歳月を使用した俳句

歳月に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

歳月を含む俳句例

歳月の暗き沼より鷦鷯/森澄雄

歳月や老年に草芳しき/森澄雄

歳月はいま急流や実南天/北登猛

山門に古りし歳月勝頼忌/深沢京

歳月の八十八夜銀の匙/伊藤君江

歳月や夜霧の中を鉱滓車/穴井太

歳月の露こそ走れ翁塚/小林康治

霜真白歳月土に新しき/野澤節子

雁や歳月沈む石の下/櫛原希伊子

絶海の漂流壜の歳月よ/三橋敏雄

夫と来し歳月を財青嵐/黒坂綾子

病葉や歳月つもる塔の膚/桂樟蹊子

山羊の髯梳くは歳月風車/中島斌雄

爼の傷の歳月胡瓜もむ/藤井寿江子

歳月のように崩れる遠花火/冬木喬

歳月の鈍き飴色籐寝椅子/狩野朝子

火を創るにも歳月や鳥渡る/大串章

歳月をわれし得ず鴨帰る/杉山岳陽

恙なく九十七歳月今宵/田中えみ子

歳月や蜜の香のせる木下闇/岸田稚

俳句例:21句目~

歳月を語る露けき窟の彩/稲畑汀子

人縛るものに歳月冬の雁/伊藤敬子

歳月は砂山となる夏帽子/対馬康子

癌癒えてよりの歳月冷奴/添野かよ

歳月の石段まろし夏椿/日浅千恵子

青の洞門歳月幽き秋湿り/関根紀恵

歳月の磔像の錆冬の風/木場田秀俊

お花畠雲歳月を押し戻し/福田蓼汀

朴落つる音の歳月過ぐる音/斎藤玄

雁渡し歳月が研ぐ黒き巌/大野林火

栗の花歳月詩神信じ来し/河野南畦

根つめて歳月逝かす日日草/大牧広

学生と在りし歳月鳥曇/上野さち子

歳月が倒れ行くなり薄桜/永田耕衣

歳月や異人の砦梅雨募る/小林康治

歳月が凡に落着く根深汁/清水基吉

確執を歳月消しぬ年賀状/牧野寥々

天壇の瑠璃の歳月秋の天/伊藤敬子

歳月や地獄も霞む硫黄島/川崎展宏

硯面の歳月の疵洗ひけり/藤井凌雪

俳句例:41句目~

夫婦てふ歳月刻む梅焼酎/三木節子

歳月の母の胸裸の冷まじや/小林康治

うすれゆく歳月へ結ふ笹粽/武居国子

歳月の流れてけぶる松の花/山口誓子

歳月の素肌のように柿若葉/坪内稔典

歳月の障子の疵を洗ひけり/鈴木龍生

歳月の風吹けば翔び沙羅の花/小林実

歳月のささやき山帰来の花/鷹羽狩行

歳月は心の流転花は葉に/吉村ひさ志

歳月は水にもありて冬紅葉/宮原双馨

歳月やまた鉄骨の冬錆びて/杉山岳陽

歳月や大きな鮑がやや動く/和知喜八

歳月は人を隔てし木の葉髪/本岡歌子

みづからの歳月を経し山桜/津田清子

わが箸の白の歳月水溢れる/寺田京子

セーヌ川航く竪琴と歳月と/伊丹公子

歳月や秋蚕の棚にひびきあう/安西篤

久女逝きし歳月杳と冬日向/伊藤敬子

歳月や風船虫に会はざるも/石川桂郎

人の世の歳月もまた明易し/下村梅子

俳句例:61句目~

歳月や魚?秋の風に痩せ/猿橋統流子

死者に無き歳月烏瓜手繰る/佐野美智

母の亡き歳月長し梅を干す/菖蒲あや

母の背の丸き歳月茄子の花/大堀春野

冬銀河歳月をもて測る距離/辻美奈子

凍死者に朝の太陽躍り出づ/結城昌治

切干に妻の歳月ありにけり/早立栄司

泥底につもる歳月たひら貝/山田尚良

流燈に川の歳月古りにけり/石谷秀子

浮く雲に歳月はなし枯木山/大井雅人

焼薯屋佇つ歳月はすべて雪/成田千空

片削ぎのままの歳月栃黄葉/福永耕二

鬱然たる樟の歳月葉を落す/川崎展宏

四月馬鹿歳月誰か幸あらむ/石原八束

埋火や歳月煌と過ぎゆくも/角川春樹

献水に寄せる歳月原爆忌/金田八重子

夫の亡き歳月淡し松の花/塩谷はつ枝

瓢箪のくびれる前の歳月や/山崎佳子

石斛に庭の歳月たゞならず/秋吉方子

臘梅が咲き歳月の流れだす/家里泰寛

俳句例:81句目~

花の歳月ふところに墓一つ/篠崎圭介

寡夫めける歳月の中椿実に/大内英衛

山笑ふ歳月人を隔てけり/鈴木真砂女

花透いてわが歳月のはかなさや/龍男

蟲干しや絹の歳月均らされて/渋谷道

蟻地獄歳月人をへだてけり/青木重行

被爆地の歳月封じ小米咲く/宮崎良樹

贋作に歳月の艶枇杷の花/中戸川朝人

身ひとつの歳月迅し蓼の花/坂間晴子

怠りの歳月を埋め飛雪なほ/小林康治

悴みて洋奴たりゐし歳月よ/小林康治

連翹や歳月我にうつつなし/角川源義

鉛筆を削りしまでの初仕事/結城昌治

雪つもるつもる歳月何得しや/石井保

飾り臼歳月母へつもりけり/黒木野雨

馬酔木咲き歳月戻す雨の中/古館曹人

春疾風歳月に耳朶奪はるる/河野南畦

歳月のいま鎮まりし葛湯かな/渡辺澄

歳月のくらき坂より初音売/宮坂静生

歳月のすこし呆けし黄水仙/漆島文子

タイトルとURLをコピーしました