問屋を使用した俳句

問屋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

問屋を含む俳句例

春の雪割箸問屋皿問屋/斉藤夏風

倉二階人の気配や雛問屋/福田蓼汀

初荷の灯向ひ合せて問屋かな/繞石

大碇錆び浜問屋鰯干す/木村里風子

川越や薬問屋の嘉永雛/都丸美陽子

春の灯や絞問屋の格子内/大谷句佛

暖や漁失に交りて問屋/島村元句集

煤掃いて家広々や繭問屋/河野静雲

紫の塵やつもりて問屋もの/炭太祇

茶問屋に茶壷茶唐櫃夏祭/辻田克巳

茶問屋の建具新し巣の燕/山尾玉藻

藍問屋廃れし町の種物屋/上崎暮潮

両側の問屋々々の初荷かな/柴原碧水

夕浪に店ともりけり炭問屋/増田龍雨

如月の水の匂へる紙問屋/西尾りん三

小春日や川に壁立て鮒問屋/古舘曹人

木曾うらゝ宿の並びの櫛問屋/森田峠

玄関の大きくくらく蚊帳問屋/小澤實

蓴菜問屋水接待に大戸開け/田中英子

虹消えて船問屋満ち小樽港/源川敏子

俳句例:21句目~

ふるさとの友のひとりに鮎問屋/上村占

古町の伊達の桑折に繭問屋/阿波野青畝

黒南風や廻船問屋に隠し部屋/早川利浩

名古屋市の問屋町なる蚊帳問屋/橋本鶏二

氷問屋弔花でかこまる岬の町/田川飛旅子

鐘落ちきれぬ地平へ向う紙問屋/安井浩司

べつたら市へ裏口開けて問屋ビル/奈良文夫

五倍子干して小さいながらも筆問屋/山田緑女

タイトルとURLをコピーしました