母屋を使用した俳句

母屋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

母屋を含む俳句例

霊祭母屋の妻戸の音は何/服部嵐雪

淋しさに来れば母屋も砧かな/孤舟

柚の花やゆかしき母屋の乾隅/蕪村

母屋より壊れてゆきぬ蟇/柿本多映

七草をうち出しけり母屋の灯/裸馬

母屋貸し離室暮しの冬籠/中田余瓶

雪解や母屋の裏の母の声/岡本高明

春月は蔵と母屋の間より/山本洋子

母屋の灯よぎる人影秋すだれ/桂信子

傾きし裏の母屋の蚕飼かな/高野素十

手花火に浮ぶ母屋の大庇/菅野あたる

朝鈴や母屋へ赤子抱きゆく/井上弘美

籾漬けて夕映色の母屋の灯/大熊輝一

長き土間抜けて母屋の春灯/秋山未踏

萱葺の母屋の匂ひ盆帰省/飯田眞理子

母屋より街道みえて日永かな/辻桃子

瓢棚母屋の古井晒しけり/長谷川零餘子

満月に少し欠けたる母屋かな/永末恵子

すゑ摘の母屋の柱に飛蟻かな/高井几董

冬ごもり母屋へ十歩の椽傳ひ/蕪村遺稿

俳句例:21句目~

前蔵と向き合ふ母屋目貼剥ぐ/手塚美佐

十五夜の干草の香の母屋まで/太田土男

梨の花とんで母屋の塵となる/平畑静塔

母屋から声つつぬけや別れ霜/橋石和栲

懸煙草納屋と母屋をつなぎをり/堤京子

母屋の御簾に葵の枯葉風薫る/正岡子規

曇天の母屋に風邪の老婆かな/廣瀬直人

梅雨昼の母屋に納屋の馬鹿笑/河野静雲

稲架けて刀根を塞ぎて母屋大/久米正雄

臍の緒を母屋にしまひ兎狩る/大石雄鬼

苗床をかこみて母屋納屋厩/長谷川素逝

風鈴や母屋浄房と音を分つ/島村元句集

大声に西瓜切りしと母屋より/吉田みち子

雨の花野来しが母屋に長居せり/中塚響也

姉肥えて母屋の宴に割り込めり/味元昭次

日の中の母屋ひつそり芋水車/山田あい子

鞦韆の子らよ母屋の灯りたり/金尾梅の門

あはあはと母屋点れり蚕の初眠/近藤一鴻

飼屋の灯母屋の闇と更けゆきぬ/芝不器男

雪の旦母屋のけふりのめでたさよ/蕪村遺稿

俳句例:41句目~

しんしんと雪降り遠き母屋かな/深川正一郎

煤了へぬと母屋より迎よこしけり/高田蝶衣

さんしゆゆの鶸色に母屋没しけり/高澤良一

雛あられ母屋の雛もまだ見ずに/長谷川かな女

青桐や母屋は常にひつそりと/中村汀女「都鳥」

母屋より高く夏蚕の部屋灯る/蓬田紀枝子「青山椒」

タイトルとURLをコピーしました