緑/みどりを使用した俳句

緑/みどりに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

緑/みどりを含む俳句例

万緑の天地有情や杣男/原裕

緑射す神将の剱両刃/津田清子

緑陰に風反転し豹の息/桂信子

緑陰の鳩と鴉と車椅子/細根栞

蝉の昼池の萍緑金に/内藤吐天

貝寄や柳緑なる此夕/羅蘇山人

万緑や木の根の湿り蹠に/原裕

緑蔭に並ぶ義仲巴塚/大石英子

車窓より好緑蔭を発見す/瓜人

燕麦の滞りなき薄緑/京極杞陽

玉虫に眠りの繁み緑濃き/原裕

万緑や泳ぐすがたの病臥身/稚

万緑や瀬音のふかき峠道/林宏

萬緑の表面張力道路鏡/的野雄

緑蔭の網目の空よ男同志/綾子

新道に緑少き柳かな/正岡子規

大方の緑の中や遅桜/正岡子規

泊船の一つ緑に冬灯/高澤良一

江東に緑の早き柳哉/正岡子規

疾走す緑の髪の青嵐/高澤晶子

俳句例:21句目~

甲冑の緑光りに冬の蝿/本井英

間引して緑少き畠哉/正岡子規

緑蔭に黒猫の目のかつと金/茅舎

緑蔭や少年兜虫を殺し/岸風三楼

薪能平安神宮朱と緑/関口比良男

若楓その緑なる幼さよ/高木晴子

草に落ち緑の息を雨蛙/関沢咲子

緑濃き玉繭供へ秩父祭/大村峰子

緑陰や水際にの匂ひして/桂信子

暗緑光あつめ流木上下動/三谷昭

家の泉鶯ひそむ緑映す/香西照雄

緑立つ塩田跡の小学校/江見悦子

朝毎の名演奏者緑立つ/石田波郷

蕗の薹紫を解き緑解き/後藤夜半

万緑になじむ風鈴夜も昼も/蛇笏

山中は独語も緑滴れり/辻田克巳

緑陰に人馴れ貌の町雀/高澤良一

蓮莱の嶋の緑や門の松/正岡子規

寂として万緑の中紙は食ふ/楸邨

公園の小動物園緑陰に/高濱年尾

俳句例:41句目~

誰が為か東京に佇つ若緑/齋藤玄

暁の花咲く山の緑かな/正岡子規

満園の緑や薔薇二三輪/正岡子規

緑星金の純粋紛れなし/高屋窓秋

緑蔭にゐて靴磨あぶれたり/鷹女

緑蔭に毛沢東の父母の墓/日原傳

小桜の笙一管に緑射す/野澤節子

苗代の雨緑なり三坪程/正岡子規

一徹の緑存しぬ枯芭蕉/行方克己

暗きまで沼は緑や烏蝶/依田明倫

江南の万緑釦一つ外す/川崎展宏

山蟻や緑漂ふ五千畳/島村元句集

万緑に大吊橋の軋む音/山下美典

水草の緑走りし水の中/高濱年尾

公園の緑陰街騒音縦横/高澤良一

月一輪星無数空緑なり/正岡子規

藪川や緑青浮む秋の風/正岡子規

獣の糞緑に和む深山中/村越化石

万緑や野麦峠の工女塚/巾下幸一

緑縁を出て雲水の青頭/石塚友二

俳句例:61句目~

緑摘む下にひろがり潦/本山邑多

一村は竹緑なる枯野哉/正岡子規

凩や芭蕉の緑吹き盡す/正岡子規

有耶無耶の柳近頃緑也/夏目漱石

一湾の緑薄刃なす東風の波/耕二

万緑に磐を配す立石寺/高澤良一

苗代に雨緑なり三坪程/正岡子規

渺々と緑つらなる柳哉/正岡子規

枯芝に松緑なり丸の内/正岡子規

千年の緑を松の自在釜/松岡青蘿

万緑の一幹馬首のごと叩く/狩行

万緑の中さやさやと楓あり/青邨

紫陽花や紫尽きて浅緑/正岡子規

万緑の中に胎動日々強く/合原泉

万緑の中の一山杉の鉾/野澤節子

万緑の中の一点美術館/橋本榮治

簾捲けは山緑なり鮎膾/正岡子規

笹鳴や椿緑り葉篠の中/尾崎迷堂

万緑の分水嶺に人灯す/加藤耕子

笹緑鰤まくれなゐ蕪白/高橋睦郎

俳句例:81句目~

万緑の吉野両断吉野川/右城暮石

杖挙げて牧の緑を司る/石田勝彦

α/β/γ/緑野の鴉/津田清子

緑陰に昔のまゝの力石/吉田伝治

万緑の奥のつめたき水の音/蕗村

ある寺の人育てたる大緑/上村占

緑蔭の男女の間の紙袋/鈴木貞雄

銀屏風にうつす緑や青葉山/盧元

緑蔭を流れ出て来る水迅し/立子

方舟で万緑の梢漂わん/中島斌雄

日曜日妻子緑にまぎれ了ふ/原裕

東京の端の緑蔭炎天寺/鈴木鷹夫

夏深し山襞緑濃き夜明/福田蓼汀

緑蔭に置かれて空の乳母車/昌治

万緑の葉先葉先の雨雫/池田澄子

緑蔭の大きな下の靴磨き/上野泰

緑高きことが即ち夏館/高濱年尾

令嬢の犬緑蔭に便催す/茨木和生

大神の鞍懸松や緑立つ/荒木信子

餅花や柳はみどりはなの春/西鶴

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました