煉瓦を使用した俳句

煉瓦に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

煉瓦を含む俳句例

秋暑し岡拓庁舎の赤煉瓦/原山月歩

炎天に鎮まりて赤煉瓦館/右城暮石

焦げ飯の匂う日暮の木煉瓦/穴井太

似し家の煉瓦煙突秋の朝/依田明倫

煉瓦塀炎まつすぐ春焚火/川崎展宏

射干に煉瓦造りの天主堂/清崎敏郎

市中ノ山ノ茂リヤ煉瓦塔/正岡子規

煉瓦造り残る東京駅白露/川崎展宏

蜻蛉や明治匂へる煉瓦館/河野南畦

枯蔦や明治の倉の赤煉瓦/加藤みさ子

さへずりや煉瓦のそばの砂袋/中田剛

秋夕焼むかし租界の煉瓦館/加藤耕子

リラ咲いて煉瓦舗道の街古ぶ/有働亨

蔦茂るオランダ坂の煉瓦館/山本行二

乃木邸の煉瓦の厩石榴熟る/江島光代

冬うらら街に溶合ふ煉瓦蔵/竹橋光香

冬暑し手作り煉瓦干し並べ/都筑智子

冬枯のうしろに遠し赤煉瓦/正岡子規

凌霄や煉瓦造りの共うつり/正岡子規

病院に煉瓦の花壇小鳥来る/花田由子

俳句例:21句目~

煉瓦焼く村一塊となり白夜/桂樟蹊子

山蟻の貌が煉瓦の割目より/菅野孝夫

崖脅かす冬濃き煙煉瓦焼く/宮津昭彦

秋海棠煉瓦畳に咲きみだれ/滝井孝作

秋蝉も絶えたる木立煉瓦館/大野林火

色変へぬ松や煉瓦の旧五高/池田悦子

色鳥や煉瓦学部の明治ぶり/桂樟蹊子

花アカシア降る道庁の赤煉瓦/柚口満

草茂る空の煉瓦の貯水槽/小山今朝泉

高きより糸瓜花上ぐ煉瓦館/中西舗土

月の出や煉瓦の床に林檎酒に/小池文子

夏草や中に落ち居る煉瓦かな/会津八一

煉瓦焼き驪山の霞濃くしたり/田中英子

煉瓦館声なし冬草あをあをと/山本一糸

異人住む赤い煉瓦や棕梠の花/夏目漱石

くづれたる煉瓦の塀や蔦紅葉/寺田寅彦

リラの花咲きて静もる煉瓦館/永井龍男

穴を出し蟻に花壇の煉瓦赤し/内藤吐天

リラ白し旧き庁舎の赤煉瓦/塩田薮柑子

厨房の煉瓦寂びたり小鳥来る/山岸治子

俳句例:41句目~

夕桜すこし煉瓦を積みかけて/岸本尚毅

新煉瓦積めばとつぷり秋の暮/平畑静塔

萩揺るる野積みの白き捨煉瓦/秋田卯子

煉瓦館出て若芝に垂らす鼻血/谷野予志

煉瓦塀つづく野田町麦は穂に/小俣幸子

裁判所街赤き煉瓦の夏果てぬ/結城昌治

赤レンガ驛より阿房列車発つ/高澤良一

赤煉瓦うれしき八十八夜来る/田中裕明

赤煉瓦雪にならびし日比谷哉/正岡子規

雪滲みのしみじみ赤き煉瓦建/野澤節子

暗誦やめず窓の高さに灯の煉瓦/島津亮

苗障子煉瓦一個づつで押さふ/加倉井秋を

しぐるゝや大講堂の赤煉瓦/久保田万太郎

あを海へ煉瓦の壁が撃ち抜かれ/三橋敏雄

西日に積む煉瓦直ちに獄の色/榎本冬一郎

秋燈をちかづけ煉瓦呑まんとする/竹中宏

春雪つややか都心に残る煉瓦街/北野民夫

煉瓦はこぶ背に日ざかりの波翳す/西島麦南

敷煉瓦に模様刻めり散り銀杏/長谷川かな女

煉瓦廟の秋日火の鳥になってしまう/伊丹公子

俳句例:61句目~

煉瓦塀染めてあがりし白雨かな/阿部みどり女

木煉瓦部屋に敷き入れさくらんぼ/中戸川朝人

ロシアバレーのビラもさみだれ煉瓦坂/中戸川朝人

煉瓦積む二少年犬養の撃たれた日から/鈴木六林男

タイトルとURLをコピーしました