背中を使用した俳句

背中に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

背中を含む俳句例

寅背中とてけふも灸せず/山店

鳥追や背中で母を呼子鳥/元夢

酒桶の背中ほす日や桐の花/蓼太

長き日の背中に暑しおそ桜/几董

薬喰背中淋しき漢どち/山田弘子

寺町や背中合せに花祭/三溝沙美

日本晴象の背中に寒雀/木田千女

粉薬むせる背中の苦笑い/野原薫

廿日路の背中にたつや雲峰/蕪村

死神と背中合はせの春隣/小出秋光

振袖を背中に結ぶ汐干哉/正岡子規

青鬼の背中が泣いて涅槃絵図/規子

春雨にぬるゝの背中かな/蕪村遺稿

父と子の背中が二つ冬の灘/原田喬

寒垢離に背中の龍の披露かな/一茶

観衆の背中昏れゐる薪能/生川きぬ

大熊手担ぎ淋しき背中かな/星野椿

天道虫男の背中持て余す/中根恵子

小春日や高階は背中合せ/玖保律子

菊枯れる背中の温き男過ぎ/穴井太

俳句例:21句目~

倒木の背中を跨ぐ蛇の皮/高柳雅代

灸のない背中流すや夏はらへ/蕪村

背中より毒の煙や二日灸/高浜虚子

六尺の夫の背中へ天瓜粉/上原勝子

太陽の塔の背中の顔も春/山田弘子

鶏舎抜け狐の背中傷だらけ/堀敬子

白かさね憎き背中に物書かん/蓼太

手鏡の背中恐ろし夏の恋/対馬康子

大年の鰐の背中を洗ひをり/石寒太

鯊釣の陸に背中を並べをり/森野稔

仏法僧背中に重く摩崖仏/綿引/明

頑なに汗の背中や泥鰌汁/加藤楸邨

ありねよし龍の背中は山桜/五島高資

夜長し背中ばかりの虫歩く/大石雄鬼

花冷の床几の背中合せかな/細川加賀

大根引く背中の力加減かな/山本一歩

大根焚く男の背中淡きかな/柿本多映

薄闇に瀧の背中をみつめをる/中田剛

虎と呼んで河豚の背中の斑なる/鳴雪

孫の手が届かぬ汗の背中創/片山桃弓

俳句例:41句目~

蚊遣香背中の方が手薄なり/高澤良一

行水や背中にそよぐ楢の影/正岡子規

見知りたる背中どやする躍かな/北枝

寒明けの水が粘りぬ鯉の背/中村祐子

寒灸小さな背中曲げて待つ/熊谷芳洲

貽貝とる背中に雨の俄なる/小柳未央

郭公や背中の荷物軽くなり/杉山愛子

銀綴る帯の桔梗の雨の背/中戸川朝人

陽炎のたつや翁の背中より/正岡子規

川風に背中吹かるゝ御祓哉/正岡子規

物指で背なかくことも日短/高浜虚子

庭花火足で喜ぶ背中の児/山崎たつよ

心配性のゴリラ背中で進化論/森須蘭

投網打つ漢の背中刻を止め/武澤林子

掃きおろす牛の背中の落葉かな/如行

摘草の母の背中に凭れけり/野村泊月

明月や背中合せの松のあひ/正岡子規

春陰や背中合せに他家の墓/北野民夫

月の宴背中合せに上司ゐて/西田安子

朝の蝉背中合せに墓並ぶ/磯貝碧蹄館

俳句例:61句目~

七夕や背中にさはる銀河系/増田陽一

逃げ水の背中を見たり神楽坂/糸大八

朝寒の背中吹かるゝ野風哉/正岡子規

橙を持つて漁師の背中の子/川崎展宏

信心の背中の広し夕もみぢ/山尾玉藻

写楽の顔背中で踊る阿波踊/二橋満璃

洋服の背中に蚤のいたき哉/正岡子規

漆掻谷へ向けたる背中かな/野村喜舟

冬立つや背中合せの宮と寺/正岡子規

冷かに蜑の背中の入日かな/正岡子規

炎天の馬の背中は急流か/渡辺誠一郎

牛市の牛の背中の毛布かな/田丸富子

甚平の背中が妻の小言聞く/佐藤岳灯

真白な肌の背中の水遊び/八木林之助

秋時雨言葉を拒む背中かな/谷口桂子

北風の背中よ窓は嵌め殺し/櫂未知子

空蝉のどれも山頭火の背中/照井/翠

空蝉の背中に冷気残りをる/窪田英治

童話訳す寒夜の背中暗からむ/大串章

古妻や背中合せの夜は長き/正岡子規

俳句例:81句目~

号泣の人の背中の秋の蝿/大木あまり

竹夫人背中へ廻る夜明かな/鈴木鷹夫

縫物の背中にしたる巨燵哉/正岡子規

聴診器こんどは背中初検診/高澤良一

背中乾きて遊べり秋の水馬/中島月笠

膏薬を剥ぐ手冷き背中かな/会津八一

膝合す雛の背中を初めかな/上島鬼貫

ある時は背中へ入れる懐爐哉/正岡子規

狸汁背中見られぬところに座/吉田紫乃

足音の背中にたまる落葉道/早川志津子

宵寒の背中を吾子のつたひあるく/篠原

マラソンの背中見送る冬木立/池田敬彩

遠火事や父の背中を思ひゐる/福島壺春

榾の火に背中あぶりや父と母/西山泊雲

すうすうと背中は広し枯葦原/池田澄子

川原石背中に痛きキャンプかな/堀勇夫

散る柳尾に振る牛の背中かな/藤野古白

鍬形虫の背中よ父の革手帳/小木ひろ子

長病みの夫の背中に隙間風/浅見まき子

霍乱のしづもる背中みて黙す/平瀬直之

タイトルとURLをコピーしました