山家を使用した俳句

山家に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

山家を含む俳句例

鶯に山家の人の紺絣/鈴木鷹夫

暖も山家ははやし足袋の土/其文

初鴉一声山家泊りかな/石川風女

買初に雪の山家の絵本かな/鏡花

夏桜石を火に焚く山家哉/正岡子規

思はぬや茶一服とも山家の雪/調鶴

塩鮭を吊し山家の奥座敷/宮田富昭

渋鮎を灸り過たる山家哉/高井几董

松とれて俄に雪の山家かな/東洋城

ゆり直せ山家を動す雄子の声/西和

七ツ星光る山家や黐匂ふ/岡田日郎

泳ぎ子に雲影走る山家かな/原石鼎

江戸衆や心は山家ほととぎす/調鶴

檜笠着て頬の若さや山家妻/原石鼎

天国に近き山家ぞ星月夜/園部鷹雄

往来せで年くるゝ雪の山家哉/通助

雨一日二日山家の暮遅し/正岡子規

蕣の蔦にとりつく山家哉/正岡子規

薪には富みし山家や庭かまど/菊路

雪解雫山家の戸口釘多し/宮坂静生

俳句例:21句目~

露山家一竿嬰の白づくし/白鳥一子

深閑と大き山家や寒の入り/田中冬二

早蕨の庭に手を出す山家哉/正岡子規

涼しさの星の仲間の山家の灯/加藤亮

ゆきゝせし年くるゝ雪の山家哉/通助

朝顔の石に這ひつく山家哉/正岡子規

桑干すに借りる御堂や山家妻/原石鼎

夥しく唐黍つるす山家かな/寺田寅彦

山家にて喰ふ上に早稲の飯/向井去来

先づ入るや山家の秋をわせの花/惟然

寒灸師山家に来り泊りけり/前田普羅

大簗のとどろきに住む山家かな/鶏二

寒餅や手力こめし山家搗/水原秋櫻子

燕来て山家に鳴けば春祭/水原秋桜子

十一や山家の早き夕餉の灯/五味すず

天高し山家は庭に栗干せる/田中冬二

楯をなす大き氷柱も飛騨山家/野風呂

王子守る山家一軒黍干して/松本圭二

栗の花庭木に眺め山家めく/水内鬼灯

柿の皮干すも山家の冬用意/小峰恭子

俳句例:41句目~

晒井の夜の賑へる山家かな/茨木和生

女礼者山家の華と迎へけり/古川禮子

干大根山家いずこも恙なし/武田光子

春燈を山に飛ばして山家あり/上野泰

田楽や山家に揃ふ織部皿/水原秋櫻子

皿洗ふ音の涼しき山家かな/桑島啓司

縁の日に当てて山家の福寿草/石昌子

色鳥や山家につかふ水の音/鈴木康久

花勝に撫し子咲きし山家哉/正岡子規

花山椒煮るや山家の奥の奥/松瀬青々

かるさんの子に秋深き山家かな/麦人

我ために椎を器にもる山家かな/蘭更

点在の山家溺るる桃の花/白澤よし子

蝶蜂に牡丹まばゆき山家かな/原石鼎

松風に醤油つくる山家かな/高濱虚子

賀客なく雪ふりつもる山家めき/青邨

邯鄲や山家は昼の星見えて/内山亜川

野分して隣に遠き山家かな/会津八一

門なみにさくや山家の梅椿/松岡青蘿

客僧に柚味噌振舞ふ山家哉/寺田寅彦

俳句例:61句目~

溝浚へ山家の水が走り出す/上西啓三

露涼し山家に小さき籠吊られ/大串章

餅花に髪ゆひはえぬ山家妻/飯田蛇笏

餅花を飾れば書屋山家めき/山口青邨

鶏鳴や山家育ちの太つらら/佐川広治

ぶら下がる糸瓜山家の粧ひに/堤信彦

鷹鳩と化して山家に微笑仏/嶋津亜希

山家みな秋日の縁に何か干し/三村純也

山家より鶏鳴起こり旧端午/彦根伊波穂

炭焼の住める山家や緋鯉飼ふ/根岸善雄

山椒の実生家婚家も山家にて/中貝貞子

月明に九十九谷の山家の灯/八牧美喜子

干柿やまた一とせの山家住/楠目橙黄子

干蕨山家の春は尽きにけり/楠目橙黄子

座敷にて椎茸干して山家かな/柿原一如

庭を来る山家料理のよき炭火/桂樟蹊子

引窓に蔦の手を出す山家かな/正岡子規

李咲き山家は船着き場のような/伊藤和

月に鳴く山家のかけろ別れ霜/飯田蛇笏

わたり猪の竹の子につく山家かな/浪化

俳句例:81句目~

一むらの竹の春ある山家かな/高浜虚子

碧空へつづく山家の白障子/角田宗実子

箒もて氷柱落すも飛騨山家/鈴鹿野風呂

箸とって鴬ひびく山家蕎麦/百合山羽公

五六軒づつの山家やお茶の花/竹中一藍

美しき忘れ団扇の山家かな/大峯あきら

汚れたる雪の山家に日脚のぶ/高浜虚子

八方に白百合咲いて山家めき/久米正雄

水鼻にわひて山家のもみち哉/正岡子規

若草や八瀬の山家は小雨降る/高濱虚子

荒壁に煙草干したる山家かな/水落露石

荒梅雨や山家の煙這ひまわる/前田普羅

武具飾り松籟乱れなき山家/大峯あきら

蓮如忌や山家の餉さまざまに/増田龍雨

凍つ山と背中合せに山家の灯/村越化石

十月もあと二三日木曽山家/松沢みさ女

薪わりしあとを山家の涼み哉/正岡子規

午過きて山家の干烏賊唯白し/尾崎紅葉

行く春の月もなくなる山家哉/正岡子規

呱々の声聞ゆる山家鯉のぼり/薮脇晴美

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました