淋しいを使用した俳句

淋しいに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

淋しいを含む俳句例

古池や花萍の昼淋し/鳴雪

病院の正面淋し秋灯/京極杞陽

鶏頭の黄色は淋し常楽寺/漱石

盲児の端居淋しき木槿哉/白雄

嶋原の入口淋し枯柳/正岡子規

凩や昼は淋しき廓道/正岡子規

毬栗の笑ふも淋し秋の山/李由

茶の花の匂ひ淋しや夕嵐/不角

暁は宵より淋し鉦叩/星野立子

蝶々や昼は朱雀の道淋し/麦水

雁金や竿になる時猶淋し/去来

七湯の烟淋しや枯芒/正岡子規

淋しさや人に驚く燕/正岡子規

破れねば姿淋しき芭蕉哉/不角

淋しい寝る本がない/尾崎放哉

我宿の淋しさおもへ桐一葉/芭蕉

鷺谷に一本淋し枯尾花/正岡子規

妻帯を淋しと思ふ猪威/辻田克巳

鶉鳴くばかり淋しき山の畑/紅緑

男手に何か淋しく掃納/山本呂門

俳句例:21句目~

葉桜のひと木淋しや堂の前/太祗

蓮の花咲くや淋しき停車場/子規

薬喰背中淋しき漢どち/山田弘子

冬枯の築山淋し石燈籠/正岡子規

藁つんで広く淋しき枯野哉/尚白

大空の淋しき国へ凧/中尾寿美子

雷のあとを淋しき踊哉/正岡子規

大根引て葱淋しき畠哉/正岡子規

淋しくば空に流るる箒草/斎藤玄

梟淋し人の如くに瞑る時/原石鼎

撰出して淋しき色や青蜜柑/鼓舌

蜩の重なる宵を淋しみぬ/星野椿

放下師や独り淋しき神無月/笑詠

雁がねの竿に成る時猶淋し/去来

敗戦の野にうら淋し轡蟲/中勘助

来の宮の淋しき道の返り花/昌子

人波に何か淋しく初詣/高木晴子

飯食ふて淋しき杣や山桜/原月舟

食後淋し友待つ雪に酒の燗/吟松

人通り淋しき処花の宿/京極杞陽

俳句例:41句目~

笑ふ時淋しき妻よ春袋/宮林釜村

雲淋し冬はあらはに北の山/漁焉

行くほどに上京淋し高燈籠/召波

一夜づゝ淋しさ替る時雨哉/巴人

今日ぞ汐干本道淋し岸の松/丸露

淋しさは裸男の砧かな/正岡子規

夕影に薊淋しや野の厩/高田蝶衣

言い放ち淋しく柿むく/木戸夢郎

茂るさへ淋しきものを枯葎/心祗

寺町の片側淋し木槿垣/正岡子規

枯尾花淋しきことも夢の如/杞陽

花筵ふいに淋しき風の中/林青峰

紙屑や出がはり跡の物淋し/千那

菊枯て筆塚淋し寺の庭/正岡子規

燕の歸りて淋し電信機/正岡子規

信長の榎淋しき枯野哉/正岡子規

元日の住吉淋し松の音/正岡子規

燕の帰らで淋し古戦場/石井露月

萍に落ちて篝の屑淋し/籾山柑子

三尺の燈心草や花淋し/正岡子規

俳句例:61句目~

去年より又淋しいぞ秋の暮/蕪村

布子著て淋しき顔や神送り/去来

消息を淋しめば空風花す/岡田順子

三光鳥檜山杉山淋しくす/瀧澤宏司

頂上や淋しき天と秋燕と/鈴木花蓑

音淋し芭蕉に落ちて松ふぐり/言水

淋しさに炉箒使う胎の姉/西川徹郎

焼山の夕暮淋し知らぬ鳥/高浜虚子

露の世の未亡人とは淋しき名/汀子

松手入松を淋しくして終る/後藤章

雲霰帆一つ見えぬ海淋し/寺田寅彦

稻刈て野菊淋しき小道哉/正岡子規

我ものに手折らば淋し女郎花/蓼太

稲の穂の寂光芒より淋し/中西碧秋

仲見世の真中の淋し暦売/青山郁子

雨淋し家路の螢肩に背に/木村蕪城

秋淋し毛蟲はひ行く石疊/正岡子規

満開にして淋しさや寒桜/高浜虚子

秋淋しおのがつたなき心より/去来

秋扇や淋しき顔の賢夫人/高浜虚子

俳句例:81句目~

秋天の高さ淋しさ極りぬ/福田蓼汀

枯芦の中淋しめば空仰ぐ/山田弘子

淋しさや蔦の細道捨草鞋/正岡子規

淋しさに来れば母屋も砧かな/孤舟

渡されし紫式部淋しき実/星野立子

刈萱は淋しけれども何とやら/重頼

秋三月咲て淋しき野菊哉/正岡子規

秋の螢女は夜を淋しがる/石井露月

柿賣て淋しき柿の紅葉哉/正岡子規

関東に溜まる淋しさ心太/花森こま

淋し身に杖ワすれたり秋の暮/蕪村

北寂し枕の北の芹淋し/河原枇杷男

散供櫃に蜘蛛のゐ淋し神無月/露章

秋の蛍女は夜を淋しがる/石井露月

栗飯の月見は淋し秋の暮/正岡子規

秋の宿淋しきながら柱有/松瀬青々

かれ萩に口淋しがる二人かな/一茶

南天よ巨燵やぐらよ淋しさよ/一茶

參籠の夜すがら淋し稲光/寺田寅彦

取跡や淋しく見えしずいき畑/如柳

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました