松を使用した俳句

松に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

松を含む俳句例

春風に白鷺白し松の中/来山

松の蕊傾け暗め雨重し/波郷

棟札は大同二年松の花/二柳

春の山隼松を流れけり/泊月

松柏の嵐の底や返り花/正雄

門は松芍薬園の雪寒し/舟泉

万代の是も松なり飾臼/双鳥

白や現に撓む松の枝/上村占

志貫く万の松の芯/高橋悦男

春深し松の花ちる城の塀/東蟻

風重し御江戸の巌松の春/自鶴

鎌倉や冬草青く松緑/高浜虚子

二月や松の苗売る松の下/素牛

母こひし夕山桜峰の松/泉鏡花

高砂や雑煮の餅に松の塵/野坡

榾明り鬚蓬々の松聖/高木良多

春蝉や松の中なる甃/富安風生

名月や辛崎の松瀬田の橋/几董

松薪の炎の太し年の暮/辻桃子

麗かや松を離るゝ鳶の笛/茅舎

俳句例:21句目~

雪の松折口見れば尚寒し/杉風

元日や松しづかなる東山/闌更

廂より垂れたる松の初雀/風生

早春の松に烏や濃紫/星野立子

松作る御恵みや代々の春/しげ

松の月暗し~と轡虫/高浜虚子

鶏頭や松に並びの清閑寺/其角

我門や松は二木を三の朝/蕪村

松に藤空解はなし常陸帯/元夢

松杉の上の甍や花曇/野村泊月

灯や恵方の棚の松のかげ/方壷

時雨にもいと騒々し男松/立独

崖路行寺の背や松の藤/炭太祇

羽衣の松に番の初雀/伯井/茂

立や緑命も捨ぬ松の千代/才丸

至りの松袖に植けり下涼/自鶴

松の葉の隣も青し竹の春/二柳

東臺の松杉青き氷哉/正岡子規

山初颯々松の蘿かな/尾崎迷堂

寒声を引連る松の嵐かな/李由

俳句例:41句目~

松の葉の氷啄む初雀/岩井英雅

実盛忌四百年の松緑/本谷治咲

会者定離笹に霰や松の雪/ゆき

松は松欅は欅冬日和/黒川悦子

妊るか朝顔の雨松の雨/齋藤玄

松に腰かけて松を観る/山頭火

如月や松の苗うる松の下/惟然

夕榮や蜩多き岡の松/正岡子規

扇屋が軒や安宅の松の声/調泉

声の松初雪遅しシテ柱/濯心子

辛崎の松は花より朧にて/芭蕉

逞しき松も眠るや春の雨/桃隣

初風や松も蘇鉄も秋の市/言水

金屏の松の古さよ冬籠り/芭蕉

鉄火箸霜気深まる松の奥/龍太

歌枕卯月曇に松ななめ/木村蕪城

松影も氷りついたり壁の月/一茶

松韻の天文台の明易し/岡本守史

一寸の実生の松や初昔/長谷川櫂

志松にもありて松の芯/鷹羽狩行

俳句例:61句目~

御家門や偃蓋の松国の春/調枕子

色変へぬ松や出雲の空の丈/原裕

秋涼し松にかゝりて天の川/蓼太

土を掴む松の一根冬旱/加藤楸邨

志いづれも半ば松の芯/和田照海

妙心寺十万坪の松の芯/中川綾子

木枯に負けぬは松の力かな/湖柳

一本の松に年行く月明り/堤高嶺

女遠しぐん~伸びる松の蕊/三鬼

一本の松の高さや芒原/野村泊月

重なりて松も靉靆花曇/久米正雄

醜松の十一月を水漬ける/齋藤玄

一滴に初日あたれり松雫/桂信子

一霰こぼして青し松の空/原石鼎

我庵や萩に飯櫃松に竿/正岡子規

七種や松数幹の色ケ浜/染谷秀雄

静かなり紅葉の中の松の色/越人

正月や鎌倉山の松の色/岸田劉生

打水の松に雫す八日月/正岡子規

打水や蘇鉄の雫松の露/正岡子規

俳句例:81句目~

払ふ事松もかなはず朧月/千代尼

木槿にも松にも露の一夜哉/米園

城壁も松も亀甲蝉の秋/西本一都

上棟の角材太し松の芯/星野和子

遅き日の松騒ぐのみ純友碑/子郷

はっ空や神の在せる松の色/元夢

沫雪や畑の中の松の苗/長谷川櫂

甘酒や東海道の松並木/角田竹冷

船形に造りし松の緑哉/正岡子規

辛崎もけさは穂長に松三本/晩山

直立の天皇一家松に雪/鈴木節子

浜道や砂から松の若みどり/蝶夢

三日月の入さの松や扇置く/道彦

敷芝や松の下陰雪残る/正岡子規

古道をみかへる松の緑かな/其角

直情に冬松凌ぐ空の碧/原コウ子

声ばかり千本の松や訓読会/通理

料亭に松を眺めて昼涼し/桂信子

夏山の病院高し松の中/正岡子規

夕立の松の雫や御旧趾/山本洋子

タイトルとURLをコピーしました