手首を使用した俳句

手首に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

手首を含む俳句例

人妻の手首は細し青嵐/筑紫磐井

手に手首足に足首更衣/福田新樹

ふるさとの手首足首桃雫/攝津幸彦

温石を手首に結へ大根引/高濱年尾

吊革に手首まで入れ秋暑し/神蔵器

夏痩の手首に重き腕時計/中山梟月

蜂の巣のぶらり仁王の手首かな/一茶

胡弓ひく手首の太き風の盆/館岡沙緻

一葉忌手首細くも働く手/鈴木真砂女

白塗りの手首窶れし姉弟/宇多喜代子

針供養白い手首が百あまり/木村照子

見較べて手首ほどある芋の茎/高澤良一

風船に縛られてゐる手首かな/平松岐枝

マネキンの手首に切目紫木蘭/相子智恵

勝ち負けは手首の返し投扇興/三橋早苗

黒南風や手首重たき朝餉前/日越意津子

寒卵手首やはやは貰ひけり/高良満智子

手首なる汗の中より光りにじむ汗/篠原

手首より覗く冬襯衣わが神父/草間時彦

新生児の手首に名札小鳥来る/中川靖子

俳句例:21句目~

曼珠沙華手首足首ぼろぼろに/攝津幸彦

秋の暮手首いきなり掴まるる/岩城久治

秋暑く手首尾狂ひし邯鄲師/文挟夫佐恵

花あしび手首に子供の頃の傷/鳴海清美

ほうたるや闇が手首を掴みたり/藤田直子

ビニール製団扇手首の疲れるよ/高澤良一

咽喉細く手首も細く旅なかば/宇多喜代子

胡麻叩く手首の力やさしくし/猪俣千代子

蛍火や手首ほそしと掴まれし/正木ゆう子

螢火や手首ほそしと掴まれし/正木ゆう子

子を産んで手首ほろほろ夏兆す/鎌倉佐弓

手毬つく手首天地へ上下せり/鳥居真里子

時計なき手首のびやか蓬摘む/平井さち子

春眠の手首やカフスをして覚ます/奈良文夫

愛憐し児が毛糸の襯衣を手首にす/山口誓子

枇杷すする母は手首に輪ゴムはめ/沢村和子

巻かれゆく毛糸よ手首現れにつゝ/林原耒井

血止草ひがな手首を見て暮らす/鳥居真里子

責め鬼の手首の白く見えにけり/小島千架子

数珠巻く手首火の意が清し日焼けてぞ/磯貝碧蹄館

タイトルとURLをコピーしました