紅を使用した俳句

紅に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

紅を含む俳句例

相撲取の紅裏染し秋袷/許六

屋が散らす紅鱗福寿草/林翔

凩や暖室の花紅に/正岡子規

紫のもの紅に末枯るる/風生

殉教の孤島夜目にも紅桜/原裕

寿身延詣での紅支垂/高澤良一

温室や紫広葉紅広葉/歌原蒼苔

紅の鷹の大緒や玉あられ/胡布

文鎮の紅水晶や十七夜/籏こと

紅の顎紐太し筑摩鍋/中山碧城

紅楓深し南し西す水の隈/几董

紅に秋海棠の雫かな/正岡子規

楪の紅に心のある如く/町春草

はま弓や当時紅裏四天王/其角

宵闇の花魁草の紅深め/竹田節

木枯や母の紅衣が嬰包み/林翔

木枯や紫摧け紅敗れ/正岡子規

ゆかしさも紅浅き林檎哉/百里

鶏頭の紅しんかんと旱村/黛執

眉掃を俤にして紅粉の花/芭蕉

俳句例:21句目~

蝸牛角の水色吾亦紅/宮坂静生

松風や俎に置く落霜紅/森澄雄

買初の紅鯛吊す炬燵かな/犀星

梅や紅人のけはひの初鏡/鬼貫

熱飯に紅生姜夏百日来/森澄雄

凩や紅はげる妙義山/正岡子規

春の鵙紅の眦切長に/橋本鶏二

秋風や皆紅の舞ひ扇/会津八一

花楓にて空紅し詩仙堂/日原傳

秋風や唐紅の咽喉仏/夏目漱石

前橋市紅雲町の種れんげ/林桂

浮くや金唐紅の薄氷/正岡子規

山は朝日薄花桜紅鷺の羽/素堂

白や紅見する花の陰/正岡子規

岩鏡誰が唇の紅なりし/有馬朗人

白萩の波に紅さす一枝あり/龍男

島の崖一つ紅さす鰯雲/久米正雄

身のうちに紅の階雛飾る/辻桃子

紅絹裏に春風遊ぶ舞扇/古市絵未

娘義太夫寒紅の口大開き/辻桃子

俳句例:41句目~

蹲に落ちて紅張る寒椿/影島智子

踏切が鳴り白椿紅椿/岩淵喜代子

踊笠その紅紐を印象に/高濱年尾

胸元に膨らむ潮海紅豆/吉原文音

背高き雁来紅を簾越し/川崎展宏

常に見て浅間鮮し吾亦紅/有働亨

染付の皿鮎鮓の紅生姜/河野伸子

赤坂の見附も春の紅椿/橋本夢道

此秋も吾亦紅よと見て過ぬ/白雄

肌寒み紅さむる襦袢哉/正岡子規

松風や紅提灯も秋隣/芥川龍之介

爪紅は其海棠のつぼみかな/蕪村

唇をなめ消す紅や初鏡/杉田久女

夕立や紅筆溝を流れ行/正岡子規

白亜館紅蔦淋漓闇に散る/草田男

旭光に濡れ漆紅の岩鏡/福田蓼汀

戦中記鬱勃と紅噴く藜/大佐/優

瞳黒き女紅煮る春の昼/吉野義子

肉塊に肉塊が落つ紅椿/柴田奈美

行春の爪紅落す女かな/正岡子規

俳句例:61句目~

行年を紅粉白粉に京女/正岡子規

枝枝に紅走りけり雪解風/小島健

干梅の紅見れば旱雲/河東碧梧桐

老木に紅さす楓若葉かな/原石鼎

紅白の睡蓮水も紅と白/鈴木鷹夫

底紅や都は昼を暗く棲み/東麗子

大寺の冷え一身に紅椿/渡辺恵美

手拭に紅のつきてや秋海棠/支考

蛇苺発止と紅し熱の中/三保鵠磁

虫はみて桃紅の腐り哉/正岡子規

妖精の娶花かも紅卯木/堀口星眠

康成忌むかし浅草紅団/富安風生

蕾かと見れば千日紅の花/星野椿

蔵涼し紅屋の裔の鈴木姓/森田峠

抱卵の紅を点じて蒸鰈/槫沼清子

永遠に京紅はあり事始/岡井省二

そめ物や紅流す春の川/正岡子規

燈籠の藍は桔梗紅は萩/下村梅子

菊畑や隣りは紅の摘残り/千代女

大露の籠に卒爾の紅蕪/飯田龍太

俳句例:81句目~

草原の径へ紅刷き柳蘭/和知喜八

紅椿つとおつ午時の炭俵/泉鏡花

柳青し紅燈七十二青楼/正岡子規

夏帯に匂袋の紅のぞく/山田弘子

くらやみの船紅や天神祭/金子晉

若水や真先浴びる紅雀/野村喜舟

紅芙蓉春樹素読の声透くや/林翔

玉体の帰属観念縷紅草/田中信克

花杏紅白のあり紅晩る/西本一都

牡丹の紅の強情猫そよぐ/斎藤玄

提灯の紅はげる若葉哉/正岡子規

紅跡の吸がら仄か初雀/小坂順子

涙涸れし世に雁来紅滴るる/林翔

棒紅の残り少なし一葉忌/諧弘子

海風の折々通ふ海紅豆/西村和子

両側の紅提灯や花の雨/野村泊月

丹頂の紅一身を貫けり/正木浩一

紅寒し唇乾く昨日今日/下鉢清子

炉開や紅裏見ゆる老のさび/几董

紅の蕾びつしり臥龍梅/川崎展宏

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました