東/を使用した俳句

東/に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

東/を含む俳句例

灯れば東廓の時雨傘/高野典

初鴉東の方を新枕/夏目漱石

西東ちがふ春潮珊瑚礁/青畝

初烏東へ北へなく千鳥/紫暁

花散るや佃大橋東詰/斉藤夏風

西吹は東へたまる落葉哉/蕪村

拙宅の東石垣菊月夜/鈴木鷹夫

桃赤し山の東の古砦/正岡子規

稲妻や昨日は東今日は西/其角

金銀の色よ稻妻西東/正岡子規

春寒し鶯移る江の東/正岡子規

送行の雨又雲や西東/飯田蛇笏

秋の蜂萩の土塀を西東/飴山實

西東六条詣春日かな/小澤碧童

第一樹東に倒し山始/穴井研石

あかね雲西に東に明易き/原石鼎

西を見て東へ歩む梅林/鈴木鷹夫

初御空八咫の鴉は東へ/皿井旭川

鉢叩五条東に行く声す/寺野竹湍

松風や海東に暮るゝ春/尾崎紅葉

俳句例:21句目~

酒蔵の西も東も野火煙/山田弘子

北風に雲は東し南しぬ/京極杞陽

西の鐘東の鐘や豆ご飯/岸本尚毅

しぐるるや駅に西口東ロ/安住敦

城塞の東固めて囀れり/太田土男

蝙蝠や西焼け東月明の/平畑静塔

花は葉に東鑑にのる社/高澤良一

戸明くれば東街道や冬籠り/几董

天草や東の方へ霞濃く/松藤夏山

寒釣の西し東し潮満つ/西矢籟史

稲妻やきのふは東けふは西/其角

明烏けふの寒さも東より/千代女

東の黒点となる候鳥/宇多喜代子

海東の法窟の梅心当て/高澤良一

東拝めば小骨透く鳥獣/竹本健司

草庵の東隣は野梅かな/松岡青蘿

甲州路西も東も袋掛/野島寿美子

煮東を旦夕やひとり住/黒柳召波

鶯や東よりくる庵の春/正岡子規

西に富士東に筑波芹洗ふ/大島竜子

俳句例:41句目~

母好む東枕に梅ほころぶ/川村紫陽

西か東かまづ早苗にも風の音/芭蕉

行春や浪華に遊ぶ東の妓/高濱年尾

初凪の針路東へ多島海/三戸都起子

初浅間噴煙ひがし東へと/小山梧雨

渡り鳥来たり東の国の端/折井愚哉

博打汁父は東に非は西に/攝津幸彦

欄干や東に見ゆる春の山/正岡子規

地平まで西も東も青田波/加藤耕子

夏書せん暗き一間の東窓/羅蘇山人

夜は雲の東に透きて春隣/野澤節子

川上は東と見えて天の川/正岡子規

馬の尾の東になびく柳哉/正岡子規

舞子より東へ向ひ初電車/千原叡子

蓬莱や東にひらく伊豆の海/秋櫻子

東に開く入江や明け易き/島田青峰

陸奥の牧東に開け春の海/石井露月

菜の花や東へ下る白拍子/寺田寅彦

新米を河の東に運びけり/正岡子規

西東鳶の出初や四日晴れ/金沢辰生

俳句例:61句目~

笛吹くは東の対よ春の月/正岡子規

東にお尻を向けて潮干狩/内田利之

すね給ふ東面やネハン像/正岡子規

明易き無情の東川急ぐ/殿村莵絲子

西吹けば東にたまる落葉かな/蕪村

東へ低き冬山手紙待つ/馬場移公子

春の夜の五條東す車かな/正岡子規

西ふけば東にたまる落葉かな/蕪村

七種や西も東も雪の山/大峯あきら

春の草東に水の見ゆる哉/正岡子規

春分の西も東も海ばかり/中村棹舟

西の塔より東へと秋の蝶/鷹羽狩行

東の星の光やクリスマス/日野草城

春風や東へ片帆西へ真帆/正岡子規

永代を東へわたる春の雪/室積徂春

予の国も東のはての後の月/つる女

星はみな東を嫌ひ鬼やらひ/中拓夫

西に星東に星の椿かな/藤田あけ烏

炉に一夜あと西東夏木立/宇佐美目

木犀や東にうごく高気圧/内田美紗

俳句例:81句目~

蕗の薹噛むや人の死西東/渡辺桂子

東あり望楼がある凍死体/寺田京子

火噴く山西に東に年明くる/桂信子

東より西より柄杓花御堂/鷹羽狩行

鴨すべて東へ泳ぐ何かある/森田峠

鵙叫び富士の横雲東す/佐野青陽人

今年も東より出る初日哉/正岡子規

粥柱ひんがしは雪西は雨/寺井谷子

初猟の東白みに漕げる舟/水原秋桜子

去年見しは東へ通る郭公/大坂-呉花

山側の東に当るやぶれがさ/石川桂郎

戸あくるや萬歳來る東より/正岡子規

日と月の睨みあひけり西東/正岡子規

春の日の友訪ふ舟や江の東/正岡子規

春の星西や東に子を散らし/西村恭子

春雨や茶に呼東舎と西隣と/松岡青蘿

月いまだ東にありぬ人の声/永末恵子

朝な朝な萬才東へ霞み行く/正岡子規

東から西から着物きて帰る/永末恵子

東にかくも透徹の月耕す音/金子兜太

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました