一歩を使用した俳句

一歩に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一歩を含む俳句例

禅寺への一歩白梅の蕚の紅/林翔

蟷螂や生涯一歩退る癖/上野泰子

思はざる一歩がつよし朝桜/林翔

炎天や一念一歩山深し/古舘曹人

山彦の一歩も退かず閑古鳥/檜紀代

山荘の一歩一歩に草の花/高木晴子

お遍路に一歩の力花槐/河野多希女

山門の一歩に匂ふ椎の花/村井信子

花道の一歩が一里里神楽/八染藍子

一歩退かば一歩に溢れ青蓮/岡本眸

石段に一歩をかけぬ初詣/高浜虚子

黒南風や一歩一歩の重かりき/篠原

吊橋を踏み出す一歩青嵐/小島雅子

煤の手に一歩を渡す師走かな/岱水

啓蟄の蟇の一歩に風化仏/西村公鳳

突く杖に一念一歩初観音/岡本春光

秋風や一歩退き人通す/杓谷多見夫

国道の一歩外側梅雨の暗/右城暮石

悴かみて躓く心又一歩/橋本うた子

烏瓜村を一歩も出ぬ一生/千葉禮子

俳句例:21句目~

二歩一歩涼しさ下る男坂/本山/薫

神域に裏より一歩葛の花/志村貴美

天守閣一歩に飾る馬印/廣瀬ひろし

車椅子一歩先ゆく黒揚羽/中村昭南

礑と草いきれ一歩にして返す/槐太

一歩出てわが影を得し秋日和/草城

確かなる梅の香一歩二歩三歩/征一

ひたち野や一歩に覚ます初蛙/照子

蟷螂の青の一歩よ怒濤音/佐川広治

蘆刈の一歩一歩に水深し/安田晃子

初明りして金婚を経し一歩/及川貞

草山の一歩ははるか秋燕/折井眞琴

紅梅の中へ一歩の夕ごころ/高澤良一

中流の鮎釣一歩歩を進め/深見けん二

羽摶つごと霙へ一歩まぎれけり/湘子

老梅を一歩離れて牡丹の芽/青木重行

九頭竜川へ一歩危き雪の崖/倉橋羊村

若党や一歩さがりて梅の花/夏目漱石

代掻の一歩一歩の深濁り/黒田櫻の園

茎立や嬰の一歩は風の一歩/山本正清

俳句例:41句目~

さらに一歩傾けば捨身彼岸花/竹中宏

草萌に孫の一歩の初まりぬ/森山抱石

薄念仏一歩一歩に鉦を打ち/吉川信子

なほ一歩寂とすすまず薪能/山田耕子

街裏の石のくぼみを死へ一歩/三谷昭

試歩一歩旅への一歩楸邨忌/井浪立葉

初旅の一歩すなはち磯椿/岡本まち子

初旅は一歩背な押す伝言板/藤谷敦子

谷空木登りの一歩一歩かな/高澤良一

足跡は一歩にひとつ作り雨/桑原三郎

踏青の一歩に響く野川かな/森健二郎

退院の一歩春風まとひけり/朝倉和江

千年へ一歩踏み出す恵方道/高橋悦男

還らざる一歩の響き冬の山/渡辺恭子

ゆく春の始めの一歩転落す/攝津幸彦

門一歩出て園に入る小春かな/上村占

青鷺の一歩を待てず雲崩る/目黒十一

わが持論一歩譲りて団扇風/高澤良一

嗚呼無情定年一歩近づく夏/高澤良一

青鷺の探り歩きの一歩づゝ/高澤良一

俳句例:61句目~

首伸ばし一歩踏み出す田掻牛/麓晨平

鶏鳴の多さよ夏の旅一歩/中村草田男

夕茜沼氷るまであと一歩/橋本美代子

一歩ごと異なる感触落葉道/遠藤住子

夜桜に若く悩みて一歩一歩/森田智子

大仏の足なら一歩大根畑/矢島三栄代

一歩ずつ近づく桜大樹かな/二村典子

家を出る門を一歩の息白し/高浜年尾

宿一歩出て新緑に目を細む/高澤良一

一歩づつ不惑ちかづく白牡丹/石寒太

帰りなんいざと蟾蜍の一歩/福永法弘

弁天様に下船の一歩雲の峯/毛塚静枝

恋猫を一歩も入れぬ夜の襖/杉田久女

一歩にも一語にも揺れ秋桜/恒藤滋生

断崖へ一歩をのこし麦青し/栗生純夫

新樹光嬰渾身の一歩かな/中島喜久子

一歩一歩に日光新た花林檎/大野林火

足なえに一歩は遠し草紅葉/井沢正江

春泥の一歩やあへて杖汚し/木村風師

月の原一歩半歩の牛消えて/安井浩司

俳句例:81句目~

杜に入る一歩に椎の花匂ふ/山口誓子

枯荒し吊橋一歩一歩の空/鷲谷七菜子

桃の世へ一歩それより薄瞼/鈴木鷹夫

梯子段一歩より闇秋蚕飼ふ/木村蕪城

歩一歩爪先しづむ鰯引き/山崎冨美子

一歩出て一句授かる梅日和/福井保子

一歩出て千里ゆきけり薪能/西川織子

歩一歩闇ひきしまる虎落笛/相馬遷子

殉教の島へ一歩の虫を聞く/稲畑汀子

一歩在り百歩に到る桜かな/永田耕衣

温室一歩曇る眼鏡に蘭百種/大津希水

溲瓶提げ一歩一歩の明易し/岸風三樓

火星また一歩近づく夜の秋/高澤良一

炎天を一歩す心きまりけり/高木晴子

牡丹まで一歩残せり大鴉/小泉八重子

登山道一歩より急天まで急/山口誓子

一生の始めの一歩下萌える/林美恵子

七福神詣の一歩雪踏んで/能村登四郎

石階を下る一歩に鵙鳴けり/水原春郎

穴を出て蟇の一歩に風化仏/西村公鳳

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました