凍雪を使用した俳句

凍雪に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

凍雪を含む俳句例

凍雪に足跡ささり吉書揚げ/舗土

凍雪の盤石揺ぎ星滾つ/石塚友二

凍て雪に柔く雪来りけり/高濱年尾

凍雪に何もこぼさず松毟鳥/堀口星眠

凍雪を支へし梅の蕾かな/深川正一郎

凍雪を踏んで柊挿しにけり/高野素十

踏み戻る岨の凍雪昨日の刻/木村蕪城

かる萱の凍雪とけし穂枯かな/飯田蛇笏

凍雪に燃えちゞみたる線香火/西島麥南

温泉の町の夜の凍雪に浮れ客/高濱年尾

かりかりと凍雪をはみ橇をひく/飯田蛇笏

とり入るる柴の凍雪炉におちぬ/飯田蛇笏

凍雪のひつかゝりゐる枯木かな/高野素十

凍雪の夕かげふみてあるきけり/飯田蛇笏

凍雪をはたはたとうつ山おろし/飯田蛇笏

凍雪にさそはれてゆけばみな白樺/大島民郎

岩きびし凍雪とびてひかり消ゆ/石橋辰之助

踏み減らす凍雪ぞ梅咲きにけり/金尾梅の門

凍雪踏みもしまひとなりし帰雁かな/金尾梅の門

凍て雪に日のしむ尾長鳥なきわたり/金尾梅の門

タイトルとURLをコピーしました