音の陸は椿の夜となりぬ/桜井博道

鱚釣りや青垣なせる陸の山/山口誓子

海の青深まれば陸枯れ始む/西村和子

その先に陸なき空を鳥渡る/高橋悦男

そば陸穂丸い山越す秋の風/寺田寅彦

鶉たつ道陸神のほとりかな/野村喜舟

秋航の陸の一灯いつまでも/行方克巳

ふいに陸消ゆる淋代山背寒/鈴木鷹夫

秋風や船の炊ぎも陸の火も/中村汀女

筋肉は清明なもの陸蒸気/高橋たねを

聖樹点滅窓に陸の灯港の灯/福田蓼汀

船に乗れば陸情あり暮の秋/高浜虚子

船頭や陸へ出る日を衣がへ/正岡子規

一升に五合まぜたる陸穗哉/正岡子規

俳句例:41句目~

一塊の黒を陸とし藻刈の夜/斎藤梅子

家船も陸つきあひの祭寄附/村上青史

人が呼吸する陸で火の匂い/佐藤佳希

艀の犬秋日が赤き陸を吠ゆ/右城暮石

内海も陸もさみどり鱚の頃/稲見碧子

草蝉や陸やどかりは夜歩く/矢島渚男

冬海と陸とかたみにふかく入る/篠原

初明り陸は岬を突き出して/庄中健吉

蒸鰈海よりも陸さきに昏れ/児玉輝代

去来忌を乾く硯の海と陸/鈴木六林男

四万十川の陸行一日鮎の宿/岡本輝久

蛍烏賊松風陸を離れざる/金尾梅の門

夏すでに陸封のわが晩年ぞ/三橋敏雄

袋掛月下うすうす陸見えて/渡辺純枝

豊年の陸よりこぼれ夜泳ぐ/加藤武生

造船所陸の大船へ桟せまき/細谷源二

陸の富士海の富士見て年新た/太田嗟

陸の果てまで千年藤枝分れ/藤川游子

寒風の陸灯船の灯が加はる/右城暮石

小嶋から陸へ五町の渡り鳥/正岡子規

俳句例:61句目~

陸の果の風に職工坐り病む/細谷源二

陸の灯の花のごとしや漁始/青木泰夫

陸はもと海なり青き竜の玉/中村苑子

陸を眼の前に遠泳折り返す/右城暮石

陸尽きて海の始まる冬怒濤/高橋悦男

念仏のごとき声出す陸の鴨/鈴木鷹夫

接岸の流氷なほも陸を押す/中村正幸

陸果つるまで澎湃と草の花/近藤潤一

早鐘を打ちいる陸を遠ざかる/森田廣

陸行かば稲本角海老大文字/攝津幸彦

晩夏なり陸を離れて沈む石/柿本多映

陸離る帰燕の空は鳶のそら/高澤良一

雛過ぎの陸を失ひたる水夫/齋藤愼爾

梅雨深し鯨が陸を歩きし日/矢島渚男

雪とべり陸へ傾ぎて岩と濤/宮津昭彦

えり挿すや陸の雪景日に穢れ/西島麦南

鵜飼一生水の匂ひを陸に曳き/野沢節子

かへりみて陸は遠しや汐干狩/福島閑子

陸のかくくぼみし硯あらひけり/西山誠

青の陸日本つくづく山ばかり/右城暮石

俳句例:81句目~

船乗のデッキに見つむ陸萌ゆる/下田稔

陸の灯に舟の灯重ね管絃祭/山根まゆみ

舟を上れば陸の雑音蜩に/安斎櫻カイ子

陸月富士翼のごとき雲もてり/山吉空果

みな陸を向き陸前の夜光虫/高野ムツオ

みれんなく陸後にせり春の雁/松村蒼石

葱坊主陸ぽたぽたと雨漏りす/山中葛子

八十八夜すべての波が陸めざす/原田喬

水行陸行卑奴母離に禽鹿の径/高柳重信

舟遊び陸のかすめば黙りけり/佐野良太

地球儀の陸のももいろ鳥帰る/宮坂静生

夏曉の浪の穂に生れ陸みどり/桂樟蹊子

海は静かに陸と接しぬ秋初め/鈴木鷹夫

大寒の陸打つて波おどろけり/斉藤美規

奔放な北風が海巻く陸は未完/斉藤夏風

一海里陸離るれば星月夜/たなかしらほ

島人に陸の汽車ゆく初景色/秋元不死男

川の面に映す陸の灯夜涼の灯/稲畑汀子

蚊遣草陸兵と刈りわかちけり/皆川白陀

干拓地まだ陸ならず雪降りて/茨木和生

タイトルとURLをコピーしました