左右/を使用した俳句

左右/に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

左右/を含む俳句例

潮境右し左し鰆舟/水見悠々子

面影や暦左右指す恵方棚/言水

左見て右見て吹かず祭笛/湘子

外房線右に左に金盞花/河野彩

囀の左移りや右移り/中村汀女

門松に右し左す矢來町/正岡子規

水の月右に左に舟涼み/鈴木花蓑

郭公は右鶯は左から/正木ゆう子

左右より松の梢や初詣/山口青邨

時鳥右の耳より左より/正岡子規

道成寺堂の左右の紅蓮/河野静雲

白杖の右も左も青浄土/村越化石

右斜め左斜めや今年竹/林三枝子

右も坂左へ登る芒かな/皆川白陀

右の耳左の耳の蚋払ふ/東原芦風

山祠左右の扉に松飾り/石原栄子

長城の分ちし左右の夏の山/上村占

真菰刈る右に左に雨の粒/清原枴童

白玉の右へ左へ運ばるる/岩田由美

左右より話一度に日短/五十嵐播水

俳句例:21句目~

畑打の右も左も名所かな/尾崎紅葉

蘗や愛は左右の頬打たす/有馬朗人

牛の尾が右に左に初景色/大畠新草

月輪の右に左に橇を駆る/西田浩洋

書初のための右馬左馬/後藤比奈夫

春著の妓右の袂に左の手/高浜虚子

車寄せ左右に等しく雪残る/森田峠

揚舟の右に左に魂送り/五十嵐播水

鯛網や左に越後右に佐渡/金子蜂郎

左右より化粧直され祭稚児/森田峠

大井川右も左も茶摘かな/浅場英彦

うき雲や左右にわかれて青嵐/史邦

観覧車天上天下左右小春/田中由子

袋角何れも左右やゝ違ふ/吉波泡生

夏木立右美術館左ZOO/白井恭郎

蜻蛉生る左右前方潮の筋/成田千空

高層の左右均衡寒四郎/中戸川朝人

右洞爺湖左残雪羊蹄山/赤井登志女

稲の葉や風左右裏おもて/尾崎紅葉

近江路や右も左も行々子/望月皓二

俳句例:41句目~

右向けば左が淋し秋風裡/柿本多映

右丹波左芹生へ青葉みち/伊藤敬子

筍の左右へ手を出す梢哉/正岡子規

天心の月の左右なる去年今年/正江

香水の違ふ左右と乾杯す/嶋田一歩

右へ町左へ梅の別れかな/正岡子規

草に臥て右や左の春の空/岡井省二

右に見し山を左に舟涼し/安藤和風

雪解風左右にぞ捌き天守閣/林昌華

右にとけ左にとけて花芒/高野素十

毒茸の左右にあるは慎めり/岸田稚

白道の左右より咳御滅燈/高澤良一

鰯雲左右ことなる塔二つ/有馬朗人

鷲羽山右羽左羽に風光る/磯野充伯

鳴く蛙右す左す勤め得て/石川桂郎

汝を剰し左右左左右流れ星/柚木紀子

満月の左右一穢も許さざる/岸風三樓

お花畑夕日夕月左右に懸け/岡田日郎

田楽や左右にならぶ坊二十/橋本榮治

畦塗つて左右に分つ雲の影/河野南畦

俳句例:61句目~

鹿の声右も左もこの世なり/和田悟朗

箱庭の橋が左右の景つなぐ/石倉啓補

職求む路の左右も落葉とぶ/岩田昌寿

臍の上に臍の左右に大夕立/攝津幸彦

花種を蒔く古妻や児等左右/西山泊雲

芸なしは頭を左右に年忘れ/青木千恵

行きゆけば左右になるや灯と砧/梅室

わが左右に滝の白髪かかりをり/原裕

踏切を見極む左右萩咲ける/磯野充伯

遊船や阿寒二岳を左右の窓/高濱年尾

金星と月を左右に柚子湯かな/橋本薫

鉄道の左右になかし夏木立/正岡子規

雲の峰左右に従へ烏城聳つ/渡辺恭子

鳶鴉左右に別れ冬の山/阿部みどり女

右によけ左によけて蓮華草/正岡子規

右の手に鋏左に茄子三つ/今井つる女

右の眼に大河左の眼に騎兵/西東三鬼

右の耳とちがふ囀り左にも/加藤武夫

右も三井左も三井秋の不盡/正岡子規

三ツ編みの左右揃わず桜草/菱川弘子

俳句例:81句目~

嚏の巣臍の右とも左とも/宇多喜代子

天の河右や左のお星さま/高山れおな

左から右から卯浪さ浪かな/岡田史乃

共稼ぎ左右にわかれ夏帽子/出井哲朗

左見右見しては買はずに祭店/桂信子

手袋の右ぬいで持つ左かな/奈倉梧月

冬銀河けぶる左右に女弟子/中島斌雄

捩花の思慮や右捲き左捲き/吉田未灰

前に笊左右にも笊繭を選る/加藤一牛

杖の手を右し左し紅葉坂/一丸万佐緒

涸れ川を右し左し探梅行/五十嵐播水

秋手入右の手助けて左の手/村上佳子

綱引の右になだるゝ左かな/渥美渓月

老鴬の右へ左へ島めぐり/荒木まち子

耳は貝殻右や左に風かよひ/三橋鷹女

大前の左右に灯あり夜の梅/橋本鶏二

子とあるく左右を燕ゆきかへる/篠原

客去つて左右に開く春障子/堀/八郎

寒卵割つて左右の手が分る/中嶋秀子

菊冷えの右掌で包む左の手/松浦敬親

タイトルとURLをコピーしました