宵を使用した俳句

宵に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

宵を含む俳句例

宵祭大夕立の過にけり/一茶

江戸川や月待宵の芒船/一茶

宵過や虫売通る町外れ/桃隣

宵過や柱ミリ~寒が入/一茶

待宵や女あるじに女客/蕪村

待宵の身にしむ恋や絹袷/定雅

万灯のゆらぐ結界宵弘法/林香

藪空に宵星淡し初蛙/西山泊雲

宵の月西に薺のきこゆ也/如行

待宵やところ~に女郎花/蓼太

歌人の絵所訪へり春の宵/桃家

鷺草や草履を通す宵の雨/東皐

野火留や宵暁のかぶら汁/巣兆

麦殼の煙うすれて宵祭/中拓夫

両側に宵の町ある柳かな/篠原

苫船か苫屋か宵の遠蛙/泉鏡花

巣燕が五つ顔出す宵祭/森澄雄

春の燈油盛りたる宵の儘/召波

待宵や立尽したる峰の松/乙由

宵からの雨に蚕の匂かな/成美

俳句例:21句目~

郭公来べき宵なり頭痛持/在色

花桐や明星宵に暁に/尾崎迷堂

公達に狐化けたり宵の春/蕪村

客僧よ宵に申せし鹿の声/明王

洗濯の朝日か宵は春の雪/鶴正

路邊の刈藻花さく宵の雨/蕪村

待宵や流浪の上の秋の雲/惟然

名月や宵は女の声ばかり/木節

名月や宵は女の声ばかり/木節

朝顔や団扇は縁に宵の儘/也有

暁は宵より淋し鉦叩/星野立子

尼寺や能キたるゝ宵月夜/蕪村

雪洞の戯れ絵拙し宵祭/高澤良一

雪風や宵天神の橋長く/青水月斗

畳替錐残りをる秋の宵/横光利一

町川に録音車映え宵戎/宮武寒々

鉞半島突端の大待宵草/高澤良一

牛洗ふ人の声聞け宵祭/加舎白雄

宵々に見べりもするか炭俵/一茶

海苔掬ふ水の一重や宵の雨/蕪村

俳句例:41句目~

宵々の二合のきめや今年酒/抱琴

宵々の砧もうとし初しぐれ/我則

上方の穴子押鮨春の宵/國島十雨

梟がほうと苗代寒の宵/野田歌生

待宵や飛石幾つ先の関/松岡凡草

沈丁や宵曙のひぢ枕/小田島十黄

野に嬉し虫待つ宵の小行燈/重頼

酢を嗜む雷干や宵の雨/塩原井月

返哥なき宵女房よくれの春/蕪村

身にしむや宵暁の舟じめり/其角

傾城に歌心あり春の宵/寺田寅彦

川隔て濡衣塚や宵閻魔/河野静雲

路の辺の刈藻花さく宵の雨/蕪村

赤坂の春めく宵の待合せ/星野椿

宵月や水勢違ふ上り簗/桂樟蹊子

桑の闇唐黍の闇宵祭/馬場移公子

待宵や流浪のうへの秋の雲/惟然

年一つ老行く宵の化粧かな/几董

十一月の宮殿の雨の宵/田中裕明

待宵の芒になびく女声/西村公鳳

俳句例:61句目~

宵祭屋台の端は神楽台/高澤良一

蜩の重なる宵を淋しみぬ/星野椿

合邦ケ辻の閻魔や宵詣/後藤夜半

宵祭提灯支度の大正台/高澤良一

宵越の北極星や年新た/三橋敏雄

はるの海月なき宵も朧なる/白雄

暁は宵よりさびし鉦叩/星野立子

春園の宵に襟あし潔き妻/北光星

苗代や親子して見る宵の雨/一茶

堀川の水の暗さや宵戎/青木月斗

日木の古へよりの春の宵/上野泰

待宵の絵皿にうすき埃かな/秋を

美濃の雲圧しくる宵や花瓢/林翔

美しき男に宵の水祝/坂本四方太

素跣の新茶売や宵の雨/寺田寅彦

鳰の巣の浮み出けり宵月夜/成美

待宵や月読橋を村の口/茂里正治

待宵の梨や今宵の享主ぶり/酒堂

箸持ちて鵜籠を覗く宵月夜/朱廸

待宵をたゞ漕行くや伏見舟/几董

俳句例:81句目~

風花の宵の銀座で待合せ/星野椿

婿入の宵月ほそし初しぐれ/鉄僧

雛殿も語らせ給へ宵の雨/夏目漱石

雀蛾も海越えて来ぬ宵祭/岡井省二

鏡の間こゝは米国春の宵/高木晴子

鈴蘭を百姓が売る宵淋し/田村了咲

待宵やひとりしぐるゝ蘆屋釜/白雄

宵々の花火になれて音をのみ/虚子

待宵はものゝ飾もなかりけり/梓月

宵あさき月隠れゐる若葉かな/花蓑

小火騒ぎありて今宮宵戎/後藤鬼橋

待宵や芒ばかりの山の音/岡田貞峰

すり減りし骨を嘆きつ春の宵/原裕

せこの者来べき宵なり泊り狩/守武

諒闇の第一宵や月おぼろ/飯田蛇笏

たたらふむ火の宵々や冬木立/篠原

待宵の雲うす~と流れ居り/水士英

語り出す祭文は何宵の秋/夏目漱石

裏窓に海鳴り越の宵節句/伊藤京子

藪空に拡ごる星や春の宵/西山泊雲

タイトルとURLをコピーしました