一枝を使用した俳句

一枝に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一枝を含む俳句例

碑に山吹一枝走り出し/上野泰

山茶花は漱石の花一枝折る/時彦

一枝の椿を見むと故郷に/原石鼎

一枝に紅白梅の咲く力/坊城中子

一枝の桃の木陰の雛哉/正岡子規

建長寺さまの山門梅一枝/角光雄

凭れあひて一枝動く軒の萩/白雄

活けし梅一枝強く壁に触る/誓子

水晶の商談壺に梅一枝/木村蕪城

水に漬く大き一枝や舟遊/辻桃子

返り咲く海棠一枝枕花/黒田杏子

杉垣の外に一枝梅の花/正岡子規

梅一枝莟十まり月のなか/中田剛

一枝は薬の瓶に梅の花/正岡子規

雪柳一枝挿して仏ごと/高澤良一

雪折の椿一枝に蕾あり/高浜年尾

雛二つ桃一枝や床の上/正岡子規

南天の一枝飾りて桜鯛/高木晴子

金網に梅一枝の絶縁かな/仁平勝

金杉や早梅一枝垣の外/正岡子規

俳句例:21句目~

白萩の波に紅さす一枝あり/龍男

一枝や魁け咲ける梅庇/鈴木花蓑

夜桜の一枝長き水の上/高野素十

梅一枝挿し街中を船下る/奥田恵美

峭崖や一枝一花の朴匂ふ/山口草堂

七夕や芭蕉人麿一枝に/島村元句集

白梅の一枝に湯立ち雪の釜/原石鼎

病人に一枝見せん梅の花/正岡子規

元朝や窓に横たふ梅一枝/角田竹冷

柊の一枝ゆるがし囀れり/前田普羅

炉塞や一枝投げさす猫柳/前田普羅

白椿一枝の先の重さかな/飯村周子

青簾綾目に楓一枝かな/東洋城千句

遠雷の一枝に来し蝶々かな/原石鼎

澁柿の一枝重きわらじ哉/正岡子規

虫はみて一枝赤き李かな/正岡子規

連翹の一枝円を描きたり/高浜虚子

残る生へ一枝走らせ枯芙蓉/斎藤玄

紅梅の一枝檐の灯に映ず/正岡子規

竹外の一枝は霜の山椿/水原秋櫻子

俳句例:41句目~

一枝の牡丹酬ゆる新茶哉/正岡子規

寒林の一樹一枝も衰えず/一ノ瀬操

塔の陰なほ花保つ一枝あり/桂信子

宵闇や一枝見ゆる庭の松/岡本松浜

一枝に一輪十月桜かな/片山由美子

山吹の黄の一枝に春送る/小澤碧童

山吹の一枝走れり修羅落し/鈴木元

花ふふむ一枝を水にさしのべて/黛執

菊活けて黄菊一枝殘りけり/正岡子規

蝉時雨楓一枝もみぢして/佐野青陽人

連翹の一枝づつの花ざかり/星野立子

連翹の一枝走る松の中/阿部みどり女

こぶし一枝投げて丹波の男壺/森澄雄

万蕾の一枝ほころび貴妃桜/大石悦子

世に匂へ梅花一枝のみそさざい/芭蕉

長命寺樫の樹頭の一枝噴く/石田波郷

青柚子の一枝が隠す外厠/長谷川秋子

ひねくれし一枝活けぬ花椿/正岡子規

冬の水一枝の影も欺かず/中村草田男

青梅の一枝漆黒の塀に垂れ/内藤吐天

俳句例:61句目~

地借衆へ一枝づゝやもゝの花/炭太祇

家系樹の端の一枝に絞首刑/江里昭彦

わが翳る実朝やぐら梅一枝/桂樟蹊子

富士を截る一枝平らに朝桜/吉野義子

寒梅の一枝を鉄の壺に挿す/館岡沙緻

山上湖一枝映し紅葉かな/東洋城千句

一枝が剌す冬青き空修学院/館岡沙緻

山吹や一枝をたるゝ渦の中/野村喜舟

山萩の一枝を弾ねし猿かな/鈴木鷹夫

斧始きぶし一枝もち帰る/加藤三七子

一枝に四輪は多し冬のうめ/正岡子規

一枝の必ず伸びて桑枯るる/京極杞陽

鳥交る花の一枝花こぼす/瀧澤伊代次

桑の実の一枝を供へ繭供養/熊田鹿石

一枝の紅葉そへたり妹が文/正岡子規

一枝の花おもさうや酒の酔/正岡子規

梅の花一枝ごとに空を持ち/嶋田一歩

梅一枝昼の妻とも久しかり/松山足羽

一枝の走りし寒の虚空かな/倉田紘文

紅梅の一枝とどく楮小屋/野崎ゆり香

俳句例:81句目~

紅梅の一枝ほころぶ鶴の墓/山田弘子

紅梅の花の乏しき一枝かな/嶋田麻紀

紫禁城の土塀の外の柿一枝/伊藤敬子

老ながら一枝痩せて梅の花/正岡子規

舞塚へ一枝張りたる山桜/瀧澤伊代次

あめつちの明暗ぐさと梅一枝/三橋鷹女

山吹の檜垣抜け出し一枝かな/富安風生

百合一枝あまり短く折にけり/会津八一

馬追や月をよこぎる萩一枝/水原秋櫻子

走り咲く萩一枝や避暑の宿/五十嵐播水

山吹の咲き後れたる一枝濃し/伊藤月草

磚榻に一枝を置けり木瓜の花/川崎展宏

秋桑の一枝抽きてかゞよへる/久米正雄

桔梗一枝狐がくはへ来りけり/草間時彦

山吹の一枝にかゝる水勢かな/前田普羅

紅梅を振り出だしたる一枝あり/大串章

紅薔薇の一枝を添へし破門状/鈴木鷹夫

柿一枝もち打擲の意をみたす/古館曹人

胸押して来る一枝より剪定す/小原啄葉

梅一枝もち去らむとし歩みゆく/斎藤玄

タイトルとURLをコピーしました