十五を使用した俳句

十五に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

十五を含む俳句例

初花に命七十五年ほど/芭蕉

十五夜や母の薬の酒二合/木歩

寒の十五夜の水白し/原田種茅

日本中八月十五日暁/池田澄子

箸置に箸八月十五日/川崎展宏

戦友へ電話八月十五日/林昌華

蒟蒻の花廃校後十五年/茨木和生

吊橋は定員十五葛の花/細川加賀

東京へ戻る大正十五年/橋本夢道

鴨なくや弓矢を捨て十五年/去来

一遍七百十五回忌秋燕/黒田杏子

に塩ふつて八月十五日/栗原雅代

松杉うらがは八月十五日/松澤昭

八月十五日木影が家の中/中田剛

浮寝鳥数へて十五、六以上/角光雄

枯柏啄木十五の歌まぶし/太田土男

十五夜の野にあか~と鴨威し/素十

十五夜の長い袂や女の子/後藤夜半

春や昔十五万石の城下哉/正岡子規

志す子規十五巻去年今年/都倉蕉治

俳句例:21句目~

十五夜も十六夜も雨辻仏/毛塚静枝

伐り口の樹液八月十五日/本宮哲郎

天竺や花ちる二月十五日/正岡子規

原宿や初のピアスの十五歳/林壮俊

十五年戦争十五の十六夜/攝津幸彦

十五分遅れ柳の下に逢ふ/工藤信子

水重く使ふ八月十五日/服部くらら

合鍵で開ける八月十五日/内田美紗

鹿踊伝えて遠野十五ケ村/高澤良一

水打つて桑戸八月十五日/川崎展宏

ねじれ花五年十年十五年/田畑京子

鳴き砂の浜の八月十五日/丸山嵐人

桜貝は遺骨八月十五日/櫛原希伊子

鶴養ふ寒村の籾十五石/上野さち子

騒がしき一樹八月十五日/鈴木鷹夫

十五夜の芒を持つて登校す/樋笠文

白鳥の飛来足掛け十五年/高澤良一

船の胴水吐き八月十五日/池田秀水

抱き地蔵軽き八月十五日/犬塚南川

舟を洲によせて八月十五日/中田剛

俳句例:41句目~

群衆にゐて八月十五日瑞西/石寒太

糠床に塩足す八月十五日/山田節子

疾走は十五歳になる暗黒/白石司子

無人灯台ともる十五時春霙/瀧春一

十五夜の潜水艦は水の中/攝津幸彦

口重き父の八月十五日/伊藤伊那男

空蝉や背割れ八月十五日/河野南畦

空缶を蹴つて八月十五日/那須淳男

尺蠖の尺取る八月十五日/五味和子

片爪の蟹這ふ八月十五日/木内彰志

汗冷えて流る八月十五日/田川江道

睡蓮の二花に十五夜雲深し/西村公鳳

稲運びをり十五夜の千枚田/青木重行

八月十五日烈火の薔薇を買ふ/石寒太

うか~とはや十五日小豆粥/山下松仙

うつくしき旭哉八月十五日/正岡子規

しろがねの葬花八月十五日/猿山木魂

八月のゆふべふかんど十五日/松澤昭

八月やひのとひつじの十五日/松澤昭

八月十五日この年も折り返す/的野雄

俳句例:61句目~

八月十五日ますます乱反射/有馬英子

汗拭いて七百八十五段の労/高澤良一

八月十五日真幸く贅肉あり/池田澄子

十五日春やのしこむ年の暮/内藤丈草

十五日粥にあづかり病快し/後藤夜半

古書市に人出て八月十五日/井上弘美

嗚呼嗚呼と鴉八月十五日/北見さとる

正座してわれの八月十五日/斉藤美規

涅槃会や礼いひありく十五日/炭太祇

片蔭も無く行く八月十五日/須川洋子

生きてゐる負目八月十五日/志賀重介

白むくげ白無垢八月十五日/川崎展宏

遠き橋見てをり八月十五日/指澤紀子

十五夜の南瓜を一つ裏返す/岸本尚毅

隣へ貸す八月十五日の大鍋/寺井谷子

顔見世や櫓の月も十五日/水原秋櫻子

飯の香に泣きぬ八月十五日/木田千女

七十五膳神輿に供じ家康忌/西本一都

五枚づゝ夏座布団の十五枚/下田実花

猿引も猿も鳴きけり十五日/正岡子規

俳句例:81句目~

冬苔の睡りを添へて石十五/鈴木鷹夫

初春や七十五年いきのびん/正岡子規

十五夜の手探る闇を家の中/池田澄子

御佛に供へあまりの柿十五/正岡子規

春燈に読む十五分注射終へ/相馬遷子

木の間もる月青し杉十五丈/正岡子規

椅子涼し九十五歳の仮眠中/片岡宏文

渡し賃七十五円よ瀬戸の春/高澤良一

病人ニ八十五度ノ殘暑カナ/正岡子規

碧眼も露の十五の石見据え/高澤良一

秋上げや満月ほどの餅十五/中村史邦

十五夜の杜の木の実の無尽蔵/檜紀代

羽子板や十五かしらに皆女/正岡子規

老鴬や必須の石が十五かな/橋本夢道

十五夜の沖軍艦の行く眩暈/下向良子

茶摘女の十五六人唄もなく/柿原一路

萩涼し林火師夫人九十五/中戸川朝人

葉桜や海を見たるは十五歳/柳澤和子

葉牡丹や十五少年漂流記/高野ムツオ

見えてゐる島へ卯浪の十五分/沢健峯

タイトルとURLをコピーしました