頭を使用した俳句

頭に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

頭を含む俳句例

冷淡な頭の形氷水/星野立子

十月の頭小さく水馬/原田喬

鮟鱇の肝食べ頭怠る日/下田稔

茸狩や頭を挙れば峰の月/蕪村

籠枕に物相頭定年後/高澤良一

漁家寒し酒に頭の雪を燒/蕪村

美しく鮪の頭一列す/松本恭子

目隠しの子の大頭福笑/轡田進

俎に頭はみだし初鰹/高橋絹代

頭へやかけん裾へや古衾/蕪村

秋風や無禄蓬髪大頭/石原八束

冬光やの頭担ぎ来る/対馬康子

凌霄や狼少女の貫頭衣/竹中宏

頭から蒲団被りし海鼠哉/清泉

鞴祭の頭に来る朝雀/皆川盤水

硬くなる頭年々籠枕/高澤良一

釉汐頭めき壺冬麗/中戸川朝人

大仏の頭吹くなり青嵐/正岡子規

大学はいま戦場か方頭/宮坂静生

素頭のわれは秀才夏霞/三橋敏雄

俳句例:21句目~

蟷螂の頭を下に大文字/岸本尚毅

大根の青き頭や神無月/野村喜舟

待針の頭かなしき一葉忌/仁平勝

黒頭に白頭まじり天の川/斎藤玄

寒鴉頭めぐらす室生村/山本洋子

箱釣や頭の上の電気燈/高濱虚子

大頭の黒蟻西行の野糞/金子兜太

川上へ頭そろへて水馬/正岡子規

箱釣や頭の上の電気灯/高浜虚子

髪つんで頭の風や夕涼/正岡子規

尺取のよく働ける頭かな/辻桃子

年守るや心張棒の平頭/宮坂静生

皆尖る桃の頭や籠の中/安達赤土

薯植うる頭の中の農暦/須田成子

棚経や慈姑頭の老の僧/石塚友二

薄原月は頭の上にあり/正岡子規

笛吹いて重き頭や弥生尽/原月舟

我頭程の瓢を作り見ん/寺田寅彦

座るなら鯨の頭春の潮/松平吉生

法然の頭と西瓜合掌す/川崎展宏

俳句例:41句目~

子曰く孔子廟頭読始む/田中水桜

馬方の世話人頭地蔵盆/河野静雲

飯蛸の頭つゝきつ小鍋立/泉鏡花

頭並ぶ盥の鯉や春の水/正岡子規

文楽の頭に懸想水草生ふ/小澤實

睡蓮や頭悪くて楽しくて/徳弘純

畑にて頭を使ふ柳かな/桑原三郎

僧若し頭の青さ夏近く/小川正純

濁酒の頭に上る余寒哉/正岡子規

頭なき鰤が路上に血を流す/誓子

六月の雪島山はソ連領/巌谷小波

星明り忽ちしぶく浪頭/中川宋淵

春の暮頭の何処か琴鳴りて/昌寿

赤い金頭の中の金鉢/高桑婦美子

託禅師乾鮭に白頭の吟を彫/蕪村

枯蘆や名をかき寄る潮頭/東潮/

髪かつて頭ちひさき秋袷/上村占

緑縁を出て雲水の青頭/石塚友二

出開帳頭の間のご本尊/高澤良一

昼中や頭揃える雲の峯/正岡子規

俳句例:61句目~

絶頂や頭の上に秋の空/正岡子規

晴明の頭の上や星の恋/夏目漱石

十字架の湾頭に舞ふ春の塵/原裕

橋通る人の頭や夏の月/正岡子規

卒業の頭をのせる枕かな/富樫均

湖を切る遠泳の頭かな/茨木和生

金蝿も銀蝿も来よ鬱頭/飯島晴子

大仏の頭吹きけり青嵐/正岡子規

遠望の富士頭出す海開き/神山宏

喜撰山入道雲の頭出て/辻田克巳

木菟檻に鶏の頭や小正月/辻桃子

にんげんの頭集まる牛祭/辻田克巳

漆頭老いゆく盆の月明り/戸川稲村

菊戴寒林に頭を灯し来る/堀口星眠

はつむまに狐のそりし頭かな/芭蕉

寒雷や鯛の頭の目が光る/菱科和枝

寝て起きて頭の中の兜虫/一條友子

茸狩や頭を挙れば峰の月/與謝蕪村

寝んとする頭の骨の寒さかな/杞陽

花守や白き頭をつき合せ/向井去来

俳句例:81句目~

少年のいがぐり頭瓜の花/菅谷泰夫

花冷えの少年の頭に厚き雲/穴井太

色里や白頭の翁花を売る/正岡子規

白山の頭見えたりお花畑/南上北人

臘涙や少年われは頭垂れ/高柳重信

翌の事頭にちらと酢蓮根/高澤良一

翁の頭媼が剃れる百日草/大石悦子

もの学ぶ冷たき頭つめたき手/青畝

節多く頭がちなる土筆哉/正岡子規

沢蟹に白頭映す家郷かな/金子兜太

牡蠣船に頭低めて這入りけり/篠原

筍の露のつまれる頭かな/長谷川櫂

度忘れの頭叩いて丈山忌/高澤良一

生髪やかかれとてしも釈迦頭/調吟

怠りて頭かゆしや栗の花/矢島渚男

麗日の出合ひ頭に霊柩車/小出秋光

鶲頭は捨身の赤や東慶寺/川崎慶子

鶯にちびた頭を並べおり/永末恵子

我が頭穴にあらずや落椿/永田耕衣

童神先だて鹿島の祭頭祭/巌谷小波

タイトルとURLをコピーしました