腹を使用した俳句

腹に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

腹を含む俳句例

有明や納豆腹を都まで/一茶

燕や烈風に打つ白き腹/茅舎

野烏の腹に蹴て行春の水/敬雨

寒月に腹鼓うつ狸哉/寺田寅彦

斎腹の便々たりや納豆汁/召波

炭竃や稲妻走る山の腹/森鴎外

臘八や腹を探れば納豆汁/許六

蛤に腹も納得島遊山/高澤良一

福引の負腹たたく薺かな/青蘿

神鳴の腹がはりなり雪女/沾木

日盛や馬の腹覆羅に/野村喜舟

赤腹の声の鋭く荘の朝/山口堯

腹掛の紺の匂や心太/石井露月

土用餅腹で広がる雲の峰/許六

羊肥ゆ尻辺腹辺の秋蝶に/林翔

寝冷腹抱へて槽の狼/高澤良一

七福神詣布袋と腹比べ/水野征男

野一遍雪見ありきぬ雑煮腹/召波

短日や腹の凹みし砥石/宮坂静生

腹当や赤く大きな紋所/高濱虚子

俳句例:21句目~

追腹の守敏も降らす旱かな/蕪村

燕腹擦る高遠の花の坂/細見綾子

翻へる鶫の群の腹白し/本多勝彦

水飯や腹の教へし腹八分/角光雄

腹這て草あたためつ雲雀笛/浪化

冷腹を暖め了す干菜汁/高濱虚子

飛石を腹ほとぬらす蛙かを/秋航

赤腹や幻のごと街はあり/徳弘純

恍惚と童女腹匐ふ籾莚/山口誓子

秋風や酒で殺める腹の虫/穴井太

初写真腹切矢倉背景に/山口青邨

楠が腹切るあとの梅のはな/曾良

初午やふけて狸の腹鼓/正岡子規

強霜の朝の鴉の腹光り/金子千侍

村の童の大きな腹や麦の秋/篠原

さくら狩美人の腹や減却す/蕪村

鴎らは腹白かりき俊寛忌/北光星

腹動く蛙にうつる夕日かな/闌更

夕暮は鮎の腹見る川瀬かな/鬼貫

裸灯に鰤の白腹百数ふ/細見綾子

俳句例:41句目~

杜父や腹をならべて降る霰/拙候

蜆売蜆の水に腹濡らし/大野朱香

鰤の腹広し文箱の入れ所/来山/

腹あしき僧も餅食へ城南祭/蕪村

腹中の泪羅測らん青粽/高橋睦郎

腹に背に灸あと痒し若楓/悌二郎

桜狩美人の腹や減却す/與謝蕪村

浮人形浮人形の腹の上/加藤静夫

一刀の断冬瓜の腹真白/宮崎笛人

割腹死鶲撒かるる空の端/斎藤玄

雁の腹見すかす空や船の上/其角

芋腹をたゝいて歓喜童子かな/茅舎

水すこし腹に残れり浮人形/辻桃子

籠枕仰臥の腹を凹ませて/岸風三樓

餅腹や大往生を父に謝す/藤田湘子

冬近き日のあたりけり鳶の腹/白雄

凍の夜も鰈の腹は白からむ/桂信子

餅腹の汚さゆるせ二日酒/石川桂郎

立冬の砂まき返す波の腹/加藤耕子

立冬の石巻き返す波の腹/加藤耕子

俳句例:61句目~

水洟や塩を詰め込むの腹/宮坂静生

木ノ芽峠雨霧赤腹湧出す/岡井省二

初荷馬腹当赤く海辺来る/河北斜陽

半腹に古き宮あり秋の山/正岡子規

口あけて腹の底まで初笑/高浜虚子

腹透くるほど鰰が卵抱く/植松幸子

空き腹のかくも健やか日雷/亀割潔

名月や絲瓜の腹の片光り/寺田寅彦

お水取今や遅しと茶粥腹/高澤良一

腹話術腹の底より秋の暮/高澤良一

八荒や腹子まみれの鮒膾/山口草堂

かくぶつや腹を並べて降る霰/拙侯

風冴えての腹さく女の手/石橋秀野

水飯や比枝山颪腹を吹く/正岡子規

青年と腹這ふ前に菫濃し/山口誓子

腹裂いて朧一枚ひきだせり/福原實

霧朝や雫してゐる馬の腹/前田普羅

聲悲し鴉の腹に雪を吹く/正岡子規

腹病につれなき霜の名残かな/千那

腹涼し袋の風を少しつゝ/正岡子規

俳句例:81句目~

霜日和腹を出てくる糞法師/不死男

雷鳥の腹雪渓のいろ残る/棚山波朗

雷に腹這ひの身を起したる/石嶌岳

執念や鎌切踏めば腹の蟲/正岡子規

秋風や黄ばみそめたる鮎の腹/千影

大寒や軟膏残る指の腹/ふけとしこ

雪に信ぜん腹医すとふ神の餅/林翔

さりながら腹はへりけり山桜/東渚

蟷螂の白き腹みせ夜の窓/奥山昌美

腹当や相むつまじき姉弟/佐山ゆり

白を腹におよがせ男盛り/鈴木鷹夫

腹当や男のやうな女の子/景山筍吉

海峡を望み腹這ふ孕み馬/立花杏葉

腹底にうどん納り鵙の昼/高澤良一

小塀風に山里涼し腹の上/内藤丈草

山吹や馬腹に及ぶ溢れ水/石井露月

崖腹に鶯の啼く干潟かな/鈴木花蓑

腹中の一物を吐きぬ時鳥/野村喜舟

遠駆の腹帯巻かれ真菰馬/池上和子

遅き日や土に腹つく犬の伸び/嘯山

俳句作品例
スポンサーリンク
管理人をフォローする
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました