小店を使用した俳句

小店に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

小店を含む俳句例

川崎や小店小店の梨の山/正岡子規

鳥渡る父終生を小店守り/大塚信子

むき蜆花散る里の小店かな/高田蝶衣

人形のならぶ小店や菊の花/正岡子規

人形をきざむ小店や菊の花/正岡子規

冬さるゝ小店や蜜柑薩摩芋/正岡子規

冬枯や奈良の小店の鹿の角/正岡子規

藍染の小店暖房きき過ぎる/金丸直治

木槿垣草鞋ばかりの小店哉/正岡子規

行く秋や奈良の小店の古佛/正岡子規

酒冷す清水に近く小店あり/正岡子規

水仙と唐筆を売る小店かな/河東碧梧桐

冬立つや濱の小店のみもち犬/高橋睦郎

柿ばかり竝べし須磨の小店哉/正岡子規

道ばたに赤い菊さく野の小店/正岡子規

道祖神ありし氷の小店あり/松浦沙風郎

門前の小店うれしや甘茶寺/楠目橙黄子

飯くはす小店もなくて桃の村/正岡子規

餅花や小店ながらに美しき/名和三幹竹

芋阪に芋を賣らず團子賣る小店/正岡子規

俳句例:21句目~

ゆく秋や小店はおのが正念場/鈴木真砂女

小店それなりの売上菜種梅雨/鈴木真砂女

新酒あり馬鹿貝を得つ野の小店/正岡子規

赤飯の湯気あたゝかに野の小店/正岡子規

香水の小店原宿シャンゼリゼ/石川星水女

駄菓子賣る村の小店の木槿かな/正岡子規

べつたら市の小店尽きたり糀樽/山田みづえ

衣更へて小店一つをきりまはし/鈴木真砂女

雪凍てしゆきゝに灯す小店かな/金尾梅の門

豆撒くや小店の持てる部屋二つ/鈴木真砂女

五月雨や戸をおろしたる野の小店/正岡子規

湯婆などむかしむかしを売る小店/杏田郎平

煤掃きつゝも商へる小店かな/阿部みどり女

避暑散歩手作りジャムの小店まで/高間礼子

麦熟るる村の小店の留守がちに/佐藤由比古

椅子十脚でこと足る小店水を打つ/鈴木真砂女

愛宕下りて通る祭の小店中/松瀬青々「松苗」

タイトルとURLをコピーしました