朝月/朝の月を使用した俳句

朝月/朝の月に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

朝月/朝の月を含む俳句例

朝月嵐となる/尾崎放哉

朝月や水田千枚春吹雪/西村公鳳

朝月の柴栗つたふ撓へかな/柴車

朝月や竹の皮散る小督塚/相島虚吼

十月の空より薄し朝の月/今瀬剛一

高はごに朝月白き礪波山/西村公鳳

朝月の岡刈りのぼる青嵐/臼田亜浪

砂原の風吹き止まず朝の月/内田百間

迎え火の跡に風吹く朝の月/寺井谷子

朝月の白梅蘂をきそひけり/松村蒼石

朝月や白きは梅の魂ならし/巌谷小波

朝月や鵜川しろ~横たはり/沢村芳翠

朝月の光り差したる落葉谷/松村蒼石

朝月のうすれかゝるや梅林/西山泊雲

朝月の萩むらを立つ雀かな/日野草城

松籟に朝月そよぐ展墓かな/木下夕爾

鰹糶つて朝月仰ぐ男なし/神尾久美子

強霜に光をゆづり朝の月/甲斐すず江

朝月にこゑ澄み鷹の渡るかな/田代朝子

朝月に高名ならぬ蝌蚪泳ぐ/秋元不死男

俳句例:21句目~

朝月の残る戸ひらく今朝の秋/清水基吉

青葉木菟峰の朝月まだ消えぬ/大櫛静波

朝月や寒餅を搗く一とさわぎ/田住満夫

鮎落ちて大朝月の古刹あり/大峯あきら

鳶の笛朝月いつか空にまぎれ/金子兜太

湯の客に朝月失せぬ萩すすき/木村蕪城

やら涼しここから御坂朝の月/広瀬惟然

朝月の砂嘴へ曳くべし氷魚網/桂樟蹊子

鵙の贄朝月はなほ細らむと/大峯あきら

朝の月懸かりて人の世の静か/岩田由美

燕去ぬ恵那は朝月神ながら/大峯あきら

花かたかごまだ夢の中朝の月/茂里正治

窓の冷たい朝月にふれてみる/住宅顕信

送り火のあと始末して朝の月/金井綺羅

まろみなほ朝月凍ててそも偸安/香西照雄

春めくや繭のごとくに朝月は/つじ加代子

朝月のうすれ~し立夏かな/久保田万太郎

朝月のつめたさに鶴引きにけり/岩永佐保

朝月のつゆけさいそぐ鷺一羽/金尾梅の門

朝月のひかりに入みて白鳥引く/松村蒼石

俳句例:41句目~

朝月に鳥海山目覚めゐたりけり/高澤良一

朝月残る昨日のこと考えている/住宅顕信

鹿狼山朝月かかげ眠りけり/阿部みどり女

花うつぎ咲きみつ朝の月とほし/柴田白葉女

たんぽぽの穂も朝月も野のまほら/赤松けい子

たゞよへる朝の月あり水草生ふ/五十崎古郷句集

大空や朝の月吹く青嵐/吉野左衛門、渡邊水巴選

タイトルとURLをコピーしました