染むを使用した俳句

染むに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

染むを含む俳句例

相撲取の紅裏染し秋袷/許六

春駒や染分手綱濃紫/籾山梓月

元日や曙染の振小袖/正岡子規

黄塵に染む太陽も球根も/羽公

露草に袴を染めよ山の児/菊也

清貧の幸せ家族染卵/田中博之

友染の夜具欄干に椿かな/泉鏡花

秋風や藍に染まりし竹帚/飴山實

初染や亀甲白き藍絞り/和田祥子

参道を赤く染めたる達磨市/大浦

風染し野山の錦風畳む/長山あや

信忘るなと染卵子に与へ/森田峠

神灯の色に染りて鏡餅/浅野京子

滝雫染めて秋海棠の花/矢島渚男

染飯の庄屋弁当菖蒲園/田中英子

江戸前の藍染幟菖蒲市/伊東宏晃

片町にさらさ染るや春の風/蕪村

泥染の泥田の小畦蜆蝶/木村蕪城

汗や露おのが染たる柿帷子/自鶴

桜見る袖ちひさしや田舎染/嵐竹

俳句例:21句目~

春駒や染分手綱紫に/松根東洋城

愛染の祭仏の燭明く/今井風狂子

胸に享く復活祭の染卵/石田波郷

染付の皿鮎鮓の紅生姜/河野伸子

落日の潜りて染る蕎麦の莖/蕪村

愛染や花の荒びの真紅/長谷川櫂

まだ雁がゐて織絣染絣/長谷川双

相撲取のもみ裏染めし秋袷/許六

八重無尽山染上る紅葉かな/北枝

染汁の紫氷る小溝かな/正岡子規

染汁の流れ一筋雪解川/滝沢鶯衣

初染や藍の泡立ち快う/高田蝶衣

藍染の掛竹匂ふ神無月/桂樟蹊子

木犀の香に染む雨の鴉哉/泉鏡花

残照に頂染めて山眠る/柳下孤村

夏湖に染まり息づく乳母車/原裕

梅干の紅染みし筵かな/太田南岳

何染めて紅流す春の川/正岡子規

初硯筆に朱墨を染ませけり/龍男

弱国に耕牛の尿溜り染む/永田耕衣

俳句例:41句目~

鶯の来て染ぬらん草の餅/服部嵐雪

鴬の来て染ぬらん草の餅/服部嵐雪

夏惜む蟹より紅く爪染めて/樋笠文

秋悲し白菊の色に染む事/高井几董

涼しさは染めつけ鯰向付/高澤良一

汝が嫁ぐ紅染月の草木かな/岸田稚

神苑を八重紅枝桜染め/粟津松彩子

鮎鮓に染付の藍匂ふかな/田阪笑子

杉箸に雲丹の紅染み祭膳/河野頼人

祈祷待つ愛染堂に秋の蜂/福山理正

碪ひとり能染ものゝ匂ひかな/洒堂

染糸の縮み密なり花の冷/橘美寿穂

杜若受合染と咲きにけり/尾崎紅葉

かしは手に甕の応ふる染始/向井秀

染糸の藍の雫を枯の中/殿村莵絲子

水氷る助六染の工場かな/会津八一

藍染の二階も格子牡丹雪/山本洋子

大寒の水を豊かに染工場/村上清人

松若し千代の染ぬき伊達の春/西望

藍建ての一甕一華染始/景山みどり

俳句例:61句目~

天窓に夕日差し来る染卵/井上弘美

着流して参る愛染祭かな/阪本雨声

万緑に染りて命綱外す/中居梨津子

爪紅の雪を染めたる若菜かな/鏡花

さざ浪や落葉衣のしぼり染/藤戸女

三鱗の紋を染めたる幟哉/正岡子規

泥染の糸つややかに機始/岩切貞子

草木染め干す洛北の雪解風/柚口満

染かねて我と引裂く芭蕉かな/蓼太

眼裏に紅梅の染みすさまじく/原裕

手に足に青空染むと日向ぼこ/篠原

寒禽や江戸紫を染めし水/大和忠義

鼻紙の覆盆子に染る昼ねかな/朱廸

廻る日や指の染むまで蕨折る/白雄

橋脚の夕日に染り芦の角/松藤夏山

羽色も鼠に染つかんこ鳥/蕪村遺稿

綿虫や愛染明王坐し給ふ/伊藤幸吉

綿虫や妻を染めなす夕茜/杉山岳陽

少年の耳朶染まりゆく弓始/佐藤翠

高々と染野の空を秋燕/上野つとむ

俳句例:81句目~

楪や染めの生業仕舞とす/黒木幸子

百の燭天井を染め御身拭/太田穂酔

故郷の春夕焼に染む屋並/清原和子

糸染める月の力や藍の華/植松章治

白雨やかたみ替りのしぼり染/青舟

岩壁を染めはひ上り蔦かづら/岩本

岩躑躅染むる泪やほととぎ朱/芭蕉

嶋原の外も染むるや藍畠/服部嵐雪

空襲忌太眉くもり藍染師/石川貞夫

秋風をわづかに染めぬ烏瓜/原石鼎

全園の葡萄紅葉に顔染めし/早瀬貢

雪染めて美ヶ原夕映ゆる/木内徴子

冬耕や柿澁染の野良衣着て/嶋玲子

灰染めて色に出けり櫻炭/石塚友二

是や世の煤に染らぬ古合子/ばせを

染奉書うつしの露や袖の萩/調賦子

潮染みの木片いぶる雁供養/峯高子

染屋舟みどり涼しき淦汲めり/林翔

染川をわたらぬ人や木綿たび/曲言

雨ぐせの愛染祭鱧買ひに/茂里正治

タイトルとURLをコピーしました