男を使用した俳句

男に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

男を含む俳句例

梅開く金剛力に男立つ/原裕

万緑の天地有情や杣男/原裕

唇乾く男匂へり林檎畑/原裕

春駒や男顔なる女の子/太祇

観音は男の匂ひ桜餅/開高斉

獲ては男枯野の端通る/桂信子

男霜女霜とや霜囲ひ/青山冬至

継橋の田植や寺の男ども/嵐竹

男呼ぶ女の声や夜朧/正岡子規

牛引て大の男や薄原/正岡子規

男享年五十六業平忌/川崎展宏

昔男となり女の柏餅/加藤郁乎

春窮や男一日分の髭/嶋田麻紀

眼は遊ぶ男の炊事柳の芽/林翔

墓石より裸の男現れ来/上野泰

眦に傷ある男炭を焼く/森田峠

例年の男傭うて冬構/石井露月

桐の花昔は男通ひけり/小島健

臭き男と眠る海寒し/高澤晶子

七人の男囲める薬喰/原田保江

俳句例:21句目~

鶯や男生るゝ午の刻/正岡子規

尼様の男持なる秋扇/下村梅子

背水の煙突男霞みけり/仁平勝

夏めくや男結びの白の帯/篠原

大寒や男の顎の強き張り/林徹

鞍壷に昔男や競べ馬/内貴白羊

雁や男もすなる厨事/清水基吉

雀飼ふ男ありけり竹の秋/原裕

恬淡と男点前や掛柳/森キミ子

金糶る兵顔の男どち/高澤良一

遺されて男厨房寒明けぬ/森登

戀塚や男芒に女郎花/正岡子規

単帯男結びに夕支度/本多芙蓉

柩担ぐ男片手を懐手/香西照雄

男より女の多し山桜/正岡子規

親方が一人男や針供養/瀧春一

裘浪人者の男ぶり/阿波野青畝

掛香の女男も昔かな/高浜虚子

男ぶり若樫雪を戴きて/齋藤玄

男ぶり将門公の更衣/川崎展宏

俳句例:41句目~

厨房に男立ち入る初鰹/並河洋

萍や男盛りを便便と/奥山源丘

寒卵男ばかりが立志伝/仁平勝

荒縄を男結びに雪囲/棚山波朗

枯茨女は巡り男は折る/齋藤玄

古草や昔男の垣根草/高浜虚子

一山の青竹藪に男棲む/平井照敏

一徹な男の眉間冬の鵙/石川辛夷

秋杉の幹しんかんと男立つ/原裕

一痕の雪渓肩に男富士/富安風生

秋曇男の裏地いつも紺/香西照雄

声きけば古き男や音頭取/炭太祇

男っ気世帯大内雛飾る/高澤良一

夏よろふ岩肌ばかり男攀づ/原裕

七尺の男なりけり鯨賣/正岡子規

秋扇男の心はかりゐる/行方克巳

石段は男の歩幅濃竜胆/下山宏子

三島忌の男美学の首飾/井沢正江

漆かく裸男のあつさ哉/正岡子規

盆唄の夜風の中の男ごゑ/森澄雄

俳句例:61句目~

世を忍ぶ男姿や花吹雪/夏目漱石

畠打つ大原山の男かな/正岡子規

山里の幟見て来よ京男/正岡子規

夏柳男の頬を嬲りをり/西村和子

山里や男も遊ぶ針供養/村上鬼城

男臼女臼飾り並べけり/山口漁壮

濁音の男はたらく冬の畑/須藤徹

男あり晩き夕餉の秋刀焼く/寛彦

岩風呂に男洗濯秋の雨/原田青児

京人は男もやさし紅扇/正岡子規

樫の花男の怠惰夕べまで/森澄雄

黒牛を磨く男に土用東風/下田稔

嵩なして男ざかりの年賀状/民郎

鹿聞くや男寝巻を左前/後藤綾子

鶯の下に庭掃く男かな/正岡子規

夏落葉男の齢首すぢに/西村和子

巡査梅提げし男を叱る/正岡子規

雫汗雫男らどつと汽車へ/原田喬

男痩せ冬へ傾く香草園/寺井谷子

鬼と見し桜の中の男かな/上村占

俳句例:81句目~

春祭海の男の女装かな/近藤良子

夕蛙男のひげは羅生門/青木啓泰

夕顔の男結の垣に咲く/小林一茶

夕顔の露に裸の男かな/正岡子規

首ふとき異国の男青胡桃/大西恵

颯々の男を讃へ夏木立/大石悦子

顎長き男なりしよ初笑/大井戸辿

頬被り男まさりの山女/岩本周熈

弟てふ遠き男よ麦青む/辻美奈子

春雷や旅の褥に男の香/大橋敦子

形代の貌男とも女とも/藤岡和雄

彫像は鉄鍛つ男鳥渡る/三苫知夫

淋しさは裸男の砧かな/正岡子規

六斎の鉦打ち男齢澄む/西川保子

耳しひの男つやめく葦の花/原裕

つと入に今は昔の男かな/原月舟

昼濯ぎ夜寒に濯ぎ男住む/豊田晃

大寒の男貌なる飛鳥仏/本橋康子

美術館柳男時の風見鶏/高澤良一

とし男千秋楽をならひけり/舟泉

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました